エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションエラーをmodelのにマージする方法

      2022/07/16

CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションエラーは「setError()」「setErrors()」でセットする

 
CakePHP4では強力なバリデーション(入力チェック)機能が用意されていますので、簡単にいろいろなバリデーションを組み込むことができます。
 
通常のバリデーションは Modelの中に記述します。
(src/Model/Table/ArticleTable.php 内の validationDefault()に記述します。)
 
ですが、この記事では、独自のバリデーションを controller内に記述する際の処理について解説します。
 
独自のバリデーションを controller内に記述し、その処理で発生したエラーを Model内のバリデーションの結果に追加して(エンティティにエラーをセットして)、まとめてバリデーションのエラーとして画面に表示したい、という場合の方法についての解説となります。
 
 
この記事は、CakePHP4について書いていますが、CakePHP3でも同様に記述することで同様の処理を行うことができます。
 
 

エラーのセットは「setError()」「setErrors()」を使う

 
エラーのセットは、下記の 16行目のように「setError()」を使用します。
 

 
上記は「Topics」というテーブルにファイルをアップロードする処理があり、そのアップロードしたファイルのバリデーションを controller(内にある関数)で実行し、エラーが発生したら「setError()」を使用して、エラーメッセージをセットする、という処理です。
 
9行目でアップロードしたファイルをチェックする独自のバリデーション関数「$this->CheckFile()」を使ってバリデーションを行います。
12行目でエラーの有無をチェックして、エラーが発生した場合は、16行目の「setError()」にメッセージをセットしています。
 
 
CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションエラーをmodelのにマージする方法
 
セットされたエラーメッセージは上記のような感じで、Modelのバリデーションと同じように表示されます。
 
 

「setError()」と「setErrors()」の使い方

 
controllerの処理で確認したエラーをエンティティにセットするには「setError()」と「setErrors()」を使用します。
 
「setError()」と「setErrors()」の違いは下記のようになっています。
 
 「setError()」は 1つのフィールドのエラーを記述
 「setErrors()」は、複数のフィールのエラーをまとめて記述
 
 

「setError()」の使い方

 
「setError()」の使い方は下記のようになります。
 

 
1つめのパラメータに「フィールド名」を記述し、2つ目のパラメータに「エラーメッセージ」を「配列」で記述します。
エラーメッセージは配列で指定しますので、エラーメッセージが複数ある場合は配列で指定すれば OKです。
 
Model側の処理でもバリデーションは実行され、発生したエラーは追加されますので、Model内と controller内と区別されることなく、入力画面にエラーメッセージが表示されます。
 
 

「setErrors()」の使い方

 
「setErrors()」の使い方は下記のようになります。
 

 
「setError()」とほとんど同じですが、複数のフィールドのエラーをまとめて記述することができるようになっています。
 
 

参考資料

 
この記事を書く際に参考にしたオフィシャルの Cookbookの URLを記載しておきます。
 
https://book.cakephp.org/3/ja/orm/entities.html#id8
https://book.cakephp.org/4/ja/orm/entities.html#id8
https://api.cakephp.org/4.1/class-Cake.ORM.Entity.html

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説

CakePHP3でデータ保存処理のログを取得する方法。save()では true、falseの戻り値しか取得できないが、saveOrFail()と try…catch文を使いエラーログ、エンティティを取得し、不具合の解析を行う。

CakePHP3のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
CakePHP3のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)

CakePHP3の英語のメッセージを日本語化(多言語化)する手順を解説。オリジナルのメッセージを作成する方法やプログラムで文言を追加する場合の対応なども解説。

CakePHP2の検索Plugin CakeDC/Searchで重複を省くgroup by(distinct)の実装方法
CakePHP2の検索Plugin CakeDC/Searchで重複を省くgroup by(distinct)の実装方法

CakePHP2の検索プラグイン「CakeDC/Search」で、重複レコードを省くgroup by、distinctを使う方法についての解説。設定する場所はpaginatorの条件とするので、find()関数と同じ。

CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合

ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させるための考え方とサンプルソースを用いての説明を行っています。

CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。

CakePHP3でajaxを利用する処理の実装方法を解説。プルダウンを変更するとデータベースの値を取得し検索結果の内容を変更するというような処理を想定。CakePHP3.6以降の CSRF対策対応済。

CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2
CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2

CakePHP3でファイル、画像をアップロードするプラグイン、upload plugin 3を導入する手順を解説した記事。3部作のその2でバリデーションなどの実用的なカスタマイズ方法を解説。

CakePHP3のfriendsofcake/searchでツリーカテゴリーの子階層も含めて検索する方法
CakePHP3のfriendsofcake/searchでツリーカテゴリーの子階層も含めて検索する方法

CakePHP3のツリービヘイビアを使ったツリーカテゴリーの子階層も含めての検索を検索プラグイン「friendsofcake/search」を使って実現する方法を解説しました。

CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」
CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」

CakePHPでQRコードを生成するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」の紹介。GDライブラリのインストールも必要ないHelperとして提供されているため、ファイルを設置すればすぐに使用可能。

CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説
CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説

CakePHP3でバリデーションの実行を保存する時から入力情報を受け取るときに変更する処理の解説。CakePHP3ではnewEntity()の処理でバリデートするため1行追加で対応可能。

CakePHP 2.3で PDFを作成する方法を調査「mpdf」「TCPDF」「FPDF」

CakePHPで PDFを編集、出力するには「mpdf」「TCPDF」「FPDF」といったプラグインがあり、使い勝手を比較検討しました。TCPDFが一番良さそうでした。