エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3のCakeDC/Users、Authでログインなしでもアクセスを許可する設定

      2019/03/16

CakePHP3のユーザ管理・認証システムでログインなしでもアクセスを許可する設定

 
CakePHP3の CakeDC/Usersプラグインを利用して、ユーザ管理・認証システムを構築してする際に、ログインしていなくてもアクセスをできるページを設定する方法を解説します。
 
 
実際の検証では、CakePHP3の CakeDC/Usersプラグインを利用したユーザ管理・認証システムを作成中に確認していますが、AuthComponentによる認証処理は CakePHP3の標準のものと変わらないはずですので、同じように設定ができると思います。
(同じように設定できない場合は連絡をお願いします。)
 
 

各コントローラーに $this->Auth->allow()を記述

 
アクセスがあった場合、ユーザ認証をしていなくてもページを表示させる許可を設定する場合は、下記の様に記述します。
 
記述するファイルは、許可を与えるコントローラーのファイルです。
 

 
5行目を追加することで、記述したコントローラー内のアクションに対して、ログインしていなくてもアクセスをする許可を与えることができます。
 
上記の記述をする際、下記の use句が記述されているかも確認してください。

 
この use句がないと下記のエラーが発生します。
逆に、下記のエラーが発生している場合は、use句が記述されているかを確認してください。
 
Strict (2048): Declaration of App\Controller\PagesController::beforeFilter() should be compatible with App\Controller\AppController::beforeFilter(Cake\Event\Event $event) [APP/Controller\PagesController.php, line 30]
 
 
また、細かくは下記の様に該当のアクションを指定することができます。
 

 
 

AppController.phpに $this->Auth->allow()をまとめて記述

 
先の設定方法では、各コントローラーに「$this->Auth->allow()」を記述していく必要がありますので、大きなシステムになった場合、管理が面倒になります。
開発途中で、ログインなしでもアクセスできるページを確認しようとする場合、各コントローラーのファイルを確認する必要があるためです。
 
これを解消するためには、/src/Controller/AppController.phpに下記の様に設定を行う方法があります。
 

 
$this->Auth->allow(["home","index"]);」の部分は、先に紹介した各コントローラーに記述方法と同じで、パラメーターに設定する内容も、アクションの指定をしない設定方法も同じです。
 
また、コントローラーの指定を下記の様に「in_array()」関数を使えば、複数のコントローラーをまとめて設定することも可能になります。
 

 
$this->request->controller」は、動作しているコントローラー名を取得する処理ですが、詳しくは「CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法」に記事を書いていますので、あわせて参考にしてください。
 
また、CakePHP3.4以降では「$this->request->getParam("controller")」の記述方法が採用されました。
今後はこの記述方法が推奨され、CakePHP3.7以降では「$this->request->controller」を記述では、「Deprecated (16384): Accessing routing parameters through controller will removed in 4.0.0. Use getParam() instead.」のエラーが出るようになりました。
 
 
ちなみに、上記の例では、「コントローラー:Topics」「アクション:index、add」に許可を与える設定になっています。
また、「/topics/inde」を「/」にルーティング設定をしている場合は、「/topics/inde」と「/」のいずれもログインしていなくても表示されるページとなります。
 
 

参考サイトは CakePHP3の Cookbook

 
最後になりましたが、ここで解説をした内容は、下記のオフィシャルの Cookbookを参考にしています。
 
リクエストとレスポンスオブジェクト
https://book.cakephp.org/3.0/ja/controllers/components/authentication.html#id28

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合の詳細ページの注意点

ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させて詳細ページを表示させる際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて解説しています。

CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを

CakePHP3でルーティングの設定変更をしたけど反映されない!そんなときは慌てず騒がずキャッシュをクリアしよう!ルーティングの設定もキャッシュされることがあるらしい。

CakePHP3でcomposerを利用してライブラリ・プラグインをインストールする方法

CakePHP3でcomposerを使ってパッケージ(ライブラリ、プラグイン)をインストールする方法の解説。PHPを使うのはCakePHP3が初めてというような方への使い方から解説。

CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。Usersのカスタマイズとして入力項目のバリデーションの変更を、プラグインのファイルは触らずオーバーライドにより実装する方法を解説する。

CakePHP3のCakeDC/Usersでログインユーザの所有レコードのみ更新、削除する権限管理の設定方法
CakePHP3のCakeDC/Usersでログインユーザの所有レコードのみ更新、削除する権限管理の設定方法

CakePHP3のユーザ管理、ログイン認証プラグイン「CakeDC/Users」の権限管理を行う方法やアクセスできるコントローラー、アクションを設定、所有権を持つレコードのみ更新できる設定方法を解説。

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!

VirtualBoxにCakePHP3を設置。必要なCentOS、Apache、PHP、MySQL、Composerをインストールし設定する。
VirtualBoxにCakePHP3を設置。必要なCentOS、Apache、PHP、MySQL、Composerをインストールし設定する

VirtualBoxにCentOS、Apache、MySQL、PHPをインストールするところから初めてCakePHP3の開発環境を構築する手順を詳細解説。この記事1つで全ての設定が完了する。

CakePHP 2.3で saveの便利な使い方・サンプルソース付き

CakePHPのレコードを保存、更新する際に使う Saveを詳細解説します。

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説

CakePHP3でJavaScriptやCSSを編集する基本形から、それらやテンプレート(エレメント)を特定のテンプレートを読み込んだときのみ編集、実行するための方法、ブロック化について解説。