エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


baserCMSをほかのサーバ、環境にコピーする場合

      2014/06/26

baserCMSを違う環境にコピーする場合

 

baserCMSの設定情報を変更する方法

 
今日は、baserCMSの環境をほかのサーバ、他の環境にコピーする場合の手順です。
 
baserCMSが設置してあるフォルダのファイルを一式取得します。
 
続いて、baserCMSに関連するテーブルとデータを一式バックアップを取ります。(phpMyAdminでエクスポートしてもいいですし、SQLコマンドでダンプを取っても構いません。)
 
そして、取得したファイル一式を新しい環境に設置し、バックアップを取ったデータベースのデータを設置します。
 
そして、下記の通り、環境の違いを吸収するための設定を変更します。
 
/app/config/database.php
 Databaseへの接続情報を変更します。
  DB接続情報は 2つ記述があるが、本体プログラムとプラグインがそれぞれ使うテーブルの設定のため、両方の設定を変更します。
 
/app/config/install.php
 5行目の下記の「BcEnv.siteUrl」の値を変更します。
 Configure::write(‘BcEnv.siteUrl’, ‘http://localhost/xxxxxx/’);
 
 

スマート URLがオンの場合の追加設定

 
また、「スマートURL」オンにしている場合は、下記の手動設定の方法を読みながら、
http://basercms.net/manuals/2/introductions/6.html
 
/.htaccess
/app/webroot/.htaccess
/app/config/install.php
 
の設定を行います。
 
スマートURLの設定情報は、DBに保存されておらず、上記 2か所の「.htaccess」、「install.php」に情報が記載されているだけですので、設定をするのが面倒であれば、一度設定を削除したうえで管理画面から設定変更の実行をする方が安全かもしれません。
 
その場合の管理画面の URLは、下記の様になります。
 http://localhost/xxxxxx/index.php/admin/users/login
 
 
この説明を読んでいただいてもよく分かる通り、baserCMSにおいて環境の設定情報は数か所にしかなく、そこさえ変更すれば簡単に違う環境に移すことが可能です。
 
ロリポップで baserCMSを利用する際の Basic認証の設置には注意しましょう
 
baserCMSで開発環境と公開環境でドメイン、フォルダが変わる場合の不具合

 - baserCMS

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

baserCMS getCategoryListの使い方について

baserCMS getCategoryListの使い方についての詳細説明です。公式サイトの説明では分かりにくい部分を補足説明しています。

baserCMS ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合

baserCMSで ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させる方法と注意点を解説しています。CakePHPとは動作に差異があり注意が必要です。

baserCMS 画面が真っ白になる不具合があった場合の対応の一つ

baserCMSで画面が真っ白になる不具合があった場合の対応方法の説明です。PHPでエラーが起こっている場合がほとんどですが、その対処方法です。

baserCMSで開発環境と公開環境でドメイン、フォルダが変わる場合の不具合

baserCMSで開発環境と公開環境でドメインが変わる場合は URLに絡む設定を変更する必要がありますのでその解説です。

baserCMS getCategoryの使い方について

baserCMS getCategoryの使い方についての説明です。公式サイトの説明ではわかりにくいところを補足説明しています。

baserCMS トップページのニュースの部分をメンテナンスしたい場合

トップページのニュース部分をメンテナンスする場合の具体的な方法をサンプルソースを用いて解説しています。

baserCMSは 3種類のデバッグモードが用意されています

デバッグモードは3種類あります。デバッグモードにすることでキャッシュされなくなりますので、開発の際には必須の設定です。

baserCMS お問い合わせフォームのボタンを画像に変えたい場合(ボタンのテキストを変えたい!っていう場合も)

お問い合わせフォームのボタンを画像に変えたい場合、ボタンのテキストを変えたい場合、それにまつわる関連の解説をしています。

baserCMSでオリジナルのデータベースから情報を取得する場合

オリジナルで作ったテーブルから情報を取得し利用する場合はプラグインとして機能を拡張することで対応出来ます。その方法について説明しています。

ロリポップで baserCMSを利用する際の Basic認証の設置には注意しましょう

ロリポップではBasic認証を設置する際に.htaccessを書き換えますがbaserCMSで利用する処理も上書きされます。その対処方法の解説です。