エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う

      2019/03/02

CakePHP3でクリエビルダーを使わず生の SQL文を実行する方法を解説

 

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法を解説

 
CakePHP3で直接 SQL文を実行する方法を解説します。
 
【参考サイト】CookBook データベースの基本
https://book.cakephp.org/3.0/ja/orm/database-basics.html
 
CakePHP3において、直接 SQL文を実行する方法は、上記の CakePHP3の Cookbookにも書いてあるのですが、非常に簡単で、データベースにアクセスする方法としては基本形のようです。
 
 
ただ、CakePHP3のようなフレームワークを使う理由は、SQL文を作成しなくても簡単にデータベースにアクセスできるから、といったこともあるワケですが、より簡単にアクセスするには、クエリービルダーを利用します。
 
【参考サイト】CookBook クエリービルダー
https://book.cakephp.org/3.0/ja/orm/database-basics.html
 
 
今回の記事は、クエリービルダーでは対応できないデータベースへのアクセスを、SQL文を作成して対応する方法を解説します。
 


 

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法・基本形

 
生の SQL文を実行する方法は、以下のようになります。
 

 
クリエービルダーを使ってデータベースにアクセスするときは「use Cake\ORM\TableRegistry;」を使いますが、生の SQL文を実行するときは「use Cake\Datasource\ConnectionManager;」を記述します。
 
 
ConnectionManager::get('default');」の「default」は、データベース名、テーブル名などではないことには注意が必要です。
 
この「default」は、データベースの接続設定です。
 
「/config/app.php」にデータベースに関する設定項目として「Datasources」があり、その中で「default」「test」の設定を記述しているかと思います。
 
この「default」を使います、という指定です。
 
逆に言うと、1つの処理の流れの中で、「default」で設定しているデータベースではないデータベースに接続して処理をしたい場合には、「default」とは違うデータベースへの接続設定を作成し、この「ConnectionManager」を利用して接続できます。
 
 

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法・INSERT文、UPDATE文、DELETE文

 
前項で紹介したのは SELECT文ですが、INSERT文、UPDATE文、DELETE文でも同じです。
 
INSERT文の場合は下記の様になります。
 

 
上記と同じように SQL文を UPDATE文、DELETE文に変えることでその処理を実行することができます。
 
 

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法・プリペアードステートメントを利用する方法

 
続いて、プリペアードステートメントを使って SQL文の処理を行う場合の解説を行います。
 
前項で解説した、INSERT文をプリペアードステートメントを用いて書き直すと下記の様になります。
 

 
上記のソース中にコメントを書いていますので問題ないかと思いますが、SQL文と値となる配列を別々に作成し、「$connection->execute()」の引数として記述するだけです。
 


 

CakePHP3で Insert On Duplicate Key Update構文を利用する

 
今回、私が生の SQL文を実行する必要があった理由は、Insert On Duplicate Key Update構文を使用するためでした。
 
CakePHP3ではクリエビルダーを使って Insert On Duplicate Key Update構文を実行する方法が分からず、生の SQL文を書いて Insert On Duplicate Key Update構文を実行しようとしたため、今回の生の SQL文を実行する方法が必要でした。
 
Insert On Duplicate Key Update構文を、プリペアードステートメントを利用して実行しようとすると、下記の様になります。
 

 
 
CakePHP2で開発しているときも同じ必要性があったのですが、その時も生の SQL文を実行する方法で対処しています。
その時に書いた記事が下記にあります。
 
Insert On Duplicate Key Update構文の使い方
CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装
 
 

SQL文を実行したときのエラーログを取得する方法

 
今回の記事の趣旨とは違いますが、CakePHP3で SQL文を実行してエラーになったとき、どのようなエラーなのかを確認するため、エラーログを取得する場合は下記のような記述を行います。
 

 
詳しい使い方は「CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説」に記事を書いていますので、そちらも参照してください。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP2の検索Plugin CakeDC/Searchで重複を省くgroup by(distinct)の実装方法
CakePHP2の検索Plugin CakeDC/Searchで重複を省くgroup by(distinct)の実装方法

CakePHP2の検索プラグイン「CakeDC/Search」で、重複レコードを省くgroup by、distinctを使う方法についての解説。設定する場所はpaginatorの条件とするので、find()関数と同じ。

CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説
CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説

入力された値によってバリデーション(入力チェック)の内容を切り替える。その処理をCakePHPで実装する方法を解説。条件ごとに unset関数を使ってバリデーションを削除する、という方法を採る。

CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説

CakePHP3でパンくずの指定方法の解説。2つのヘルパーがあるが簡単なHTMLヘルパーを使った方法を、実際の状況に合わせて3つのパターン(エレメント化、ブロック化)にして解説。

CakePHP3のfriendsofcake/searchでブックマークチュートリアルのタグ検索を実装
CakePHP3のfriendsofcake/searchでブックマークチュートリアルのタグ検索を実装

CakePHP3のCookbookにあるブックマークチュートリアル。ここで紹介されているタグで検索する処理を検索プラグイン「friendsofcake/search」で実現する方法を解説しました。

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法を詳細解説。CakePHP3のインストールはComposerを使うため設定もほぼ自動で完了。データベースの接続情報を記載すればアプリ開発のベースが整う。

CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法
CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法

CakePHP3でtitleタグ、h1タグのテキストをデフォルトから変更する方法を解説。テンプレートファイルに「$this->assign()」でテキストを指定して「/Layout/defult.ctp」で受け取る。

CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ

CakePHP3になりフォームヘルパーの使い方も大きく変わりましたので、使い方をまとめました。基本的な使い方からプラスアルファの便利な使い方まで紹介。

CakePHP 2.3 コマンドラインからPHPのシェル実行の方法解説

CakePHP 2.3でコマンドラインから CakePHPで記述した処理を実行する方法を解説します。

CakePHP3のインストールでURL rewriting......のエラーが!その解決方法解説
CakePHP3のインストールでURL rewriting……のエラーが!その解決方法解説

CakePHP3をインストールしたら URL rewriting is not properly configured.のエラーが。原因は.htaccessが有効になっていないこと。httpd.confに設定を追加すればOK。

CakePHP3のdatetime型カラムの日時の扱い。秒まで正しく表示する方法
CakePHP3のdatetime型カラムの日時の扱い。秒まで正しく表示する方法

CakePHP3の日時カラムで秒まで扱う場合はdate()、strtotime()関数ではうまくいかない。CakePHP3であらかじめ用意された「i18nFormat()」を使用する。