エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説

      2019/03/02

CakePHP3でデータベースに値を保存する save()を実行するときのログを確認する方法

 

通常の save()実行ではエラーの情報が分からない

 
CakePHP3のシェルを利用してシステムを開発している際に、データを保存する save()を実行するところでエラーが発生していました。
 
ですが、save()処理の戻り値を取得しても、エラーである「False」が帰ってきているだけで、どのようなエラーが起こっているのかが分かりませんでした。
 
 
ブラウザで表示する処理を作っているのであれば、デバッグキットを利用して、エラーの原因を探ることもできますが、今回はシェルのプログラム開発をしていましたので、デバッグキットを利用する方法も採れませんでした。
 
と言うわけで、なんとかして「save()」を実行したときのエラーログを取得する方法を探したところ、それがありました。
 
 
通常は、下記の様に保存処理を記述します。
 

 
上記の方法では、save()の戻り値は、「true:正常終了」「False:エラー終了」のどちらかです。
エラーの場合は、どのようなエラーが出ているのかを確認する方法がありません。
 
そのため、エラーを確認するためには、下記の様に変更します。
 

 
「save()」を「saveOrFail()」に変更します。
 
それを「try ... catch 文」でエラーを取得します。
 
echo $e;
を記述することで、エラーログを表示することができます。
 
上記のソースコード上ではコメントアウトしていますが、
echo $e->getEntity();
を記述すると、保存しようとしたデータの実態(エンティティ)を表示することができます。
 
エラーログと保存しようとしたデータを確認しながら、エラーの原因を探ることができます。
 
 
参考サイト
CakePHP3 Cookbook 厳密な保存
https://book.cakephp.org/3.0/ja/orm/saving-data.html#id21
 


 

Cake\ORM\Exception\PersistenceFailedException: Entity save failure (user_id: “_existsIn”, account_id: “_existsIn”).というエラーが出ていた

 
前項の対応を行ったところ、下記のエラーログが出力されました。
 

 
このエラーですが、「user_id: “_existsIn”, account_id: “_existsIn”」というところが大事なポイントです。
 
保存しようとしているデータに連携するはずの「user_id」「account_id」の値が、「users」「accounts」テーブルの中にありませんよ、というエラーです。
 
まだ開発をしている途中ですので、該当のテーブルのデータの保存の処理だけを作っていましたので、「users」「accounts」テーブルにはデータを入れていませんでした。
そのため、該当テーブル内にある「user_id」「account_id」の値がないので保存できません、というエラーでした。
 
エラーの原因が分かりましたので、「users」「accounts」テーブルに該当 IDのレコードを作成したところ、正しく保存することができるようになりました。
 
 
ちなみに、生の SQL文を直接実行する方法については下記に記事を書いていますので、合わせて参考にしてください。
CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3のCakeDC/Usersでログインユーザの所有レコードのみ更新、削除する権限管理の設定方法
CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法
CakePHP3にデザインテンプレートBootstrapを導入する方法・friendsofcake/bootstrap-ui使用
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを

CakePHP3でルーティングの設定変更をしたけど反映されない!そんなときは慌てず騒がずキャッシュをクリアしよう!ルーティングの設定もキャッシュされることがあるらしい。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その7queryを使って 日付の範囲検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で queryを使って日付の範囲検索の方法です。

CakePHP3のインストールでURL rewriting......のエラーが!その解決方法解説
CakePHP3のインストールでURL rewriting……のエラーが!その解決方法解説

CakePHP3をインストールしたら URL rewriting is not properly configured.のエラーが。原因は.htaccessが有効になっていないこと。httpd.confに設定を追加すればOK。

CakePHP3のcontroller内でテンプレート、レイアウトを変更する際の指定方法

CakePHP3でテンプレートファイルやレイアウトファイルをデフォルトのものから別のものに変更したい場合の指定方法を解説。

CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1
CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1

CakePHP3でファイルをアップロードする処理を、php.netにある「エラーを起こさない」と説明がある処理を参考に作成。サンプルソースとその解説付きで、コピペでも動くし、カスタマイズも簡単!

CakePHP 2.3 テーブルの項目を演算した結果を条件として抽出する方法

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で演算をする場合の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。分かってしまえば簡単です。

CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合

ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させるための考え方とサンプルソースを用いての説明を行っています。

CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存する方法(hasOne、hasMany、belongsTo)

CakePHP3で関連データをまとめて保存する方法。hasOne、hasMany、belongsTo等の関連データはassociatedを追加することでまとめて保存することができます。

CakePHP3の更新画面でUpload Plugin 3.0を使う方法、viewで使う方法解説・その3
CakePHP3の更新画面でUpload Plugin 3.0を使う方法、viewで使う方法解説・その3

CakePHP3でファイル、画像をアップロードするプラグイン、upload plugin 3を導入する手順を解説した記事。3部作のその3で記事を更新する際のファイルの取り回しなどについてを解説。

CakePHP3でcomposerを利用してライブラリ・プラグインをインストールする方法

CakePHP3でcomposerを使ってパッケージ(ライブラリ、プラグイン)をインストールする方法の解説。PHPを使うのはCakePHP3が初めてというような方への使い方から解説。