エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP 2.3で saveの便利な使い方・サンプルソース付き

      2016/04/27

CakePHPで Save関数で保存する

 

CakePHPでレコードを更新する方法・概要

 
CakePHPは非常に便利で、主キーをもとにレコードを更新する場合は、下記の記述方法で簡単に処理できます。

 
ただ、この処理では、入力された値をそのまま保存する処理になりますので、入力された値を何倍かにするとか、値と値を足して編集するとか、そんな保存方法を調べて見ましたので説明します。
 
上記の saveの処理を下記の記述方法に変更することで更新処理が行えるようになります。
 

※2016.04.27 間違いを修正しました。
 
 


 

CakePHPでレコードを更新する方法・具体例

 
ここで説明するサンプルプログラムは、「CakePHP 2.3 主キー(ID)以外のキーで更新方法 updateAll」で説明したテーブルと、Controller、Model、Viewをもとに処理を追加して作成しています。
 
そのため、実際にサンプルプログラムを動かしてみようと思う方は、上記記事も併せて試してみてください。
 
また、ここで説明する処理は、主キー(ID)を指定して保存する処理になりますので、主キー(ID)以外のキーを条件に更新をしたい場合は上記の記事を参考にしてください。
 
 
今回も修正するファイルは、Controllerです。
 
/app/Controller/CommentsController.php
———————————

———————————
 
上記が Bakeで作成される「edit」関数の部分です。
その部分をコピーして作成したものが下記の edit3の関数です。
上記の 6行目を 6行目~8行目に変更しています。
今回も、変更する部分はここだけです。
 
/app/Controller/CommentsController.php
———————————

———————————
 
この saveの関数は、主キーである IDを指定することで更新処理を行います。
そのため、上記の 6行目の様に「’id’ => $this->request->data[‘Comment’][‘id’]」を指定することでその IDのレコードの情報を更新します。
 
もともとこの記事は、主キー(ID)以外のキーで更新することを確認するために書き始めた記事ということもあって、6行目、7行目を下記の様に 1つ目の項目を主キー(ID)以外のものを設定すると、もしかするとその項目をキーに値の更新ができるんじゃないか、と淡い期待を抱いてみましたが、違う動きになりました。
Save関数は、主キー(ID)が指定されている場合は、そのキーの値を UPDATE処理を行い、主キーがない場合は、INSERT処理を行う仕様になっていますので、IDを指定しないと単なる Insertになりました。
 
———————————

———————————
 
ちなみに、IDは配列の中に指定してあれば問題なく、順番は特に指定はないようです。
そのため、下記の様に IDが最後でも何の問題もなく 更新処理が行われます。
 
———————————

———————————
 
また、下記の様に更新する項目を複数指定すれば指定しただけの項目を更新することができまs。
 
———————————

———————————
 
また、post_idの値を 5倍にして保存するような場合は、下記の様に値を編集することで処理できます。
 
———————————

———————————
 
また、listのような varcharの項目ですが、updateAllであったような不具合はありませんでしたので、下記の様にシングルクォートで囲む必要はありません。
逆に、Save関数の場合は、シングルクォートで囲むとシングルクォートが付いたまま保存されますので注意が必要です。
 
———————————

———————————

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Comment

  1. sira より:

    以下についてですが,

    $this->テーブル名->save(
    array ( ‘id’ => idの値 ),
    array ( ‘更新するカラム’ => 更新するの値 ) )

    正しくは,

    $this->テーブル名->save(
    array (
    ‘id’ => idの値,
    ‘更新するカラム’ => 更新するの値
    )
    )

    • エス技研 より:

      siraさん、コメントありがとうございます。
      ご指摘の件、間違っていましたね。
      確認させていただき、本文の方も修正させていただきました。ありがとうございます!
      他にも間違いがあるかもしれませんが...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のdatetime型カラムの日時の扱い。秒まで正しく表示する方法
CakePHP3のdatetime型カラムの日時の扱い。秒まで正しく表示する方法

CakePHP3の日時カラムで秒まで扱う場合はdate()、strtotime()関数ではうまくいかない。CakePHP3であらかじめ用意された「i18nFormat()」を使用する。

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法

CakePHP3でデータベースに値を保存する前にバリデーションを行い、その結果によって処理を振り分ける方法について解説。「$topic->errors()」と「$topic->hasErrors()」の2つの方法がある。

CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ

CakePHP3になりフォームヘルパーの使い方も大きく変わりましたので、使い方をまとめました。基本的な使い方からプラスアルファの便利な使い方まで紹介。

CakePHPを学ぶ際にはオブジェクト指向を学ぼう

CakePHPはオブジェクト指向で書かれていますので、CakePHPを学ぶにはオブジェクト指向も学びましょう。

CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法
CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法

CakePHP3のキャッシュファイルのパーミッションエラー Error: SplFileInfo::openFile()が発生した場合の対応方法解説。app.phpにキャッシュファイルのパーミッション設定を行い、既存のファイルは削除。

CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定

CakePHP3でOGPを設定する方法を解説。metaタグを編集するHTMLヘルパーを利用してOGPのタグを編集する。また、エレメントとして分割することでメンテナンス性も向上させる。

CakePHP 2.3 主キー(ID)以外のキーで更新方法 updateAll

主キー(ID)以外のカラムをキーとして更新する方法、updateAllの使い方をサンプルを用いて解説します。

CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装

CakePHPで On Duplicate Key構文を Queryを利用して実装する方法をサンプルソース付きで解説します。

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法を詳細解説。CakePHP3のインストールはComposerを使うため設定もほぼ自動で完了。データベースの接続情報を記載すればアプリ開発のベースが整う。

CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する

CakePHP3のkeywordsとdescriptionを設定する方法の解説。CakePHP3にはmetaタグを編集するHTMLヘルパーが用意されているためそれを利用すればOK!ポイントはブロック化を有効にすること。