エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説

      2018/08/08

CakePHP3でデータベースに値を保存する save()を実行するときのログを確認する方法

 

通常の save()実行ではエラーの情報が分からない

 
CakePHP3のシェルを利用してシステムを開発している際に、データを保存する save()を実行するところでエラーが発生していました。
 
ですが、save()処理の戻り値を取得しても、エラーである「False」が帰ってきているだけで、どのようなエラーが起こっているのかが分かりませんでした。
 
 
ブラウザで表示する処理を作っているのであれば、デバッグキットを利用して、エラーの原因を探ることもできますが、今回はシェルのプログラム開発をしていましたので、デバッグキットを利用する方法も採れませんでした。
 
と言うわけで、なんとかして「save()」を実行したときのエラーログを取得する方法を探したところ、それがありました。
 
 
通常は、下記の様に保存処理を記述します。
 

 
上記の方法では、save()の戻り値は、「true:正常終了」「False:エラー終了」のどちらかです。
エラーの場合は、どのようなエラーが出ているのかを確認する方法がありません。
 
そのため、エラーを確認するためには、下記の様に変更します。
 

 
「save()」を「saveOrFail()」に変更します。
 
それを「try ... catch 文」でエラーを取得します。
 
echo $e;
を記述することで、エラーログを表示することができます。
 
上記のソースコード上ではコメントアウトしていますが、
echo $e->getEntity();
を記述すると、保存しようとしたデータの実態(エンティティ)を表示することができます。
 
エラーログと保存しようとしたデータを確認しながら、エラーの原因を探ることができます。
 
 
参考サイト
CakePHP3 Cookbook 厳密な保存
https://book.cakephp.org/3.0/ja/orm/saving-data.html#id21
 
 

Cake\ORM\Exception\PersistenceFailedException: Entity save failure (user_id: “_existsIn”, account_id: “_existsIn”).というエラーが出ていた

 
前項の対応を行ったところ、下記のエラーログが出力されました。
 

 
このエラーですが、「user_id: “_existsIn”, account_id: “_existsIn”」というところが大事なポイントです。
 
保存しようとしているデータに連携するはずの「user_id」「account_id」の値が、「users」「accounts」テーブルの中にありませんよ、というエラーです。
 
まだ開発をしている途中ですので、該当のテーブルのデータの保存の処理だけを作っていましたので、「users」「accounts」テーブルにはデータを入れていませんでした。
そのため、該当テーブル内にある「user_id」「account_id」の値がないので保存できません、というエラーでした。
 
エラーの原因が分かりましたので、「users」「accounts」テーブルに該当 IDのレコードを作成したところ、正しく保存することができるようになりました。
 
 
ちなみに、生の SQL文を直接実行する方法については下記に記事を書いていますので、合わせて参考にしてください。
CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い
CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法
VirtualBoxにCakePHP3を設置。必要なCentOS、Apache、PHP、MySQL、Composerをインストールし設定する
CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ログイン認証後にリダイレクトする先の設定方法についての解説と実運用するために必要なコツを解説。便利な仕組みも仕様の理解があって初めてうまく使いこなせる。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その4前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索の解説です。

CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応

CakePHP3のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その5入力項目に複数項目入力した場合の AND検索、OR検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で複数項目を入力した場合の AND検索、OR検索についての解説です。

CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法
CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法

CakePHP3の標準設定のタイムゾーンは「UTC(協定世界時)」に設定されている。これを日本標準時に変更する方法(app.php、bootstrap.phpの変更方法)の解説。

CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得
CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得

URLやドメイン、フォルダへのパスの取得は、ビューではUrlHelperを使い、コントローラーではRouterクラスを使います。第2引数の指定でURLを取得することも可能。

CakePHP3のcontroller内でテンプレート、レイアウトを変更する際の指定方法

CakePHP3でテンプレートファイルやレイアウトファイルをデフォルトのものから別のものに変更したい場合の指定方法を解説。

CakePHP 2.3 Model、Controllerの見たい変数の中身をログ出力

CakePHPの Modelや Controllerの変数の中身をログとして出力して見る方法を提供します。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その7queryを使って 日付の範囲検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で queryを使って日付の範囲検索の方法です。

MySQL、CakePHP 2.3で「tinyint(1)」の Boolean型の動作を再確認

MySQL+CakePHPの環境で「tinyint(1)」を利用する際の動作を検証。「tinyint(1)」の Boolean型について CakePHPでは自動処理が実施されていることを確認しました。