エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法

      2019/03/02

CakePHP3のデバッグキットを強制的に有効、無効の切り替えを行う方法

 
CakePHP3には、強力なデバッグツールとして「デバッグキット(DebugKit)」が付属しています。
 
これを強制的に有効化したり、無効化したりする方法を解説します
 
 

CakePHP3のデバッグキットを強制的に有効にする方法

 
CakePHP3でプログラム開発をしている際、デバッグキットが表示されていませんでした。
 
その調査の過程で、エラーログ(/logs/error.log)を見ると、下記のようなワーニングメッセージが出力されていました。
 
Warning: DebugKit is disabling itself as your host www.ドメイン.com is not in the known safe list of top-level-domains (localhost, dev, invalid, test, example, local). If you would like to force DebugKit on use the DebugKit.forceEnable Configure option.
 
ざっくり要約すると、下記のような感じです。
「ドメインが開発サイト用のものではないので、デバッグキットの起動を停止します。
強制的にデバッグキットを使う場合は、「DebugKit.forceEnable」の設定をしてください。」
 
 
デバッグキットは、開発環境では動作しても、本番環境では動作しないようにしておく必要があります。
そのため、あらかじめ開発環境でありがちなトップレベルドメインとして「localhost, dev, invalid, test, example, local」が設定されており、その場合はデバッグツールが有効になり表示されます。
それ以外の場合は、開発環境ではないとして、デバッグキットは表示されない仕様になっています。
 
つまり、デバッグキットが表示されないのは、トップレベルドメインが「localhost, dev, invalid, test, example, local」ではないので、開発環境として認識されていない、ということです。
 
 
そのため、対応方法としては下記のいずれかになります。
 

  • 開発用のトップレベルドメイン「localhost, dev, invalid, test, example, local」のリストに追加する
  • 強制的に有効にする「DebugKit.forceEnable」の設定をする

 
 

開発用のトップレベルドメインのリストに追加する

 
前者の設定は、「/vendor/cakephp/debug_kit/src/toolbarservice.php」の 134行目に以下の記述があります。
 

 
この配列に求めるドメインのトップレベルドメインを追加することで対応することができます。
 
ただし、トップレベルドメインですので、「www.example.com」というドメインの場合は、「.com」がトップレベルドメインとなりますので、テスト環境だけを指定するのはなかなか難しそうです。
 
ソースコードを確認すると、ホスト名を取得し、「.」で区切った一番最後の文字列を取得して、それをトップレベルドメインとしていました。
なので「www.ドメイン.com」の場合は、「.com」がトップレベルドメインになります。
 
 

強制的に有効にする「DebugKit.forceEnable」の設定をする

 
そのため、普通は、2つ目の項目の「DebugKit.forceEnable」の設定をすることになります。
 
「DebugKit.forceEnable」を設定する具体的な対処する内容は、「/config/app.php」に下記を追加すれば OKです。
 

 
追加する場所は、「app.php」内のどこでも問題ありませんが、本番に移す際はデバッグキットを使用しないように変更する必要がありますので、ファイルの一番最後などに分かりやすく書いておく方がいいでしょう。
 


 

CakePHP3のデバッグキットを強制的に無効にする方法

 
デバッグキットを強制的に有効にする方法を紹介しましたので、ついでに、強制的に無効にする方法も紹介しておきます。
 
 
デバッグキットを強制的に無効にする場合は、設定ファイル「/config/app.php」に記述してある内容を、下記の様に変更します。
 

 
「app.php」の 12行目辺りにある設定を、「true」から「false」に変更します。
 
ただ、先に書いたとおり、一般的なドメインで運用しているサイトは、デバッグキットは無効になりますので、わざわざ強制的に無効にしなくても問題ないと言えます。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP4のCSS、JavaScript、画像のブラウザへのキャッシュをコントロールする
CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説
CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説

入力された値によってバリデーション(入力チェック)の内容を切り替える。その処理をCakePHPで実装する方法を解説。条件ごとに unset関数を使ってバリデーションを削除する、という方法を採る。

CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法
CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法

CakePHP3のキャッシュファイルのパーミッションエラー Error: SplFileInfo::openFile()が発生した場合の対応方法解説。app.phpにキャッシュファイルのパーミッション設定を行い、既存のファイルは削除。

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!

CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを

CakePHP3でルーティングの設定変更をしたけど反映されない!そんなときは慌てず騒がずキャッシュをクリアしよう!ルーティングの設定もキャッシュされることがあるらしい。

CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説

CakePHP3でOGPを設定する方法を解説。fetch、assignを使用しレイアウトファイルに編集した変数にテンプレートファイルから値を指定する。これを利用してOGPを編集する。

CakePHP 2.3でファイルをアップロード・その2 ファイル名を乱数で設定

CakePHPのアップロードするファイル名を乱数で変更しセキュリティを高める方法を解説。

CakePHP4で「app_local.php」「.env」を利用して環境ごとの定数を振り分ける方法
CakePHP4で「app_local.php」「.env」を利用して環境ごとの定数を振り分ける方法

CakePHP4で.env、app_local.phpに定数を定義してそれを呼び出す方法の解説。Gitでは管理せず本番環境と開発環境とで異なる定数を定義するためそれを利用する方法。

CakePHP4のCakeDC/Usersのログイン時のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説
CakePHP4のCakeDC/Usersのログイン時のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説

CakeDC謹製UsersプラグインのCakePHP4版の紹介。ログイン認証後にリダイレクトする先の設定方法についての解説と実運用するために必要なコツを解説。便利な仕組みも仕様の理解があって初めてうまく使いこなせる。

CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説

CakePHP3にjQuery UIのDatePickerを実装する手順を説明。併せて、デイトピッカーを設置に関連するCakePHP3の解説と、テーマを変更したり、表記を変更するカスタマイズする方法なども紹介。

CakePHP4のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説
CakePHP4のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説

CakePHP4のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。