エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP 2.3 ログイン、操作履歴、アクセスログ出力

      2017/03/11

CakePHP 2.3系でログイン履歴、操作履歴、アクセスログなどのログ出力方法

 

ログ出力を作ることになった経緯

 
今回は、ログイン履歴、操作履歴、アクセスログといったログの出力に関しての説明です。
 
操作ログの出力に関しては、簡単に出力できるだろうと考えていたのですが、実は意外に実装が難しかったですね。(実はそれほど難しいものじゃないのですが、CakePHPの仕様を分かっていなくてさんざん悩んでしまった、というだけですが...)
 
最初はもしかすると、操作ログのプラグインがあるんじゃないか、とさえ思ったのですが、そこまで甘くはなかったわけです。
単純なすべてのアクセスのログを取るものや、SQLのログを取るものはありましたが、当然ながらオリジナルで作成している Webシステムに合わせて柔軟なログを出力したい、なんていう要望が叶えられるようなものはなかったワケです。
 
 

ログ出力をファイルに出力する方法

 
今回は、まず下記のサイトを参考に Vendor内に Classを作り、処理を構築しました。
http://neoinspire.net/archives/34#.UfXaItaChph
 
ちなみに、Vendorに設置した classの呼び出し方法は、CakePHP2.Xでは変更になっていますので、下記のサイトを参考にしました。
http://www.monoreview.com/?p=35
 
————–(/app/Vendor/accesslogs.php)

————–
 
————–(/app/AppController.php)

————–
 
続けて、「cake/app/tmp/logs/」の中に「accesslogs」というフォルダを作ってください。
Linux系のサーバであれば、書き込み権限を設定してください。
 
これで、上記に作成したフォルダの中にログが出力されるようになります。
 
非常に簡単にアクセスログを出力する処理が作れましたので、これは今後の勉強になったかと思っています。
ですが、これをいざ実際に必要としているログイン履歴や、各ページでの操作ログを DBに保存させる処理に拡張しよう、としたら途端に分からなくなったのです。
 
 


 

ログ出力データベースに保存する方法

 
そんなわけで、寄り道も含めて、全く違う方法で DBにログを保存する方法を探したところ、参考になりそうな下記のサイトが見つかりました。
http://pc.casey.jp/archives/750
 
こちらを参考にしながら、テーブル名は、Historyに変更し、認証処理など不要な項目を削除しました。
 
————–(テーブル)

————–
 
————–(/app/HistoriesController.php)

————–
 
「class AppController extends Controller」の中に「write_log」の関数を編集します。
 
————–(/app/AppController.php)

————–
 
————–(/View/Histories/admin_index.ctp)

————–
 
上記までの設定をすることで、ログ出力ができると思います。
一覧ページでリロードするたびにログのレコードが増えていくことが分かるでしょう。
 
 
これはこれで問題ないのですが、操作ログとして処理を作成する場合は、History以外のページでもログを出力する必要が出てきますので、その対応を作ってみました。
例えば、ログイン時にログインのログを出力する場合は、Usersでログを出力させる必要があると思いますので、まず「/Model/User.php」に Historyとの belongsToの設定を行います。
 
————–(/Model/User.php)

————–
 
続いて、「/app/HistoriesController.php」には、どのコントローラーからのアクセスなのかの情報を引数として設定します。
 
————–(/app/HistoriesController.php)

————–
 
さらに、「/app/AppController.php」でデータを保存する処理では、Userテーブルとの連携の設定を行います。(「HistoriesController.php」から送られてくるコントローラー名をもとに、テーブルの連携処理を振り分けます。)
これで、History以外のページからも Historyテーブルへログ保存の処理が行えるようになります。
 
————–(/app/AppController.php)

————–
 
この処理は、ログを出力するコントローラの数が増えれば増えるほど分岐が増えますので、もう少しいい書き方を検討する必要があるとは思いますが。
 
 
また、ログインの処理については、よくあるログイン処理をそのまま記述していると、「autoRedirect」が有効になっているため、ログイン認証が有効になったとたんに「loginRedirect」で設定してあるページに遷移してしまいます。
そのため、リダイレクトをさせる前にログ出力の処理を入れるためには、「autoRedirect」を無効にする必要がありますが、その設定に関しては、下記のサイトに分かりやすく説明がありました。
http://hima-j.in/cakephp/cakephp-last-login/
 
 

参考になるサイト

 
最後に、この記事を書くに当たって参考にしたサイトと自分でも書いてみた記事を紹介しておきます。
 
DBに値を保存する「save」メソッドに関しては下記の 2サイトが分かりやすく説明してありましたので、とても勉強になりました。
http://www.garacter.com/notes/cakephp/model/save
http://www.kaasan.info/archives/2543
 
また、下記の記事も書いていますのでご覧ください。
 CakePHP 2.3 主キー(ID)以外のキーで更新方法 updateAll
 CakePHP 2.3で saveの便利な使い方・サンプルソース付き

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その5入力項目に複数項目入力した場合の AND検索、OR検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で複数項目を入力した場合の AND検索、OR検索についての解説です。

Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説

CakePHP3で Google Analytics APIからレポートデータを取得する処理の解説。PHPのサンプルソースをCakePHP3で動くように改造。加えて、ディメンションやメトリックスを条件に設定する方法なども。

URL短縮サービス「TTTオンライン(https://ttt.onl)」公開
URL短縮サービス「TTTオンライン(https://ttt.onl)」公開

URL短縮サービス「TTTオンライン(https://ttt.onl)」を公開。メールやSNSでは使いにくい長いURLを短いURLに変換するサービス。QRコードも。Google URL Shortenerが2019年3月にサービス終了。

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!

CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ

CakePHP3になりフォームヘルパーの使い方も大きく変わりましたので、使い方をまとめました。基本的な使い方からプラスアルファの便利な使い方まで紹介。

CakePHP 2.3でファイルをアップロード・その2 ファイル名を乱数で設定

CakePHPのアップロードするファイル名を乱数で変更しセキュリティを高める方法を解説。

CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装

CakePHPで On Duplicate Key構文を Queryを利用して実装する方法をサンプルソース付きで解説します。

CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数
CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数

CakePHP3で特定フォルダのパスの定数を解説。root、DocumentRoot、app、config、webroot、tests、tmp、cache、vendor、コア、コアの srcが設定済み。realpath()関数を使うと柔軟なパス指定が可能。

CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ログイン認証後にリダイレクトする先の設定方法についての解説と実運用するために必要なコツを解説。便利な仕組みも仕様の理解があって初めてうまく使いこなせる。

CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順

CakePHP3で「1対多」の連携を中間テーブルを利用した「多対多」の連携に変更するときの手順のまとめ。中間テーブルの設定やModelの変更などを間違いやすい箇所を指摘しながらの解説。