エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その7queryを使って 日付の範囲検索

      2014/06/26

Search Pluginで検索処理 設置方法 その7

 

Search Pluginで検索処理 queryを使って 日付の範囲検索

 
今回は、「’type’ => ‘query’」を使い、オリジナルの検索条件を記述して検索する方法を行います。
今回の処理は、「CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法」をベースにしていますので、そちらもご覧ください。
 
 
本当は、「Group By句」による集計の処理をやろうかと思っていましたが、Group By + sumによる集計は、集計した項目をバーチャルフィールド(virtual fields)を使って値を取得する必要があるため(バーチャルフィールドを使わなくても値を取得できないわけではないですが)、長くなりそうなので、「’type’ => ‘query’」の方を先にやってみたいと思います。 
 
 
「’type’ => ‘query’」を使うと、検索の条件を柔軟性を持って設定することができるため、もともと用意されている検索方法以外の検索方法を行いたい、と思った場合に利用できる方法です。
 
具体的な検索方法を考える際にあれこれ悩みましたが、あまりいいサンプルを思いつかず、今回の記事は、下記のサイトを参考にさせていただきました。
http://kamakurasoft.net/blog/?p=1479
 
 

Search Pluginで検索処理 queryを使って 日付の範囲検索のサンプルコード

 
まずは、Viewから。
Viewの Elementsに下記の項目を追加してください。
 
————–(/app/View/Elements/searchForm.ctp)

————–
 
「’label’=>’開始年月日(年-月-日)’,」をコメントにしていますが、labelの設定があると入力エリアのすぐ上にラベル表示がされるためにコメントにしています。
ちなみに、labelの設定がない場合は、デフォルトの設定として項目名の「start」がラベル名として表示されます。そのため、labelを消すためには「’label’=>”,」の設定が必要なようです。
 
 
続けて、Modelです。
サンプルは開始日と終了日での設定がしてありますが、ここでは面倒なので開始日しか設定していません。
 
日付の項目に関して、今回の日付項目は、「start」という項目名で設定しています。その中から、日付の「年」の項目は「$data[‘start’][‘year’]」として取得します。同じように「月」「日」は、「$data[‘start’][‘month’]」「$data[‘start’][‘day’]」として取得します。
 
私は、最初のうちはこのことがよく分からず、日付の項目の項目名は一つなのに、年月日のそれぞれの項目はどうやって取得したらいいのだろう、としばーらく悩んでいました。
分かってしまえば意外に簡単ではあるんですが...
 
————–(/app/Model/User.php)

————–
 
 
また、入力の値を再び設定する処理で、下記のように設定してみましたがうまくいかず、デフォルトの設定に戻ってしまいます。
こちらの設定方法については後日分かり次第改めて対応したいと思います。
 
————–(/app/Model/User.php)

————–
 
どなたかわかる方、教えてくださいっ!!
 
 
 
【CakePHP 2.3 Search Plugin検索処理 目次】
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その1設置方法
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その3入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その4前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その5入力項目に複数項目入力した場合の AND検索、OR検索
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その6ORDER、sortソートの機能
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その7queryを使って 日付の範囲検索

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で動的に表示件数を変える方法です。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その1設置方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの設置方法と基本的な検索処理の解説です。

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法を詳細解説。CakePHP3のインストールはComposerを使うため設定もほぼ自動で完了。データベースの接続情報を記載すればアプリ開発のベースが整う。

cakephp3 カスタムバリデーションを簡易的に実装する方法
cakephp3 カスタムバリデーションを簡易的に実装する方法

CakePHP3の独自のバリデーションをテーブルクラス内に簡単に記述する方法を解説。他のテーブルクラスでは使えないが、記述する量は少なく実装できるため、他で使わない処理を書くのには便利。

CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説
CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説

CakePHP3でバリデーションの実行を保存する時から入力情報を受け取るときに変更する処理の解説。CakePHP3ではnewEntity()の処理でバリデートするため1行追加で対応可能。

CakePHPを学ぶ際にはオブジェクト指向を学ぼう

CakePHPはオブジェクト指向で書かれていますので、CakePHPを学ぶにはオブジェクト指向も学びましょう。

CakePHP 2.3 コマンドラインからPHPのシェル実行の方法解説

CakePHP 2.3でコマンドラインから CakePHPで記述した処理を実行する方法を解説します。

CakePHP 2.3 ログイン、操作履歴、アクセスログ出力

CakePHPでログインや操作履歴などのアクセスログ出力処理を作成します。

MySQL、CakePHP 2.3で「tinyint(1)」の Boolean型の動作を再確認

MySQL+CakePHPの環境で「tinyint(1)」を利用する際の動作を検証。「tinyint(1)」の Boolean型について CakePHPでは自動処理が実施されていることを確認しました。

CakePHP 2.3でファイルのアップロード処理を作る

CakePHPでプラグインを使わないファイルアップロード処理を解説します。簡単です。DBにファイルを格納する方法も。