エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP 2.3 主キー(ID)以外のキーで更新方法 updateAll

      2017/03/10

CakePHP 2.3 主キー(ID)以外のキーで更新方法 updateAll

 

CakePHPでレコードを更新する方法・概要

 
CakePHPは非常に便利で、主キーをもとにレコードを更新する場合は、下記の記述方法で簡単に処理できます。

 
でも、主キー以外でレコードを更新する必要が出てき調べましたので、その報告です。
 
上記の saveの処理を下記の記述方法に変更することで更新処理が行えるようになります。
 

 
 


 

CakePHPでレコードを更新する方法・具体例

 
ここでは下記の「comments」テーブルを利用し、bakeで作成したプログラムソースを改変してサンプルプログラムを作成します。
通常の更新は editで行い、主キー(ID)以外の更新のための画面を edit2として作成します。
 
 
まず、サンプルで使ったテーブルの構築です。
下記の SQLを使ってください。
 
——————

——————
 
続けて、データは自身で入れていただければいいのですが、面倒な方用にサンプルです。
 
——————

——————
 
このテーブルをもとに、Bakeコマンドで Controller、Model、Viewを作成してください。
 
続けて修正対応を行います。
 
Modelは、全く修正しません。
 
Viewは、「edit.ctp」をもとに「edit2.ctp」をコピーして作成します。ファイル名は違いますが、中身は全く同じです。画面を表示した際に違いが分かるように何か追加で記述してもいいでしょう。
また、index.ctpから「edit2.ctp」にリンクを貼ります。23行目付近の「edit」へのリンクの行をコピーし「edit2」に変更するだけです。(面倒でなければ、URL直打ちでも問題ありません。)
 
修正のメインは、Controllerです。
 
/app/Controller/CommentsController.php
———————————

———————————
 
上記が Bakeで作成される「edit」関数の部分です。ここは、主キー(ID)をキーとして更新を行う処理です。
その部分をコピーして作成したものが下記の edit2の関数です。
上記の 6行目を 6行目~8行目に変更しています。
実は、変更する部分はここだけで済みます。
 
ここでは、post_idの値が同じレコードを変更対象とし、sec_codeのカラムの値を変更する指定になっています。
ちなみに、「$this->request->data[‘Comment’][‘sec_code’]」が「Comment」の画面から入力があった「sec_code」という項目の入力を取得しているものになります。
PHPの取得処理で記述すると「$_POST[‘sec_code’]」といったところでしょうか。
 
/app/Controller/CommentsController.php
———————————

———————————
 
 
続いて、更新するレコードを指定する条件を複数指定することもできます。
下記は、post_idと listの値が合致するレコードを更新する設定になっています。
arrayの値を追加していくことで検索条件の項目を増やしていくことができます。
 
———————————

———————————
 
続いて、更新するカラムを増やすこともできます。
下記は、sec_code、listのカラムの値を更新する指定になっています。
 
ちなみに、なぜだかわかりませんが、上記の様にレコードを指定する条件の方は「$this->request->data[‘Comment’][‘list’]」をクォートで囲まなくてもエラーにはなりませんでしたが、更新するカラムの値の方はシングルクォートで囲まないとエラーになってしまいましたので、下記の様にシングルクォートで囲むよう指定を行います。
これは、sec_codeは intのために数値しか入りませんが、listは varcharのためテキスト文字が入ったことでエラーになったものと思われます。
今後のトラブル回避のためには、上記の条件指定の方もシングルクォートで囲む方がいいでしょう。
 
———————————

———————————
 
また、下記のように、modifiedが「2014-04-01 00:00:00」の様に複数の項目に合致するように指定した場合は、複数のレコードが一気に更新されます。
 
———————————

———————————
 
また、条件の指定は、下記の様に不等号、等号などの条件を指定することも可能です。
 
———————————

———————————
 
 

追記・updateAllは自前でサニタイズをする必要がある

 
さらにいろいろと調べている過程で、updateAllは、自前でエスケープする必要があることが分かりました。
上記の説明で、下記の様にクォート囲む必要があると書きましたが、それだけでなくエスケープ処理も自前で行う必要があるとのことですので、下記の様にサニタイズをする必要があります。
そうしないと、入力されたデータの中に「’」などが入っているとエラーになってしまいます。
 
———————————

———————————
 
また、Sanitize::escape()を使う際には、それを呼び出しておく必要がありますので、Controllerの上の方に「App::import(‘Utility’, ‘Sanitize’);」を追記しておきましょう。
 
サニタイズのことについて、下記のサイトが参考になりました。
 http://blog.xao.jp/blog/cakephp/postscript-of-entry-about-model-updateall/

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2
CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2

CakePHP3でファイル、画像をアップロードするプラグイン、upload plugin 3を導入する手順を解説した記事。3部作のその2でバリデーションなどの実用的なカスタマイズ方法を解説。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その6ORDER、sortソートの機能

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で order、ソートについての解説です。

CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法

CakePHP3にComposerからインストールできないプラグインやライブラリなどを利用する方法、vendorにファイルを設置し、composer.jsonを更新し、それを呼び出す方法を詳細に解説。

CakePHP3でcomposerを利用してライブラリ・プラグインをインストールする方法

CakePHP3でcomposerを使ってパッケージ(ライブラリ、プラグイン)をインストールする方法の解説。PHPを使うのはCakePHP3が初めてというような方への使い方から解説。

CakePHP3のcontroller内でテンプレート、レイアウトを変更する際の指定方法

CakePHP3でテンプレートファイルやレイアウトファイルをデフォルトのものから別のものに変更したい場合の指定方法を解説。

CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応
CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応

CakePHP3で検索を担うプラグイン「friendsofcake/search」の紹介。基本的な設置方法の紹介のほか、処理の記述方法のバリエーション、エラーの解説など。CakeDC/searchより導入は簡単!

CakePHP 2.3 コマンドラインからPHPのシェル実行の方法解説

CakePHP 2.3でコマンドラインから CakePHPで記述した処理を実行する方法を解説します。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で動的に表示件数を変える方法です。

CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法
CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法

CakePHPで「CakeDC/Users」などルーティングを行うプラグインを利用するときに、favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngがNotFoundエラーになることがある。その対処方法の解説。

CakePHP 2.3 テーブルの項目を演算した結果を条件として抽出する方法

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で演算をする場合の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。分かってしまえば簡単です。