エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3のcontroller内でテンプレート、レイアウトを変更する際の指定方法

      2017/10/28

CakePHP3でテンプレート、レイアウトのファイルを指定する方法

 

CakePHP3でテンプレートファイル(ctpファイル)を指定する方法

 
CakePHP3では、テンプレートファイル(ctpファイル)を指定しない場合は、デフォルト設定である現在のアクションと同じ名称のテンプレートファイルが読み込まれます。
 
例えば、「index」というアクションの場合は、「index.ctp」ファイルが読み込まれます。
 
ですが、アクション名と違うテンプレート名のファイルを利用したい場合や、レイアウトを変更したい場合は、テンプレートファイル名、レイアウト名を指定する必要があります。
 
具体的には以下のようになります。
 

 
$this -> render ( "find", "admin" );」のような記述を追加します。追加する場所は、処理の一番最後辺りがいいでしょう。
1つ目の引数がテンプレートファイル、2つ目の引数がレイアウトファイルになります。
 
記述するのは、ファイル名が「find.ctp」の場合は、「.ctp」を付けずに「find」のみを記述します。
 
 
記述する場所は、controllerの function内であれば問題ありませんので、一番最後に書いておくといいでしょう。
 
また、テンプレートファイルはそのままに、レイアウトファイルだけ変更したい場合は、「$this -> render ( null, "admin" );」のように、テンプレートファイルに「null」を指定します。
 
 
ちなみに、この記述方法は、CakePHP2の頃から変更がありません!
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法
CakePHP3チュートリアルで日付と時刻のDateTimeでエラーが出たときの対処方法
CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ
CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説
CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のインストールでURL rewriting......のエラーが!その解決方法解説
CakePHP3のインストールでURL rewriting……のエラーが!その解決方法解説

CakePHP3をインストールしたら URL rewriting is not properly configured.のエラーが。原因は.htaccessが有効になっていないこと。httpd.confに設定を追加すればOK。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その5入力項目に複数項目入力した場合の AND検索、OR検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で複数項目を入力した場合の AND検索、OR検索についての解説です。

CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合

ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させるための考え方とサンプルソースを用いての説明を行っています。

CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説
CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説

コントロール、モデルの変数の中身を見るときはログに出力する方法が有効です。$this->log()を利用すると変数だけじゃなく、連想配列、オブジェクトも簡単にログ出力ができます。

CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合の詳細ページの注意点

ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させて詳細ページを表示させる際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて解説しています。

CakePHP 2.3 ログイン、操作履歴、アクセスログ出力

CakePHPでログインや操作履歴などのアクセスログ出力処理を作成します。

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!

CakePHP 2.3 Model、Controllerの見たい変数の中身をログ出力

CakePHPの Modelや Controllerの変数の中身をログとして出力して見る方法を提供します。

CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装

CakePHPで On Duplicate Key構文を Queryを利用して実装する方法をサンプルソース付きで解説します。

CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応

CakePHP3のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。