エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい

   

CakePHP3でアソシエーション先のカラムでソートしたい

 
アソシエーションしている先のテーブルのカラムでソートして、そのデータを取得したい、というときの方法について解説します。
 
 

アソシエーション先のカラムでソートする処理のサンプルソース

 
下記のように、「contain()」の中で sortの指定も行います。
 

 
 

アソシエーション先のテーブルのカラムでソートするサンプルソースの解説

 
まず、サンプルソースの環境は、下記のブログチュートリアルの環境を想定します。
 
CakePHP3 Cookbook ブログチュートリアル
https://book.cakephp.org/3.0/ja/tutorials-and-examples/blog/blog.html
 
ブックマークチュートリアル関連の記事としては以下にも記事を書いています。
CakePHP3のfriendsofcake/searchでツリーカテゴリーの子階層も含めて検索する方法
 
 
このブログチュートリアルの環境において、Usersのデータを取得する際に、アソシエーション先のテーブルを contain()を使って Bookmarksのデータも一緒に取得します。
 
その際、Bookmarksのデータも「modified」のカラムでソートしたい!という場合の対処方法です。
 
 
最初に考えたのは、下記のような記述方法でした。
4行目の「orderAsc()」に続けて、5行目を追加しました。
ですが、この記述方法では 5行目の「orderAsc()」が有効になっていない!のです。
 

 
ちなみに、5行目の記述を上記のようにすると、エラーになります。
「orderAsc(“modified”)」のようにすると、エラーにはなりませんが、ソートの設定は無視されています。
 
 

アソシエーション先のテーブルのカラムでソートする記述方法

 
アソシエーション先のテーブルのカラムでソートするための正しい記述方法は、「orderAsc()」で指定するのではなく、「contain()」でテーブルを指定する際に、ソート条件も指定します。(下記 4行目を追加します。)
 

 
["Bookmarks.modified"=>"asc"]

["modified"=>"asc"]
のように「Bookmarks.」を付けなくても正しく動作します。
 
 

Tableファイルのアソシエーションの設定に Sort条件を指定することもできる

 
前項では、Controllerに記述する前提で書いてきましたが、「Bookmarksからレコードを取得するときは基本的には『modified』カラムでソートさせるのでいちいち指定したくない」という場合は、Tableに記述しておく方法もあります。
 
 
3行目の「sort」の行を追加します。
 

 
このとき、2行目末の「,」も忘れずに!
また、「Bookmarks.」を付けなくても正しく動作します。
 
 
また、Tableファイルに上記のように指定していても、前項のように Controllerで指定すると、Controllerの指定が優先されます。
そのため、あるアクションの処理では「created」をキーにしてソートしたい、という場合はその条件を Controller側で指定してください。
 
 

ソート条件を指定する「orderAsc()」の使い方の間違い例

 
ちなみに、ソートキーを複数設定したい場合は下記のように「orderAsc()」を複数記述します。
「間違い」の設定をしていてもエラーにならないため、間違いに気づきにくい不具合です。
 

 
 

ksortを使い強引にソートする方法もある

 
PHPには配列のキーや値をソートの基準として並び替える関数が用意されています。
 
PHP 配列のソート
https://www.php.net/manual/ja/array.sorting.php
 
なので、私は、この記事に書いた内容を知る前は、foreachで配列を生成し、ksort()関数で無理やりソートし直す、という処理を作っていました。
 
やっぱり普通に必要になるであろう処理は対応方法が用意されているので、それをしっかり探す必要がありますね。
無駄なコードを減らせますからね。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
CakePHP3でCookieを保存、呼び出し、削除の操作・CakePHP3.7対応
CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい
CakePHP3のdatetime型カラムの日時の扱い。秒まで正しく表示する方法
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存する方法(hasOne、hasMany、belongsTo)

CakePHP3で関連データをまとめて保存する方法。hasOne、hasMany、belongsTo等の関連データはassociatedを追加することでまとめて保存することができます。

CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装

CakePHPで On Duplicate Key構文を Queryを利用して実装する方法をサンプルソース付きで解説します。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その5入力項目に複数項目入力した場合の AND検索、OR検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で複数項目を入力した場合の AND検索、OR検索についての解説です。

CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定

CakePHP3でOGPを設定する方法を解説。metaタグを編集するHTMLヘルパーを利用してOGPのタグを編集する。また、エレメントとして分割することでメンテナンス性も向上させる。

CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法

CakePHP3にComposerからインストールできないプラグインやライブラリなどを利用する方法、vendorにファイルを設置し、composer.jsonを更新し、それを呼び出す方法を詳細に解説。

CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説
CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説

CakePHP3で定数や共通で使う変数をまとめて設定し、プログラム内で読み込む方法を、bootstrap.phpに直接記述する方法と定数ファイルを分ける方法の3つの方法で解説。

CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う

CakePHP3では処理を高速化する手法の一つとしてキャッシュを利用している。しかし、その情報は元の情報を更新しても反映されない場合がある。そんなときはキャッシュを削除する必要がある。

CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説
CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説

CakePHP3からメールを送信する方法解説。基本的な記述方法を基にして、テンプレートを使う方法、ファイルを添付する方法へと拡張しながら解説。

CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説

CakePHP3でJavaScriptやCSSを編集する基本形から、それらやテンプレート(エレメント)を特定のテンプレートを読み込んだときのみ編集、実行するための方法、ブロック化について解説。

CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応
CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応

CakePHP3で検索を担うプラグイン「friendsofcake/search」の紹介。基本的な設置方法の紹介のほか、処理の記述方法のバリエーション、エラーの解説など。CakeDC/searchより導入は簡単!