エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い

      2019/03/02

CakePHP3でシェルを作成コマンドラインから実行

 

CakePHP3のシェルの作成方法の前書き

 
この記事では、CakePHP3でシェルプログラムを作成し、コマンドラインから実行する方法を解説します。
 
また、公式サイトを始め、ブログなどで解説されている CakePHP関連のサンプルソースですが、ファイル名、Class名、関数名は単一単語で付けられた名称がほとんどで、複数の単語をつなぎ合わせたときにどのようにすればいいのか、よく分からないときが多々あります。
 
今回は「SampleProgram」というファイル名のシェルを作成しますが、この場合
 「SampleProgram」(アッパーキャメルケース)
 「sampleProgram」(ローワーキャメルケース)
 「sample_program」(スネークケース)
 「sample-program」(チェインケース)
のどれが正しいでしょうか?
どれだとエラーになるのでしょうか?
CakePHP2の時は動いたけど、CakePHP3になったら動かなくなるのはどれでしょうか?
 
といったことを含めて解説していきます。
 
 

CakePHP3のシェルの作成方法・複数単語の Class名、アクション名の付け方

 
シェルのプログラムを設置する場所は「/src/Shell/」フォルダの中になります。
ファイル名は「*******Shell.php」形式となります。
 
今回は「SampleProgram」というシェルを作成しますので、ファイル名は「SampleProgramShell.php」となります。
 
そして、今回作成するサンプルプログラムのファイルの中身は下記の通りとなります。
 

 
4行目の「use Cake\Console\Shell;」は、シェルを作成するときの必須記述ですので、まずこれを書きます。
 
6行目のクラス名は、ファイル名と同じですので「SampleProgramShell」を記述します。
CakePHPの命名規則としても「SampleProgramShell」となります。
複合語の先頭を大文字で書き始める記法を「アッパーキャメルケース」もしくは「パスカルケース」と言います。
ただ、「sampleProgramShell」としても問題なくは動作します。
 
関数を指定せずにシェル名だけを指定して実行したときは「main()」関数が実行されます。
「main()」関数がなくてもエラーにはなりません。
 
13行目のアクション名(関数名)は、CakePHP3の規約としては「sampleParameter」となります。
複合語の先頭を小文字で書き始める記法を「ローワーキャメルケース」もしくは「キャメルケース」と言います。
Class名は「アッパーキャメルケース」が規約に則った記述方法ですので、注意が必要です。
ただ、「SampleProgramShell」としても問題なくは動作します。
 


 

シェルをコマンドラインから実行する方法

 
前項で作成したシェルをコマンドラインから実行する場合は、
 
「(CakePHP3のルート)/」で下記のコマンドを実行します。
「(CakePHP3のルート)/」は「/var/www/html/」のような感じの場所です。
 
 
シェル名だけを指定した場合は、「main()」関数が実行されます。
引数として「main」を追加しても同じ処理になります。
 

 
アクション名(関数名)を指定して、シェルを実行する場合は、下記の様に、Class名に続いて、アクション名、その引数を指定します。
 

 
この時、アクション名として指定するのは、アクション名の記述通りに「sampleParameter」とする方法があります。
また、ブラウザで表示する時と同じく、「sample-parameter」のように「-(ハイフン)」でつなぐ「チェインケース」で記述する方法があります。
 
また、規約から外れますが、「SampleParameter」「sample_parameter」としても動作はします。
 
 

CakePHP2と CakePHP3の違い

 
CakePHP2でシェルを実行する方法については、下記に記事を書いていますので、こちらを参考にしてください。
CakePHP 2.3 コマンドラインからPHPのシェル実行の方法解説
 
 
CakePHP2で作成したシェルを CakePHP3で実行する場合に不具合が発生する可能性があるのは、アクション名(関数名)の付け方ではないか、と感じます。
(というか、私がそれが原因でエラーを発生させてしまいましたので。)
 
 

 
具体的には、上記は CakePHP2の元になったシェルを CakePHP3に書き直したものですが、CakePHP2では、アクション名を「public function sample_parameter ($parameter)」のように「_(アンダースコア)」で区切る「スネークケース」で記述することができました。 
また、これを実行する場合は、「php cake.php SampleProgram sample_parameter aaa」のようにコマンドを実行することが可能でした。
 
ですが、CakePHP3では、これが正常に動作しなくなりました。
 
「main()」アクションがある場合は、「main()」アクションが実行されます。
ですが、「main()」アクションがない場合は、下記のエラーとなります。
 

 
syntax error(文法エラー)ではないため、しばらくは何がエラーなのか分かりませんでした。
 
CakePHP3では、アクション名をローワーキャメルケース(sampleParameter)で記述しておけば、シェルを実行するときはスネークケース(sample_parameter)で呼び出すことは出来ますので、アクション名をスネークケースで記述することができなくなった、ということなのでしょう。
 
CakePHP3であっても、同一の Class内での関数の場合は、関数名がキャメルケースでもスネークケースでも動作するところもややこしさが増すところではありますね。
 
命名規則を理解して、しっかり規則に沿った命名を行いましょう!ってことですね。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法
CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法

CakePHP3でテーブルのアソシエーションしたデータの取得をコントローラー側でINNERかLEFTを指定する方法を解説。TableファイルにINNERで指定していてもController側で変更ができる。

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法

CakePHP3に付属しているデバッグのためのツール、デバッグキットを強制的に有効化、無効化する方法を解説。初期設定では開発環境としてありそうなドメインの場合のみ有効になるように設定されている。

CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う
CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法を解説。クリエビルダーを使う場合は TableRegistryを利用するが、SQLを実行する場合は ConnectionManagerを使う。プリペアードステートメントの使用方法も解説。

CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを

CakePHP3でルーティングの設定変更をしたけど反映されない!そんなときは慌てず騒がずキャッシュをクリアしよう!ルーティングの設定もキャッシュされることがあるらしい。

CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説
CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説

CakePHP3でバリデーションの実行を保存する時から入力情報を受け取るときに変更する処理の解説。CakePHP3ではnewEntity()の処理でバリデートするため1行追加で対応可能。

CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装

CakePHPで On Duplicate Key構文を Queryを利用して実装する方法をサンプルソース付きで解説します。

CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合

ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させるための考え方とサンプルソースを用いての説明を行っています。

CakePHP 2.3 連携先のテーブルの項目で条件抽出する場合

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で条件抽出する際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。

CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数
CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数

CakePHP3で特定フォルダのパスの定数を解説。root、DocumentRoot、app、config、webroot、tests、tmp、cache、vendor、コア、コアの srcが設定済み。realpath()関数を使うと柔軟なパス指定が可能。