エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3、CakePHP4のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う

      2022/02/26

CakePHP3、CakePHP4では「bin/cake cache clear_all」を使ってキャッシュをクリア

 

「bin/cake cache clear_all」コマンドを使ってすべてのキャッシュを一括クリア

 
CakePHP3、CakePHP4のキャッシュをクリアするには下記のコマンドを実行します。
(この記事は、CakePHP3の記事として書きましたが、CakePHP4でも同様に動作することを確認しています。「CakePHP3」を「CakePHP4」と読み替えていただいて問題ありません。)
 

 
かつて、CakePHPでキャッシュをクリアする場合は、
CakePHP2の頃は「/app/tmp/cache/」フォルダの中身を、CakePHP3では「/tmp/cache/」フォルダの中身を手作業で削除していく必要がありました。
 
 
ですが、CakePHP3.3でキャッシュ削除するコマンドが追加されましたので、コマンドを入力することで、簡単にキャッシュを削除することができるようになりました。
 
また、コマンドが用意されたことで、
「このファイルキャッシュなのかな?」
「消していいのかな?」
「間違っていてプログラムが動かなくなったりしないかな?」
なんていう心配が要らなくなりました。
 


 

キャッシュのリストを表示させて個別に削除する方法

 
先に紹介した「bin/cake cache clear_all」コマンドは「clear_all」とあるように、キャッシュをまとめて全て削除するコマンドです。
 
キャッシュをまとめて全部消してしまっても問題ありませんが、場合によってはキャッシュを指定してクリアしたい場合もあるかもしれません。
 
その時のためにキャッシュを指定して削除する方法も用意されています。
 
まず、下記の「bin/cake cache list_prefixes」コマンドでキャッシュのリストを表示させることができます。
 

 
続けて、下記のようにキャッシュを指定して削除を実行します。
 

 
上記は、下記で解説したルーティング情報のキャッシュを削除する場合のコマンドです。
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
 
モデルのキャッシュをクリアしたい場合は「_cake_model_」を指定します。
 
 

CakePHP3、CakePHP4のキャッシュについて

 
CakePHP3、CakePHP4のキャッシュについては、下記のオフィシャルサイトを確認してください。
 
CakePHP3・Cookbook・キャッシュ
https://book.cakephp.org/3.0/ja/core-libraries/caching.html
 
CakePHP4・Cookbook・キャッシュ
https://book.cakephp.org/4/ja/core-libraries/caching.html
 
 
ここで紹介した「bin/cake cache clear_all」コマンドで
 /tmp/cache/persistent/
 /tmp/cache/models/
 /tmp/cache/view/
フォルダの中の各ファイル、および
 /tmp/cache/myapp_cake_routes_route_collection
などのキャッシュが削除されます。
 
 
また、デフォルトは、キャッシュをファイルとして保持する設定になっています。
 
それらの設定は「/config/app.php」ファイルに記載されていますが、下記の「bin/cake cache list_prefixes」コマンドで表示される「_cake_core_」「_cake_model_」「_cake_routes_」などについては、その「/config/app.php」ファイルに記載されているコメントを読むと何についてのキャッシュなのかが分かります。
 
 

_cake_core_(CACHE_CAKECORE_URL)

 
Configure the cache used for general framework caching.
Translation cache files are stored with this configuration.
Duration will be set to ‘+2 minutes’ in bootstrap.php when debug = true
If you set ‘className’ => ‘Null’ core cache will be disabled.
 
一般的なフレームワークキャッシュに使用されるキャッシュを設定します。
翻訳キャッシュファイルはこの設定で保存されます。
debug = trueの場合、期間はbootstrap.phpで「+ 2分」に設定されます。
‘className’ => ‘Null’と設定すると、コアキャッシュは無効になります。
 
 

_cake_model_(CACHE_CAKEMODEL_URL)

 
Configure the cache for model and datasource caches.
This cache configuration is used to store schema descriptions, and table listings in connections.
Duration will be set to ‘+2 minutes’ in bootstrap.php when debug = true
 
モデルキャッシュとデータソースキャッシュ用にキャッシュを設定します。
このキャッシュ設定は、スキーマの説明とテーブルリストを接続に格納するために使用されます。
debug = trueの場合、期間はbootstrap.phpで「+ 2分」に設定されます。
 
 

_cake_routes_(CACHE_CAKEROUTES_URL)

 
Configure the cache for routes.
The cached routes collection is built the first time the routes are processed via config/routes.php.
Duration will be set to ‘+2 seconds’ in bootstrap.php when debug = true
 
ルート用のキャッシュを設定します。
キャッシュされたルートコレクションは config / routes.phpでルートが最初に処理されたときに構築されます。
debug = trueの場合、所要時間はbootstrap.phpで ‘+ 2秒’に設定されます。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP4のCSS、JavaScript、画像のブラウザへのキャッシュをコントロールする
CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 
CakePHPのFlashエラーは出るが入力項目ごとのメッセージが出ないエラーの原因
CakePHP4のフラッシュメッセージの表示場所、デザインを変更する方法を解説
CakePHPで同一テーブル内の値を比較する条件でレコードを取得する方法
国際化と地域化の翻訳機能「__()」を使って定数に変数を埋め込む方法
CakePHP4で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
CakePHP4で公開側と管理側のデザインテンプレートを分ける方法・setLayout()
CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションエラーをmodelのにマージする方法
 
その他の「CakePHP4」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x ,

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

国際化と地域化の翻訳機能「__()」を使って定数に変数を埋め込む方法
国際化と地域化の翻訳機能「__()」を使って定数に変数を埋め込む方法

CakePHP4で定数に変数を埋め込み、翻訳機能「__()」で変数に値を入れる方法を紹介。定型の文章の一部だけを置換したい場合に利用すると便利。

CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合

ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させるための考え方とサンプルソースを用いての説明を行っています。

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法

CakePHP3でデータベースに値を保存する前にバリデーションを行い、その結果によって処理を振り分ける方法について解説。「$topic->errors()」と「$topic->hasErrors()」の2つの方法がある。

CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も

CakePHP3で Insert … On Duplicate Key Update構文(upsert)を実行する方法を解説。バルク処理の方法も用意されているため大量処理の場合も対応可能。

CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得
CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得

URLやドメイン、フォルダへのパスの取得は、ビューではUrlHelperを使い、コントローラーではRouterクラスを使います。第2引数の指定でURLを取得することも可能。

CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説・3.6以降対応

CakePHP3のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。

CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。Usersのカスタマイズとして入力項目のバリデーションの変更を、プラグインのファイルは触らずオーバーライドにより実装する方法を解説する。

CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定

CakePHP3でOGPを設定する方法を解説。metaタグを編集するHTMLヘルパーを利用してOGPのタグを編集する。また、エレメントとして分割することでメンテナンス性も向上させる。

CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説
CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説

WYSIWYGエディタであるCKEditor4をCDNを利用して簡単にCakePHP3に導入する方法とカスタマイズする方法を解説。CakePHP3にはページごとの振り分けを行うブロック化を利用する。

CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説
CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説

CakePHP3からメールを送信する方法解説。基本的な記述方法を基にして、テンプレートを使う方法、ファイルを添付する方法へと拡張しながら解説。