エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説

      2019/06/08

CakePHP3でデータベースに値を保存する save()を実行するときのログを確認する方法

 

通常の save()実行ではエラーの情報が分からない

 
CakePHP3のシェルを利用してシステムを開発している際に、データを保存する save()を実行するところでエラーが発生していました。
 
ですが、save()処理の戻り値を取得しても、エラーである「False」が帰ってきているだけで、どのようなエラーが起こっているのかが分かりませんでした。
 
 
ブラウザで表示する処理を作っているのであれば、デバッグキットを利用して、エラーの原因を探ることもできますが、今回はシェルのプログラム開発をしていましたので、デバッグキットを利用する方法も採れませんでした。
 
と言うわけで、なんとかして「save()」を実行したときのエラーログを取得する方法を探したところ、それがありました。
 
 
通常は、下記の様に保存処理を記述します。
 

 
上記の方法では、save()の戻り値は、「true:正常終了」「False:エラー終了」のどちらかです。
エラーの場合は、どのようなエラーが出ているのかを確認する方法がありません。
 
そのため、エラーを確認するためには、下記の様に変更します。
 

 
「save()」を「saveOrFail()」に変更します。
 
それを「try ... catch 文」でエラーを取得します。
 
echo $e;
を記述することで、エラーログを表示することができます。
 
上記のソースコード上ではコメントアウトしていますが、
echo $e->getEntity();
を記述すると、保存しようとしたデータの実態(エンティティ)を表示することができます。
 
エラーログと保存しようとしたデータを確認しながら、エラーの原因を探ることができます。
 
 
参考サイト
CakePHP3 Cookbook 厳密な保存
https://book.cakephp.org/3.0/ja/orm/saving-data.html#id21
 
 
また、今回の記事では、データベースに値を保存する際のエラーを「try + catch 構文」を使って取得する方法ですが、保存処理をする前に事前にバリデーションを行って、その結果を取得する場合の処理については下記に記事を書いていますので参考にしてください。
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
 
 


 

Cake\ORM\Exception\PersistenceFailedException: Entity save failure (user_id: “_existsIn”, account_id: “_existsIn”).というエラーが出ていた

 
前項の対応を行ったところ、下記のエラーログが出力されました。
 

 
このエラーですが、「user_id: “_existsIn”, account_id: “_existsIn”」というところが大事なポイントです。
 
保存しようとしているデータに連携するはずの「user_id」「account_id」の値が、「users」「accounts」テーブルの中にありませんよ、というエラーです。
 
まだ開発をしている途中ですので、該当のテーブルのデータの保存の処理だけを作っていましたので、「users」「accounts」テーブルにはデータを入れていませんでした。
そのため、該当テーブル内にある「user_id」「account_id」の値がないので保存できません、というエラーでした。
 
エラーの原因が分かりましたので、「users」「accounts」テーブルに該当 IDのレコードを作成したところ、正しく保存することができるようになりました。
 
 
ちなみに、生の SQL文を直接実行する方法については下記に記事を書いていますので、合わせて参考にしてください。
CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3でファイルのアップロード処理を作る

CakePHPでプラグインを使わないファイルアップロード処理を解説します。簡単です。DBにファイルを格納する方法も。

CakePHP 2.3 デバッグキット(DebugKit)超初心者向けフォロー講座

CakePHP初心者に向けてデバッグキット(DebugKit)のインストール方法、はまりポイントを解説。

CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説
CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説

入力された値によってバリデーション(入力チェック)の内容を切り替える。その処理をCakePHPで実装する方法を解説。条件ごとに unset関数を使ってバリデーションを削除する、という方法を採る。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その4前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索の解説です。

CakePHP 2.3でファイルをアップロード・その2 ファイル名を乱数で設定

CakePHPのアップロードするファイル名を乱数で変更しセキュリティを高める方法を解説。

CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も

CakePHP3で Insert … On Duplicate Key Update構文(upsert)を実行する方法を解説。バルク処理の方法も用意されているため大量処理の場合も対応可能。

CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説

CakePHP3でOGPを設定する方法を解説。fetch、assignを使用しレイアウトファイルに編集した変数にテンプレートファイルから値を指定する。これを利用してOGPを編集する。

Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説

CakePHP3で Google Analytics APIからレポートデータを取得する処理の解説。PHPのサンプルソースをCakePHP3で動くように改造。加えて、ディメンションやメトリックスを条件に設定する方法なども。

CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法

CakePHP3に付属しているデバッグのためのツール、デバッグキットを強制的に有効化、無効化する方法を解説。初期設定では開発環境としてありそうなドメインの場合のみ有効になるように設定されている。

cakephp3 カスタムバリデーションを簡易的に実装する方法
cakephp3 カスタムバリデーションを簡易的に実装する方法

CakePHP3の独自のバリデーションをテーブルクラス内に簡単に記述する方法を解説。他のテーブルクラスでは使えないが、記述する量は少なく実装できるため、他で使わない処理を書くのには便利。