エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3のcontroller内でテンプレート、レイアウトを変更する際の指定方法

      2019/09/28

CakePHP3でテンプレート、レイアウトのファイルを指定する方法

 

CakePHP3でテンプレートファイル(ctpファイル)を指定する方法

 
CakePHP3では、テンプレートファイル(ctpファイル)を指定しない場合は、デフォルト設定である現在のアクションと同じ名称のテンプレートファイルが読み込まれます。
 
例えば、「index」というアクションの場合は、「index.ctp」ファイルが読み込まれます。
 
ですが、アクション名と違うテンプレート名のファイルを利用したい場合や、レイアウトを変更したい場合は、テンプレートファイル名、レイアウト名を指定する必要があります。
 
具体的には以下のようになります。
 

 
$this -> render ( "find", "admin" );」のような記述を追加します。追加する場所は、処理の一番最後辺りがいいでしょう。
1つ目の引数がテンプレートファイル、2つ目の引数がレイアウトファイルになります。
 
記述するのは、ファイル名が「find.ctp」の場合は、「.ctp」を付けずに「find」のみを記述します。
 
 
記述する場所は、controllerの function内であれば問題ありませんので、一番最後に書いておくといいでしょう。
 
また、テンプレートファイルはそのままに、レイアウトファイルだけ変更したい場合は、「$this -> render ( null, "admin" );」のように、テンプレートファイルに「null」を指定します。
 
 
この記述方法は、CakePHP2の頃から変更がありません!
 
 

CakePHP3でテンプレート、レイアウトのファイルを使用しない場合の設定

 
上記は、テンプレート(View)や、レイアウトのファイルを指定する方法を説明しましたが、テンプレート(View)やレイアウトファイルを使用しないページもあるかと思います。
 
そのようなページで、テンプレート(View)やレイアウトファイルを使用しない設定の方法を解説します。
 
 

 
ちなみに、「false」を指定しているところに「""」を記述すると、エラーになる箇所とならない個所がありました。
 
 

Ajaxでテンプレートを呼び出すときの注意点 2019.09.28 追記

 
レイアウトだけ無効にする方法として解説をしている、上記の
$this->render(null,false);
という記述方法は、正しく動作しない場合があるようです。
 
例えば、Ajaxの処理でレイアウトは必要なく、テンプレートのみ必要な場合は、
$this->render(null,false);
とすると、コントローラーからの変数の受け渡しがうまく行かないようです。
 
そのような場合は、
$this->layout = false;
の方を試してみてください。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」
CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」

CakePHPでQRコードを生成するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」の紹介。GDライブラリのインストールも必要ないHelperとして提供されているため、ファイルを設置すればすぐに使用可能。

CakePHP 2.3 主キー(ID)以外のキーで更新方法 updateAll

主キー(ID)以外のカラムをキーとして更新する方法、updateAllの使い方をサンプルを用いて解説します。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その4前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索の解説です。

CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法

CakePHP3に付属しているデバッグのためのツール、デバッグキットを強制的に有効化、無効化する方法を解説。初期設定では開発環境としてありそうなドメインの場合のみ有効になるように設定されている。

CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ユーザ新規登録の流れを紹介しつつテンプレートファイルがどこにあるか、設定情報ファイルがどこにあるか、を説明しつつカスタマイズの方法を解説します。

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法を詳細解説。CakePHP3のインストールはComposerを使うため設定もほぼ自動で完了。データベースの接続情報を記載すればアプリ開発のベースが整う。

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。

CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法
CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法

CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法を解説。複数の方法があるが、getParam()メソッドを使う方法が汎用性があって便利かも。

CakePHP3のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
CakePHP3のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)

CakePHP3の英語のメッセージを日本語化(多言語化)する手順を解説。オリジナルのメッセージを作成する方法やプログラムで文言を追加する場合の対応なども解説。

CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説

CakePHP3で静的なページを設置する場合の方法(webrootとpagesとを活用する方法)を解説。pagesの解説はデフォルトのトップページがどう表示されているかを参考に解説。ルーティングの機能も。