エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法

   

CakePHP3で /Layout/defult.ctpに設定されている titleタグ、h1タグのテキストを変更する方法

 
CakePHP3のデフォルトのテンプレートを使て画面を表示する場合、titleタグや h1タグに表示されるテキストは、テーブルの名称に基づくテキストになります。
 
管理画面であればこれでも問題ない場合もありますが、公開側の画面ではそういうわけにはいきません。
 
ということで、titleタグ、h1タグのテキストを編集する方法を解説します。
 
 

デフォルトの titleタグ、h1タグの設定内容について

 
CakePHP3で「Tests」テーブルの index()アクションに対して表示される titleタグ、h1タグに編集されるテキストに関連するファイルは
 
サイトの共通して使用するテンプレートである下記と
/src/Template/Layout/defult.ctp
 
画面ごとに使用するテンプレートである下記とがあります。
/src/Template/Tests/index.ctp
 
 
デフォルトの設定では、
/src/Template/Layout/defult.ctp
のファイル上に
 
titleタグに関する記述と

 
h1タグに関する記述とがあります。

 
この処理の部分で、テーブル名に基づくテキストが編集されます。
 
 

titleタグ、h1タグのテキストを任意のものに変える方法

 
これに対して、titleタグ、h1タグのテキストを変更したい場合は
 
ページごとのテンプレートファイルにページごとの値を設定していきます。
/src/Template/Tests/index.ctp
 
titleタグに編集するテキストは、下記の様に設定します。
 

 
$this->assign()の 1つ目のパラメータに変数名を指定して、2つ目のパラメータに編集したいテキストを指定します。
 
 
デフォルトの設定では titleタグ、h1タグは同じテキストが編集される設定になっていますので、h1タグのテキストを違うテキストにしたい場合は、下記の様に h1タグ用のテキストを設定します。
 

 
 
また、h1タグ用のテキストを設定した場合は、「/src/Template/Layout/defult.ctp」ファイルに h1のテキストを編集する設定をします。
 

 
 
ただ、このままだと h1タグの指定がないページでは h1タグの部分が表示されなくなってしまいますので、下記の様に h1のテキストが指定している場合のみ表示するようにしておくと汎用性が高まります。
 

 
 
ちなみに、デフォルトのテンプレートでは h2タグ以降の設定はありませんので、h2タグ以降は必要に応じてビューテンプレートファイルの中で設定するといいでしょう。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法

CakePHP3に付属しているデバッグのためのツール、デバッグキットを強制的に有効化、無効化する方法を解説。初期設定では開発環境としてありそうなドメインの場合のみ有効になるように設定されている。

CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」
CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」

CakePHPでQRコードを生成するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」の紹介。GDライブラリのインストールも必要ないHelperとして提供されているため、ファイルを設置すればすぐに使用可能。

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。

CakePHP3のHtmlHelperのLink設定のまとめ。mailto、URL、Root/Homeのリンクなども
CakePHP3のHtmlHelperのLink設定のまとめ。mailto、URL、Root/Homeのリンクなども

CakePHP3でHtmlHelperを使ってリンクの設定をする方法のまとめ。基本形からURLを指定、class、id、targetを指定、mailtoのリンク、画像をアンカーに、JavaScriptのダイアログなどの解説。

CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法

CakePHP3にComposerからインストールできないプラグインやライブラリなどを利用する方法、vendorにファイルを設置し、composer.jsonを更新し、それを呼び出す方法を詳細に解説。

CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装

CakePHPで On Duplicate Key構文を Queryを利用して実装する方法をサンプルソース付きで解説します。

CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する

CakePHP3のkeywordsとdescriptionを設定する方法の解説。CakePHP3にはmetaタグを編集するHTMLヘルパーが用意されているためそれを利用すればOK!ポイントはブロック化を有効にすること。

CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得
CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得

URLやドメイン、フォルダへのパスの取得は、ビューではUrlHelperを使い、コントローラーではRouterクラスを使います。第2引数の指定でURLを取得することも可能。

CakePHP3で他のテーブルのマスタテーブルからセレクトボックス(プルダウンリスト)を作る
CakePHP3で他のテーブルのマスタテーブルからセレクトボックス(プルダウンリスト)を作る

他のテーブルのマスタのレコードからプルダウンリストを作成し、選択できるようにするサンプルプログラムと解説。ORMの設定によりデータベースの値を取得し、配列を作成し optionsに与える。

CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合

ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させるための考え方とサンプルソースを用いての説明を行っています。