エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う

      2019/03/02

CakePHP3でクリエビルダーを使わず生の SQL文を実行する方法を解説

 

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法を解説

 
CakePHP3で直接 SQL文を実行する方法を解説します。
 
【参考サイト】CookBook データベースの基本
https://book.cakephp.org/3.0/ja/orm/database-basics.html
 
CakePHP3において、直接 SQL文を実行する方法は、上記の CakePHP3の Cookbookにも書いてあるのですが、非常に簡単で、データベースにアクセスする方法としては基本形のようです。
 
 
ただ、CakePHP3のようなフレームワークを使う理由は、SQL文を作成しなくても簡単にデータベースにアクセスできるから、といったこともあるワケですが、より簡単にアクセスするには、クエリービルダーを利用します。
 
【参考サイト】CookBook クエリービルダー
https://book.cakephp.org/3.0/ja/orm/database-basics.html
 
 
今回の記事は、クエリービルダーでは対応できないデータベースへのアクセスを、SQL文を作成して対応する方法を解説します。
 


 

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法・基本形

 
生の SQL文を実行する方法は、以下のようになります。
 

 
クリエービルダーを使ってデータベースにアクセスするときは「use Cake\ORM\TableRegistry;」を使いますが、生の SQL文を実行するときは「use Cake\Datasource\ConnectionManager;」を記述します。
 
 
ConnectionManager::get('default');」の「default」は、データベース名、テーブル名などではないことには注意が必要です。
 
この「default」は、データベースの接続設定です。
 
「/config/app.php」にデータベースに関する設定項目として「Datasources」があり、その中で「default」「test」の設定を記述しているかと思います。
 
この「default」を使います、という指定です。
 
逆に言うと、1つの処理の流れの中で、「default」で設定しているデータベースではないデータベースに接続して処理をしたい場合には、「default」とは違うデータベースへの接続設定を作成し、この「ConnectionManager」を利用して接続できます。
 
 

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法・INSERT文、UPDATE文、DELETE文

 
前項で紹介したのは SELECT文ですが、INSERT文、UPDATE文、DELETE文でも同じです。
 
INSERT文の場合は下記の様になります。
 

 
上記と同じように SQL文を UPDATE文、DELETE文に変えることでその処理を実行することができます。
 
 

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法・プリペアードステートメントを利用する方法

 
続いて、プリペアードステートメントを使って SQL文の処理を行う場合の解説を行います。
 
前項で解説した、INSERT文をプリペアードステートメントを用いて書き直すと下記の様になります。
 

 
上記のソース中にコメントを書いていますので問題ないかと思いますが、SQL文と値となる配列を別々に作成し、「$connection->execute()」の引数として記述するだけです。
 


 

CakePHP3で Insert On Duplicate Key Update構文を利用する

 
今回、私が生の SQL文を実行する必要があった理由は、Insert On Duplicate Key Update構文を使用するためでした。
 
CakePHP3ではクリエビルダーを使って Insert On Duplicate Key Update構文を実行する方法が分からず、生の SQL文を書いて Insert On Duplicate Key Update構文を実行しようとしたため、今回の生の SQL文を実行する方法が必要でした。
 
Insert On Duplicate Key Update構文を、プリペアードステートメントを利用して実行しようとすると、下記の様になります。
 

 
 
CakePHP2で開発しているときも同じ必要性があったのですが、その時も生の SQL文を実行する方法で対処しています。
その時に書いた記事が下記にあります。
 
Insert On Duplicate Key Update構文の使い方
CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装
 
 

SQL文を実行したときのエラーログを取得する方法

 
今回の記事の趣旨とは違いますが、CakePHP3で SQL文を実行してエラーになったとき、どのようなエラーなのかを確認するため、エラーログを取得する場合は下記のような記述を行います。
 

 
詳しい使い方は「CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説」に記事を書いていますので、そちらも参照してください。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3で確認画面付きのお問い合わせフォームの作り方

CakePHPで確認画面付きのお問い合わせフォーム、メールフォームの作り方をサンプルを提示しながら解説。

CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法
CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法

CakePHP3の標準設定のタイムゾーンは「UTC(協定世界時)」に設定されている。これを日本標準時に変更する方法(app.php、bootstrap.phpの変更方法)の解説。

CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法
CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法

CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法を解説。複数の方法があるが、getParam()メソッドを使う方法が汎用性があって便利かも。

CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説

CakePHP3でデータ保存処理のログを取得する方法。save()では true、falseの戻り値しか取得できないが、saveOrFail()と try…catch文を使いエラーログ、エンティティを取得し、不具合の解析を行う。

CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法
CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法

CakePHP3のキャッシュファイルのパーミッションエラー Error: SplFileInfo::openFile()が発生した場合の対応方法解説。app.phpにキャッシュファイルのパーミッション設定を行い、既存のファイルは削除。

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングをする方法を解説。インストール方法、読み込み方法。および、具体的なスクレイピングを実行するサンプルソースも。

CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説
CakePHP3ログファイルへの出力・$this->log()、独自ログへの出力方法の解説

コントロール、モデルの変数の中身を見るときはログに出力する方法が有効です。$this->log()を利用すると変数だけじゃなく、連想配列、オブジェクトも簡単にログ出力ができます。

CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法
CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法

CakePHPで「CakeDC/Users」などルーティングを行うプラグインを利用するときに、favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngがNotFoundエラーになることがある。その対処方法の解説。

Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説

CakePHP3で Google Analytics APIからレポートデータを取得する処理の解説。PHPのサンプルソースをCakePHP3で動くように改造。加えて、ディメンションやメトリックスを条件に設定する方法なども。

CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数
CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数

CakePHP3で特定フォルダのパスの定数を解説。root、DocumentRoot、app、config、webroot、tests、tmp、cache、vendor、コア、コアの srcが設定済み。realpath()関数を使うと柔軟なパス指定が可能。