エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Edit Author Slugで WordPressの不正ログイン・不正アクセスを回避

      2017/03/12

Edit Author Slugを入れて不正ログインを回避

 

Edit Author Slugとは?

 
Edit Author Slugは、ユーザ名(ログインID)と Authorとして表示される表示を違うものに変更するためのプラグインです。
 
 

Edit Author Slugを使わないと何が問題なのか?

 
WordPressのセキュリティに関して、下記のような記事を書きました。
 
WordPressのユーザ名を後から変更する方法。adminの使用は危険。
 
上記の記事を書いたときには気づいていませんでしたが、その後しばらくして、Googleでこのブログがどのようにインデックスされているかを調べているときに血の気が引く思いがしました。
 
理由は、このブログの IDが含まれるページがインデックスされていたからです。
  http://blog.s-giken.net/author/********
   ※「********」の部分にユーザ IDが入ります。
 
WordPressには、投稿者毎に投稿したページをアーカイブしたページを作る機能があり、そのページの URLに使われる文字列にユーザ IDが使われるのです。
 
つまりは、ユーザIDを adminから変更し、「ニックネーム(必須)」を変更して投稿記事に表示されないようにしても、投稿者アーカイブのページにはしっかり IDが表示されているのです!
 
 知らなかったっ!!
 
 

Edit Author Slugを使って投稿者アーカイブの URLを変更する

 
「知らなかった」ではすまされる話ではなく、Googleにインデックスされている以上、なんとしてもすぐに対応をする必要が出てきます。
そのため早速対策をする方法を探したところ、下記のサイトを見つけました。
 
 http://shirose.jp/2013/06/change-author-slug/
 http://dogmap.jp/2013/06/18/fight-against-brute-force-attack-2/
 
そして、すぐさま「Edit Author Slug」をインストールすることにしました。
 
 


 

Edit Author Slugのインストール方法

 
WordPressのプラグインのインストールの解説は「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので参考にしてください。
 
 

Edit Author Slugのユーザ情報の設定方法

 
設定はユーザのプロフィールから変更します。
「ユーザ」-「ユーザ一覧」で変更するユーザを選択し、プロフィールの編集画面を表示させます。
その編集画面の一番下に「Edit Author Slug」の項目が追加されているはずです。
 
20140124_wp_1
 
ここで、「Author Slug」を決定します。(ここで選択された文字列が、そのまま表示の URLになります。)
 
私の場合は、「ニックネーム(必須)」を日本語で付けているため、2つ目の項目が「%e3%82%a8%e3%82%b9%e6%8a%80%e7%a0%94」となっています。
このままでもよければこれでもいいのでしょうが、分かりやすく 3つ目の項目「Custom」に「blog-s-giken-net」を入れて「プロフィールを更新」をクリックして保存します。
(「ニックネーム(必須)」をアルファベットで付けている方は、2つ目の項目にアルファベットが表示されますので、2項目目でも問題ないでしょう。)
 
設定はこれだけです。
これで、著作者アーカイブの URLが変更されます。
 http://blog.s-giken.net/author/blog-s-giken-net
 
 
また、ユーザが複数登録されている場合は、その全てのユーザで同様の設定をしてくださいね。
全てのユーザの対応を行わないとセキュリティホールを塞いだことになりませんので。
 
 

Edit Author Slugの設定方法

 
上記では、ユーザ毎の「Author Slug」を変更しましたが、「Edit Author Slug」自体の設定は、「設定」-「Edit Author Slug」から移動する画面で設定を行います。
 
20140124_wp_2
 
ですが、特に変更する必要はありません。
 
URLをもっと自由に変えたい場合は、「Author Base」の「author」を違うものにするのもいいでしょう。
 
 

さらなるセキュリティ強化について

 
WordPressのセキュリティに関しては、「WordPressのユーザ名を後から変更する方法。adminの使用は危険。」「WordPressのログイン画面 URLを変更する 管理画面に Basic認証を設定する」などの記事を書いていましたが、今回、著作者アーカイブというページがあることが分かりましたので、さらにセキュリティを強化するために「WordPressの不正ログインを Force email loginで回避」という記事を書きましたので、そちらも併せてご覧ください。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPressの Google XML Sitemapsで WebMaster Tools用の sitemap.xmlを生成

WordPressの Google XML Sitemapsで WebMaster Tools用の sitemap.xmlを生成する方法を説明しています。

30分でWordPressを引越し・他のサーバに引越しや開発環境の構築手順

WordPressを他のサーバに引っ越しするとき、テスト環境を作るときなどの作業手順をまとめました。プラグインを使う方法もありますが手作業でも簡単です。

Lazy LoadでWordPressの高速化!SEO効果絶大!PVもアップ!

Lazy Loadは、画像を最初にまとめて読み込むことで発生するスピードの遅延を防ぎ、必要な画像から順番に読み込むことでページの表示スピードを向上させるプラグインです。

BackWPupでバックアップ・Jobの設定・保存する情報の設定

BackWPupその2。Jobのバックアップの基本部分と対象の設定についての解説。

WordPress プラグインのアップデート失敗でデータが消える事態が!

プラグインのアップデート失敗でデータが消失。不具合が起こる原因はあちこちにありますので常に慎重にバックアップをしましょう。

WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も
WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も

指定したカテゴリのみnoindexをプラグインなしで設定する関数を解説。指定したカテゴリの中でも指定した記事はnoindex設定しないオプションを装備。その処理とnoindexを設定すべき理由を解説。

Basic認証をファイル単位・URL単位で設定する方法の解説

Basic認証はフォルダ単位だけでなくファイル単位での設定もできるためログイン画面だけにBasic認証を設定することもできます。その解説です。

WordPressのプラグイン WP-DBMANAGERを使って PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップ

WP-DBMANAGERを使って WordPress以外の PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップする方法を解説。

BackWPupでWordPress以外のファイル、データベースをバックアップ

BackWPupその10。BackWPupはWordPressのバックアップ用のプラグインですが、WordPress以外のテーブルやファイルをバックアップする方法の解説です。

プラグインが原因で起動しないWordPressを復旧させる方法解説

プラグインが原因で WordPressが起動できなくなった、ログインできなくなった場合の対処方法の解説です。