エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3のdatetime型カラムの日時の扱い。秒まで正しく表示する方法

      2019/07/28

CakePHP3の datetime型カラムを秒まで正しく表示したい!そんなときの対処方法

 

CakePHP3で datetime型のカラムは i18nFormatを使ってフォーマットを指定

 
CakePHP3で datetimeのカラムの年月日、時分秒を表示させたい場合は「i18nFormat()」を使用し、下記の様に記述します。
 

 
※Usersテーブルの createdカラムの日時を表示する想定です。
※「yyyy」は小文字で指定します。大文字だと違う値を取得してしまいます。
 
 
CakePHP3 Cookbook 日付と時刻・フォーマットする
https://book.cakephp.org/3.0/ja/core-libraries/time.html#id3
 
フォーマットの指定方法については以下を参照
https://www.php.net/manual/ja/class.intldateformatter.php
http://www.icu-project.org/apiref/icu4c/classSimpleDateFormat.html#details
 
 

CakePHP3で datetime型のカラムの扱い方

 

Bakeで出力される datetime型の項目

 
CakePHP3で Bakeを実行すると、datetime型の createdカラムのデフォルトで出力される表記は下記のようになります。
 

 
表示されるのは「1/1/19, 1:01 AM」のようになります。
 
 

date + strtotimeでフォーマットを指定する方法

 
これを「**年**月**日 **:**:**」形式で表示したい場合は、CakePHP3であっても datetime型のカラムですので、普通の PHPの関数で日時を表示することも可能です。
 

 
表示されるのは「2019年01月01日 01:01:00」のようになります。
 
ですが、よくよく見ると「秒」の表示が常に「00」なのです。
 
 

CakePHP3では「i18nFormat()」でフォーマットを指定

 
これを正しく表示させる方法が、CakePHP3には用意されています。
その方法が最初に紹介した下記の方法です。
 

 
表示されるのは「2019年01月01日 01:01:01」のようになります。
 
 
ちなみに、CakePHP3では datetime型のカラムのデータを下記のようなオブジェクトとして保持しています。
 

 
そのため、それを取り出すときは「i18nFormat()」でフォーマットを指定して取り出す、という仕様のようです。
 
 

値がないときはエラーになるためチェックの分岐が必要

 
ちなみに、createdや modifiedなどは必ず入力があるかと思いますが、deleted(削除日時カラム)などの入力がない可能性があるカラムの場合は、下記の様に入力がない場合の対処が必要です。
値がない場合はエラーとなりますので。
 

 
「i18nFormat()」の時だけに限らず、strtotime()関数でもエラーになります。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説・3.6以降対応

CakePHP3のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その4前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索の解説です。

CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応
CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応

CakePHP3で検索を担うプラグイン「friendsofcake/search」の紹介。基本的な設置方法の紹介のほか、処理の記述方法のバリエーション、エラーの解説など。CakeDC/searchより導入は簡単!

CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法

CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定しつつ画面上でユーザがソート条件を選択したときもソート処理を実行させる方法を解説。ソート条件はページネーションの処理として実装。

CakePHP3で「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」などのエラーが出たときの確認するポイント
CakePHP3で「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」などのエラーが出たときの確認するポイント

CakePHP3の開発で発生する「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」のエラーには特有の原因もあるため、その説明と対処方法の解説。

CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う
CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法を解説。クリエビルダーを使う場合は TableRegistryを利用するが、SQLを実行する場合は ConnectionManagerを使う。プリペアードステートメントの使用方法も解説。

CakePHP 2.3 連携先のテーブルの項目で条件抽出する場合

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で条件抽出する際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。

CakePHP3でテーブルにカラムを追加したときに変更するポイントのまとめ
CakePHP3でテーブルにカラム(項目)を追加したときに変更するポイントのまとめ

CakePHP3でシステム開発をする際、途中でカラムを追加した場合に何を変更すればいいかを確認。カラムを追加する前後で Bakeした結果を比較し、変更になった点をリストアップした。

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法

CakePHP3でデータベースに値を保存する前にバリデーションを行い、その結果によって処理を振り分ける方法について解説。「$topic->errors()」と「$topic->hasErrors()」の2つの方法がある。