エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPressの不正ログインを Force email loginで回避

      2014/12/07

Force email loginを入れて不正アクセスを回避

 

Force email loginとは?

 
Force email loginは、メールアドレスでログインするように変更するプラグインです。
 
通常、WordPressのログインは、ユーザID(ユーザ名)でログインをしますが、それではセキュリティ上甘くなる可能性がありますので、全く外部に利用されることのないユーザのメールアドレスでログインするようにしましょう、と言うプラグインです。
 
 

Force email loginを使わないと何が問題なのか?

 
WordPressのセキュリティに関して、
WordPressのユーザ名を後から変更する方法。adminの使用は危険。
WordPressのログイン画面 URLを変更する 管理画面に Basic認証を設定する
の記事を書きました。
 
ユーザを adminから変更し、ログイン URLを変更し、Basic認証を設定することである程度のセキュリティを確保したものと思っていました。
そのため、この「Force email login」まで入れる必要はないかな、と思っていました。
 
しかし、前回「WordPressの不正ログインを Edit Author Slugで回避」の記事でも書きましたが、それだけでは著作者アーカイブページを介してユーザ IDを調べることができてしまう状況があることが発覚しました。
 
著作者アーカイブに関しては、「Edit Author Slug」を利用して対応を行いましたが、今後もこのような形でユーザIDが表面化する箇所があるかもしれません。
 
そのため、現在の「ユーザID」を利用してログインする、と言う仕組み自体を変えないことには根本的な解決に至らない、との判断に至ったのです。
 
そして、その方法として「Force email login」を使って、メールアドレスでログインしよう、と言うものです。
 
 

Force email loginのインストール方法

 
WordPressのプラグインのインストールの解説は「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので参考にしてください。
 
 

Force email loginの設定方法

 
Force email loginの設定項目は、特にありません!
 
 
「Force email login」をインストールし、有効にするだけで全ての設定は終了です。
 
それだけで、これまで利用していたユーザIDでのログインは全て拒否され、メールアドレスでのログインだけが有効になります。
 
また、それだけではなく、何度かログインに失敗すると数秒間はログインできなくなる処理も追加されますので、ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)に対する対抗手段の一つを追加することにもつながりますので、非常に有効なプラグインだと思います。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Advanced Custom Fieldsの関数の全部の使い方を調べてみた

Advanced Custom Fieldsに用意されている関数を全て調べてみた。よく使うget_field、the_field以外にも多くの関数が用意されていて、フォームを作成することも可能。

Never Let Me Goで会員制サイトの退会機能を実装

会員制サイトで退会する機能を提供するプラグインの設定方法の解説。Theme My Loginなどの会員登録のプラグインと組み合わせて利用します。

Advanced Custom Fieldsのカスタムフィールドの登録上限が max_input_varsに影響する問題の対処方法

Advanced custom Fieldsには登録できるフィールド数に上限があります。php.iniのmax_input_varsによる制限ですが、フィールドグループを分割することで解決できます。

Broken Link Checkerのリンク生死チェックでサイトの品質向上!SEO対策!

Broken Link Checkerは記事内のリンクのリンク切れチェックをし自動的にリンク切れの対処をします。リンク切れは一覧表示されますので手動での処置も可能です。

WordPressの 外観のテーマのための関数の並び順

WordPressのカスタマイズの際にテーマのテンプレートを編集しますが、そのテーマファイルの並び順の解説です。

WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も
WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も

指定したカテゴリのみnoindexをプラグインなしで設定する関数を解説。指定したカテゴリの中でも指定した記事はnoindex設定しないオプションを装備。その処理とnoindexを設定すべき理由を解説。

WordPressの管理画面と公開画面を別のドメインに分離して運用する方法

管理画面と公開画面のURLを違うドメインで設定・運用する方法を解説。管理画面と公開画面の場所を分離することでセキュリティ面でのメリットが大きくなります。

Meta ManagerでWordPressのキーワード、ディスクリプションを編集

WordPressの基本機能にないキーワード、ディスクリプションを編集するプラグインMeta Managerの解説です。

Crayon Syntax Highlighterでソースコードをキレイに編集する設定方法

PHP、HTMLなどのソースコードを紹介する際に見やすく編集してくれる Crayon Syntax Highlighterの設定の方法、利用方法の解説です。

Throws SPAM Awayでコメントスパム対策を完璧に。自動削除で運用の手間ゼロ

コメントスパム対策の決定版ともいうべきプラグイン。簡単な設定で自動的にスパムコメントを削除してくれるので煩わしい作業はゼロに。細かな設定も可能。