エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHPのFlashエラーは出るが入力項目ごとのメッセージが出ないエラーの原因

   

CakePHP4で画面上部のフラッシュメッセージと入力ボックスに表示されるエラーメッセージ

 
Bakeで自動生成された Edit処理のソースを元に、少しだけ処理を追加したところ、入力エラーが発生しているのに、バリデーションのメッセージ(入力エラー)が表示されない、と言う不具合がありました。
 
CakePHPのFlashエラーは出るが入力項目ごとのメッセージが出ないエラーの原因のフォーム画像
 
上記の画像の「Flashメッセージ」は表示されるのですが、「バリデーションのメッセージ」が表示されないのです。
 
 
今回のこの不具合は、バリデーションエラー(入力チェックのエラー)は発生しているものの、正常な処理によるエラー処理のため(エラーログ等は出力されないため)、不具合の原因の特定に時間がかかったのですが、同じような不具合で悩んでいる方もあるのではないか、と思い記事を書きました。
 
原因は「エラーが発生しているときにリダイレクトしているため」でした。
 
 
この記事の内容は、CakePHP3、CakePHP4でも同じように処理できます。
 
ちなみに、フラッシュエラーに関しては下記にも記事を書いていますので、参考にしてください。
CakePHP4のフラッシュメッセージの表示場所、デザインを変更する方法を解説
 
CakePHP3 フラッシュ(FlashComponent)
https://book.cakephp.org/3/ja/controllers/components/flash.html
 
CakePHP4 フラッシュ(FlashComponent)
https://book.cakephp.org/4/ja/controllers/components/flash.html
 
 

エラーが発生したときの処理でリダイレクトをしていませんか?

 
CakePHP4の入力フォームで、バリデーションエラー(入力エラー)がある場合、画面上部に表示される Flashのエラーメッセージは表示されるものの、入力エラーがある項目の下にエラーメッセージは表示されない、という不具合の一つの原因をご紹介します。
 
CakePHPのFlashエラーは出るが入力項目ごとのメッセージが出ないエラーの原因のフォーム画像
 
今回の記事は、上記の不具合の原因の一例のご紹介です。
プログラムの文法には不具合はないため、原因が分かりにくいものです。
 
 
不具合の原因は多種多様です。
ですが、この記事で紹介したような不具合もあるよ!これで解決する方が一人でもいれば!という感じで書いています。
 
 

Bakeで自動生成されるデフォルトのソースコードを元に解説

 
下記は Bakeで自動生成されたソースコードの一部です。
 

 
入力エラーが発生すると
$this->Flash->error(__('The topic could not be saved. Please, try again.'));
の処理が実行されます。
 
ここで処理されたメッセージは、レイアウト「/templates/layout/default.php」に記述されている
Flash->render() ?>
で処理されて表示されます。
 
あわせて、入力項目の
echo $this->Form->control('topics_date');
で処理されて、バリデーションエラー(入力エラー)のメッセージが入力項目の下に表示されます。
 
 

デフォルトのソースコードを元に改変したソースコード

 
今回の不具合は、デフォルトの処理を少し改変し、ログを保存する処理を追加して下記のような処理にしていました。
 
この場合、バリデーションエラー(入力エラー)があった場合、Flashのメッセージは表示されるのですが、入力項目ごとのエラーメッセージは表示されません。
 
どこが間違っているか分かりますか?
 

 
不具合の原因は、17行目の「return $this->redirect(['action' => 'edit', $id]);」の部分になります。
 
CakePHPのFlashエラーは出るが入力項目ごとのメッセージが出ないエラーの原因の処理の概要図
 
上記の処理では、バリデーションエラーが発生した場合は 17行目でリダイレクトをしていますので、表示されている画面は、入力をする前の状態の画面が再度表示されているだけですので、入力項目ごとのエラーメッセージは表示されません。
 
 
ですが、16行目の「$this->Flash->error(__($e->getMessage()));」で処理している Flashメッセージに関しては、リダイレクトをしてもメッセージを受け取って表示をしてくれるのです。
 
これはこれで便利な機能なんですが、今回のような不具合の原因につながるのです。
 
 
処理の内容を確認すれば当たり前と言えば当たり前なんですが、Flashのエラーメッセージは表示されているため、リダイレクトされていることに気づきにくいんですよね。
 
処理は正しく行われており、バリデーションのエラーメッセージが表示されていない、
という不具合だと誤認してしまうのです。
そうするとなかなか不具合の原因に行き当たらないわけです。
 
 
プログラムの不具合はないけれど、入力項目ごとのエラーメッセージが表示されない。
そんな不具合が発生したときに原因に気づくきっかけになれば、と思っています。
 
 

CakePHP4の関連記事

CakePHPのFlashエラーは出るが入力項目ごとのメッセージが出ないエラーの原因
CakePHP4のフラッシュメッセージの表示場所、デザインを変更する方法を解説
CakePHPで同一テーブル内の値を比較する条件でレコードを取得する方法
国際化と地域化の翻訳機能「__()」を使って定数に変数を埋め込む方法
CakePHP4で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
CakePHP4で公開側と管理側のデザインテンプレートを分ける方法・setLayout()
CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションエラーをmodelのにマージする方法
 
その他の「CakePHP4」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法
CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法

CakePHP3の標準設定のタイムゾーンは「UTC(協定世界時)」に設定されている。これを日本標準時に変更する方法(app.php、bootstrap.phpの変更方法)の解説。

CakePHP 2.3でファイルをアップロード・その2 ファイル名を乱数で設定

CakePHPのアップロードするファイル名を乱数で変更しセキュリティを高める方法を解説。

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。

CakePHP 2.3 Model、Controllerの見たい変数の中身をログ出力

CakePHPの Modelや Controllerの変数の中身をログとして出力して見る方法を提供します。

CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。Usersのカスタマイズとして入力項目のバリデーションの変更を、プラグインのファイルは触らずオーバーライドにより実装する方法を解説する。

CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法

CakePHP3にComposerからインストールできないプラグインやライブラリなどを利用する方法、vendorにファイルを設置し、composer.jsonを更新し、それを呼び出す方法を詳細に解説。

CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法
CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法

CakePHP3でテーブルのアソシエーションしたデータの取得をコントローラー側でINNERかLEFTを指定する方法を解説。TableファイルにINNERで指定していてもController側で変更ができる。

CakePHP 2.3 ログイン、操作履歴、アクセスログ出力

CakePHPでログインや操作履歴などのアクセスログ出力処理を作成します。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その6ORDER、sortソートの機能

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で order、ソートについての解説です。

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座