エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP 2.x系 Viewでのコメントの記述方法など

      2017/03/11

PHPと CakePHPの相違点

 
CakePHPの初心者である私が、CakePHPを始めてすぐのころに、フレームワークなしの PHPとの相違点などでハマった点などを書いてみたいと思います。
 
 
まず、CakePHPのコーディング規約は下記の URLにあります。
http://book.cakephp.org/2.0/ja/contributing/cakephp-coding-conventions.html
 
これは、規約と書かれていますので、基本的にこの規約に従って記述するものなのですが、この通りに書かないと動かないところと、この通りに書かなくても動くところとあります。
それがまた厄介な問題を引き起こすわけですが...
 
 

PHPタグの記述の仕方の相違点

 
まず、PHPタグ。
 

PHPタグ

 
上記のコーディング規約にも「常にショートタグ(<? ?>)の代わりに、ロングタグ(<?php ?>)を使ってください。」と書いてあります。
この規約は、この通りに書かないと動かない部分で、初めて CakePHPを使った際にはこれに気づかず、この問題だけで半日くらいつぶしてしまいました....
 
 

Viewファイルでのコメントの記述方法

 

Viewファイルの中でのコメントの表記

 
コメントについて
「.php」のファイルは、「#」「//」「/* ~ */」が使えます。
Viewの「.ctp」ファイルでは、「/* ~ */」しか使えません。
 
CakePHPのコメントは、フレームワークを使わない PHPと同じく「#」「//」「/* ~ */」が使えます。
でも、これは、あくまでも「.php」の拡張子がつくファイルの Controlloerや Modelのファイルに限定されます。
つまりは、Viewは「.ctp」となりますので、PHPと同じコメントを利用することができないということになり、Viewで利用できるコメントは、「/* ~ */」のタイプのみになります。
 
また、「<?php」の直後にコメントの記号を書く際は、「<?php /*」のように「<?php」の後ろにはスペースを入れる必要があります。「<?php/*」のようにつなげて書くとPHPのコードとして認識されなくなります。
なお、フレームワークを使わない PHPではつなげて書いてもしっかりコメントとして認識されます。この違いによって、この正しいコメントの表記方法に気づくまでに 1ヶ月以上かかってしまいました...
 
正しい表記:
<?php /* コメント文章 */?>
 
誤った表記
<?php/* コメント文章 */?>
 
 


 

PHPのコメントを利用して HTMLソースを表示させない方法

 
ちなみに、この Viewファイル上でもそうですし、一般的な HTMLのソース上でも、HTMLをコメントにしたいけど HTMLのコメントはソースが見えてしまうので...という場合は、PHPのコメント処理を使うことで HTMLを出力させない、という方法を採っていました。
HTMLファイルの場合は、PHPが処理される状況でないと使えない方法ではありますが、この方法を教えてもらったときは感動に近いオドロキがありましたね。
それ以降、かなり頻繁に使っている手法です。利用されている方も多いとは思いますが
 
具体的には
 
※HTMLのコメントタグの場合
<!–
<div>テストの項目</div>
–>
 
※PHPのコメントタグの場合
<?php /*
<div>テストの項目</div>
*/ ?>
 
このように記述することで HTMLがブラウザに表示されないだけではなく、そもそも出力がされなくなりますので、安心してコメントとして残しておくことができるようになります。
 
 

フレームワークを使わない PHPはなんと表現するか?

 
ところで、CakePHPと、フレームワークを使わない普通の PHPを区別して表現する場合、フレームワークを使わない普通の PHPの方は、なんと表現するのが一般的なのでしょう?
「フレームワークを使わない PHP」といったような表現をするしかないのでしょうか??

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のfriendsofcake/searchでツリーカテゴリーの子階層も含めて検索する方法
CakePHP3のfriendsofcake/searchでツリーカテゴリーの子階層も含めて検索する方法

CakePHP3のツリービヘイビアを使ったツリーカテゴリーの子階層も含めての検索を検索プラグイン「friendsofcake/search」を使って実現する方法を解説しました。

CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も

CakePHP3で Insert … On Duplicate Key Update構文(upsert)を実行する方法を解説。バルク処理の方法も用意されているため大量処理の場合も対応可能。

CakePHP3でテーブルにカラムを追加したときに変更するポイントのまとめ
CakePHP3でテーブルにカラム(項目)を追加したときに変更するポイントのまとめ

CakePHP3でシステム開発をする際、途中でカラムを追加した場合に何を変更すればいいかを確認。カラムを追加する前後で Bakeした結果を比較し、変更になった点をリストアップした。

CakePHP3のcontroller内でテンプレート、レイアウトを変更する際の指定方法

CakePHP3でテンプレートファイルやレイアウトファイルをデフォルトのものから別のものに変更したい場合の指定方法を解説。

CakePHPを学ぶ際にはオブジェクト指向を学ぼう

CakePHPはオブジェクト指向で書かれていますので、CakePHPを学ぶにはオブジェクト指向も学びましょう。

CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ログイン認証後にリダイレクトする先の設定方法についての解説と実運用するために必要なコツを解説。便利な仕組みも仕様の理解があって初めてうまく使いこなせる。

CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを

CakePHP3でルーティングの設定変更をしたけど反映されない!そんなときは慌てず騒がずキャッシュをクリアしよう!ルーティングの設定もキャッシュされることがあるらしい。

CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説・3.6以降対応

CakePHP3のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。

CakePHP3で「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」などのエラーが出たときの確認するポイント
CakePHP3で「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」などのエラーが出たときの確認するポイント

CakePHP3の開発で発生する「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」のエラーには特有の原因もあるため、その説明と対処方法の解説。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その6ORDER、sortソートの機能

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で order、ソートについての解説です。