エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


baserCMS getCategoryListの使い方について

      2014/06/26

baserCMS getCategoryListの使い方

 
baserCMSにはいろいろな関数が用意されていますが、その中の「getCategoryList」についての使い方の詳細です。
 
getCategoryList
http://basercms.net/reference_2/archives/45
 
上記サイトに説明はありますが、通り一辺倒な説明だけですので、
 
  第一引数
  $categories:カテゴリーデータをCakePHPのモデル形式の配列で指定します。
 
と書かれているものの、「カテゴリーデータのCakePHPのモデル形式」って何???
と思いましたので、実際に使ってみての説明をしてみたいと思います。
 
 
具体的に下記のように設定すれば、指定の IDのカテゴリを取得できます。
 
————————————-

————————————-
 
「id」で指定したレコードの情報を取得し、リンク先を設定します。
また、「title」で指定された内容が表示項目になります。
「name」で指定した内容は反映されるところはありませんが、項目がない、nullだと項目が表示されませんので、何かしらの値を設定しておく必要があります。(通常は、「title」と同じ値を設定します。)
 
ただ、この方法だと指定するカテゴリの id、name、titleが分かっていないと指定できません。
そこで、下記のような形で指定することで特定のカテゴリに属するカテゴリをすべて取得することもできるようになります。
 
————————————-

————————————-
 
「$id」は、「bc_pg_blog_categories.blog_content_id」。
「$limit」は、取得する件数の指定。「0」の場合は、無制限。
「$depth」は、子のカテゴリをどこまで取得するか。「1」は親カテゴリのみ。「2」は1階層目の子カテゴリまで。
 
「$view_count」は、そのカテゴリに属するレコードが何件かを表示するか、しないかのフラグで、「true/false」or「1/0」を指定するものだと思われます。(私の環境ではうまく動きませんでした。)
 
その他「$contentType = ‘year’;」を設定することができるようですが、これに関しては細かく確認をしていません。

 - baserCMS

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

baserCMS getCategoryの使い方について

baserCMS getCategoryの使い方についての説明です。公式サイトの説明ではわかりにくいところを補足説明しています。

baserCMSで開発環境と公開環境でドメイン、フォルダが変わる場合の不具合

baserCMSで開発環境と公開環境でドメインが変わる場合は URLに絡む設定を変更する必要がありますのでその解説です。

baserCMS 3系でテーマが変更されないのはキャッシュが原因

baserCMS 3系ではキャッシュの処理が原因でテーマを変更したけども変更されないという不具合があります。

baserCMSは 3種類のデバッグモードが用意されています

デバッグモードは3種類あります。デバッグモードにすることでキャッシュされなくなりますので、開発の際には必須の設定です。

baserCMSのメルマガで当サイトが紹介されていたようです

baserCMSのメルマガで当サイトが紹介されていたようです。非常にありがたく、嬉しく思っており、今後も baserCMSが少しでも広がっていくお手伝いをさせていただければ、と思っています。

baserCMSでオリジナルのデータベースから情報を取得する場合

オリジナルで作ったテーブルから情報を取得し利用する場合はプラグインとして機能を拡張することで対応出来ます。その方法について説明しています。

baserCMSでwp_is_mobileと同じスマホ振り分け関数を実装

baserCMS版 wp_is_mobile関数です。Google Adsenseの規約対応のためにも必要な関数です。

ロリポップで baserCMSを利用する際の Basic認証の設置には注意しましょう

ロリポップではBasic認証を設置する際に.htaccessを書き換えますがbaserCMSで利用する処理も上書きされます。その対処方法の解説です。

baserCMS 画面が真っ白になる不具合があった場合の対応の一つ

baserCMSで画面が真っ白になる不具合があった場合の対応方法の説明です。PHPでエラーが起こっている場合がほとんどですが、その対処方法です。

baserCMSをほかのサーバ、環境にコピーする場合

baserCMSを他のサーバ、環境にコピーする場合の設定方法について説明します。