エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法

   

CakePHP3で /Layout/defult.ctpに設定されている titleタグ、h1タグのテキストを変更する方法

 
CakePHP3のデフォルトのテンプレートを使て画面を表示する場合、titleタグや h1タグに表示されるテキストは、テーブルの名称に基づくテキストになります。
 
管理画面であればこれでも問題ない場合もありますが、公開側の画面ではそういうわけにはいきません。
 
ということで、titleタグ、h1タグのテキストを編集する方法を解説します。
 
 

デフォルトの titleタグ、h1タグの設定内容について

 
CakePHP3で「Tests」テーブルの index()アクションに対して表示される titleタグ、h1タグに編集されるテキストに関連するファイルは
 
サイトの共通して使用するテンプレートである下記と
/src/Template/Layout/defult.ctp
 
画面ごとに使用するテンプレートである下記とがあります。
/src/Template/Tests/index.ctp
 
 
デフォルトの設定では、
/src/Template/Layout/defult.ctp
のファイル上に
 
titleタグに関する記述と

 
h1タグに関する記述とがあります。

 
この処理の部分で、テーブル名に基づくテキストが編集されます。
 
 

titleタグ、h1タグのテキストを任意のものに変える方法

 
これに対して、titleタグ、h1タグのテキストを変更したい場合は
 
ページごとのテンプレートファイルにページごとの値を設定していきます。
/src/Template/Tests/index.ctp
 
titleタグに編集するテキストは、下記の様に設定します。
 

 
$this->assign()の 1つ目のパラメータに変数名を指定して、2つ目のパラメータに編集したいテキストを指定します。
 
 
デフォルトの設定では titleタグ、h1タグは同じテキストが編集される設定になっていますので、h1タグのテキストを違うテキストにしたい場合は、下記の様に h1タグ用のテキストを設定します。
 

 
 
また、h1タグ用のテキストを設定した場合は、「/src/Template/Layout/defult.ctp」ファイルに h1のテキストを編集する設定をします。
 

 
 
ただ、このままだと h1タグの指定がないページでは h1タグの部分が表示されなくなってしまいますので、下記の様に h1のテキストが指定している場合のみ表示するようにしておくと汎用性が高まります。
 

 
 
ちなみに、デフォルトのテンプレートでは h2タグ以降の設定はありませんので、h2タグ以降は必要に応じてビューテンプレートファイルの中で設定するといいでしょう。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP4のCSS、JavaScript、画像のブラウザへのキャッシュをコントロールする
CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法
CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法

CakePHP3でテーブルのアソシエーションしたデータの取得をコントローラー側でINNERかLEFTを指定する方法を解説。TableファイルにINNERで指定していてもController側で変更ができる。

CakePHP4のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説
CakePHP4のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説

CakePHP4のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!

CakePHP 2.3 ログイン、操作履歴、アクセスログ出力

CakePHPでログインや操作履歴などのアクセスログ出力処理を作成します。

CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。CakePHP4で使う場合のUsersのカスタマイズとして入力項目のバリデーションの変更を、プラグインのファイルは触らずオーバーライドにより実装する方法を解説する。

CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説

CakePHP3でデータ保存処理のログを取得する方法。save()では true、falseの戻り値しか取得できないが、saveOrFail()と try…catch文を使いエラーログ、エンティティを取得し、不具合の解析を行う。

CakePHP3のインストールでURL rewriting......のエラーが!その解決方法解説
CakePHP3のインストールでURL rewriting……のエラーが!その解決方法解説

CakePHP3をインストールしたら URL rewriting is not properly configured.のエラーが。原因は.htaccessが有効になっていないこと。httpd.confに設定を追加すればOK。

CakePHP3で「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」などのエラーが出たときの確認するポイント
CakePHP3で「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」などのエラーが出たときの確認するポイント

CakePHP3の開発で発生する「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」のエラーには特有の原因もあるため、その説明と対処方法の解説。

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングをする方法を解説。インストール方法、読み込み方法。および、具体的なスクレイピングを実行するサンプルソースも。

CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションエラーをmodelのにマージする方法
CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションエラーをmodelのにマージする方法

CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションの結果をModelのバリデーション結果に追加するメソッド「setError()」「setErrors()」の使い方の解説。