エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい

   

CakePHP3でアソシエーション先のカラムでソートしたい

 
アソシエーションしている先のテーブルのカラムでソートして、そのデータを取得したい、というときの方法について解説します。
 
 

アソシエーション先のカラムでソートする処理のサンプルソース

 
下記のように、「contain()」の中で sortの指定も行います。
 

 
 

アソシエーション先のテーブルのカラムでソートするサンプルソースの解説

 
まず、サンプルソースの環境は、下記のブログチュートリアルの環境を想定します。
 
CakePHP3 Cookbook ブログチュートリアル
https://book.cakephp.org/3.0/ja/tutorials-and-examples/blog/blog.html
 
ブックマークチュートリアル関連の記事としては以下にも記事を書いています。
CakePHP3のfriendsofcake/searchでツリーカテゴリーの子階層も含めて検索する方法
 
 
このブログチュートリアルの環境において、Usersのデータを取得する際に、アソシエーション先のテーブルを contain()を使って Bookmarksのデータも一緒に取得します。
 
その際、Bookmarksのデータも「modified」のカラムでソートしたい!という場合の対処方法です。
 
 
最初に考えたのは、下記のような記述方法でした。
4行目の「orderAsc()」に続けて、5行目を追加しました。
ですが、この記述方法では 5行目の「orderAsc()」が有効になっていない!のです。
 

 
ちなみに、5行目の記述を上記のようにすると、エラーになります。
「orderAsc(“modified”)」のようにすると、エラーにはなりませんが、ソートの設定は無視されています。
 
 

アソシエーション先のテーブルのカラムでソートする記述方法

 
アソシエーション先のテーブルのカラムでソートするための正しい記述方法は、「orderAsc()」で指定するのではなく、「contain()」でテーブルを指定する際に、ソート条件も指定します。(下記 4行目を追加します。)
 

 
["Bookmarks.modified"=>"asc"]

["modified"=>"asc"]
のように「Bookmarks.」を付けなくても正しく動作します。
 
 

Tableファイルのアソシエーションの設定に Sort条件を指定することもできる

 
前項では、Controllerに記述する前提で書いてきましたが、「Bookmarksからレコードを取得するときは基本的には『modified』カラムでソートさせるのでいちいち指定したくない」という場合は、Tableに記述しておく方法もあります。
 
 
3行目の「sort」の行を追加します。
 

 
このとき、2行目末の「,」も忘れずに!
また、「Bookmarks.」を付けなくても正しく動作します。
 
 
また、Tableファイルに上記のように指定していても、前項のように Controllerで指定すると、Controllerの指定が優先されます。
そのため、あるアクションの処理では「created」をキーにしてソートしたい、という場合はその条件を Controller側で指定してください。
 
 

ソート条件を指定する「orderAsc()」の使い方の間違い例

 
ちなみに、ソートキーを複数設定したい場合は下記のように「orderAsc()」を複数記述します。
「間違い」の設定をしていてもエラーにならないため、間違いに気づきにくい不具合です。
 

 
 

ksortを使い強引にソートする方法もある

 
PHPには配列のキーや値をソートの基準として並び替える関数が用意されています。
 
PHP 配列のソート
https://www.php.net/manual/ja/array.sorting.php
 
なので、私は、この記事に書いた内容を知る前は、foreachで配列を生成し、ksort()関数で無理やりソートし直す、という処理を作っていました。
 
やっぱり普通に必要になるであろう処理は対応方法が用意されているので、それをしっかり探す必要がありますね。
無駄なコードを減らせますからね。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のインストールでURL rewriting......のエラーが!その解決方法解説
CakePHP3のインストールでURL rewriting……のエラーが!その解決方法解説

CakePHP3をインストールしたら URL rewriting is not properly configured.のエラーが。原因は.htaccessが有効になっていないこと。httpd.confに設定を追加すればOK。

CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法
CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法

CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法を解説。複数の方法があるが、getParam()メソッドを使う方法が汎用性があって便利かも。

CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法

CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定しつつ画面上でユーザがソート条件を選択したときもソート処理を実行させる方法を解説。ソート条件はページネーションの処理として実装。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その3入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法を解説。

CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ログイン認証後にリダイレクトする先の設定方法についての解説と実運用するために必要なコツを解説。便利な仕組みも仕様の理解があって初めてうまく使いこなせる。

CakePHP 2.3 連携先のテーブルの項目で条件抽出する場合

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で条件抽出する際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その6ORDER、sortソートの機能

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で order、ソートについての解説です。

CakePHP3で他のテーブルのマスタテーブルからセレクトボックス(プルダウンリスト)を作る
CakePHP3で他のテーブルのマスタテーブルからセレクトボックス(プルダウンリスト)を作る

他のテーブルのマスタのレコードからプルダウンリストを作成し、選択できるようにするサンプルプログラムと解説。ORMの設定によりデータベースの値を取得し、配列を作成し optionsに与える。

CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説

CakePHP3で静的なページを設置する場合の方法(webrootとpagesとを活用する方法)を解説。pagesの解説はデフォルトのトップページがどう表示されているかを参考に解説。ルーティングの機能も。

CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法
CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法

CakePHPで「CakeDC/Users」などルーティングを行うプラグインを利用するときに、favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngがNotFoundエラーになることがある。その対処方法の解説。