エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その4前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索

      2014/06/26

Search Pluginで検索処理 設置方法 その4

 

Search Pluginで部分一致検索の参考サイト

 
今回は、前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索を行います。
今回の処理は、「CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法」をベースにしていますので、そちらもご覧ください。
 
順番的にはもっと最初の方で提示するべき項目だと思いますが、これまでは「value」による完全一致検索、「like」による部分一致検索で処理を作ってきました。
 
ですが、この辺で改めて、完全一致検索、部分一致検索以外の検索の方法を書いておきます。
 
とはいえ、これについては、特に難しいものではありませんので、下記のサイトなどを見ていただくと分かるんじゃないかと思います。
http://mawatari.jp/archives/introduction-of-cakedc-search-plugin-for-cakephp
 
 

Search Pluginで 前方一致検索のサンプルコード

 
前方一致検索
「ユーザ名」の項目を前方一致検索する場合は、下記の通り「’before’ => false, ‘after’ => true,」を追加します。Model以外の修正はありません。
————–(/app/Model/User.php)

————–
 

Search Pluginで 後方一致検索のサンプルコード

 
後方一致検索
「ユーザ名」の項目を後方一致検索の場合は、下記の通り「’before’ => true, ‘after’ => false,」を追加します。Model以外の修正はありません。
————–(/app/Model/User.php)

————–
 

Search Pluginで 不等号による検索のサンプルコード

 
不等号による検索
「ユーザID」の項目を不等号によって検索をする場合は、下記の通り「id」を Modelと Viewのページにそれぞれ「id_from」「id_to」の項目変更しています。
不等号は「field」の項目の後ろに「>=」「<=」を記述します。   まぁ、今回は、すでにある項目を流用するため IDを不等号検索に使いましたが、実実装に関しては IDを from、toで検索することはないでしょうね。   --------------(/app/Model/User.php)

--------------   --------------(/app/View/Elements/searchForm.ctp)

--------------    

Search Pluginで betweenによる範囲検索のサンプルコード

 
続けて、between句による範囲指定の方法です。
 
不等号による範囲指定での検索は、betweenによる範囲検索より検索スピードが劣るとされています。
そのため、betweenによる範囲指定も探してみましたが、うまく実装することができませんでした...
 
現時点では、「/app/View/Elements/searchForm.ctp」は同じものを使います。
そして、Modelは、以下のように設定します。
 
————–(/app/Model/User.php)

————–
 
「’type’ => ‘expression’」を設定し、「method」で配列を渡す関数を通すことで、自動的に「between句」を生成してくれます。
この方法でも、「id_from」に値が入力されれば正しく betweenで検索されます。
 
ですが、「id_from」の値が入っていない場合(「id_to」のみの入力の場合)は、入力がないものとして処理されません。
 
 
「id_to」のみの入力の場合も検索の処理をさせる方法については、分かりませんでした!!!
分かる方、どなたか教えてくださいっ!!
 
 
 
【CakePHP 2.3 Search Plugin検索処理 目次】
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その1設置方法
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その3入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その4前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その5入力項目に複数項目入力した場合の AND検索、OR検索
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その6ORDER、sortソートの機能
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その7queryを使って 日付の範囲検索

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定

CakePHP3でOGPを設定する方法を解説。metaタグを編集するHTMLヘルパーを利用してOGPのタグを編集する。また、エレメントとして分割することでメンテナンス性も向上させる。

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングをする方法を解説。インストール方法、読み込み方法。および、具体的なスクレイピングを実行するサンプルソースも。

CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ

CakePHP3になりフォームヘルパーの使い方も大きく変わりましたので、使い方をまとめました。基本的な使い方からプラスアルファの便利な使い方まで紹介。

CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説
CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説

CakePHP3からメールを送信する方法解説。基本的な記述方法を基にして、テンプレートを使う方法、ファイルを添付する方法へと拡張しながら解説。

CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応
CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応

CakePHP3で検索を担うプラグイン「friendsofcake/search」の紹介。基本的な設置方法の紹介のほか、処理の記述方法のバリエーション、エラーの解説など。CakeDC/searchより導入は簡単!

CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い
CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い

CakePHP3のシェルスクリプトを作成し、コマンドラインから実行する方法を解説。複数単語をつなげる場合の対応方法がCakePHP2より制限が厳しくなったのでCakePHP3の命名規則の確認が必要だ。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その6ORDER、sortソートの機能

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で order、ソートについての解説です。

CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2
CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2

ファイルのアップロード機能の自作サンプルコードとその解説のその2。アップロード機能に関連するファイルの更新や削除の処理や画像、フォルダのパスの指定方法などを含めて解説。

CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する

CakePHP3のkeywordsとdescriptionを設定する方法の解説。CakePHP3にはmetaタグを編集するHTMLヘルパーが用意されているためそれを利用すればOK!ポイントはブロック化を有効にすること。

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。