エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説

      2019/03/25

CakePHP3で入力された値を入力直後にバリデーションする処理

 
CakePHP3の入力チェックは、データベースに情報を保存する際にエラー処理を行っていますが、入力された値を何かしら加工をして、それから保存する場合など、あらかじめ入力チェックをしておきたい、と思う場面もあるでしょう。
 
そういう場合に、入力直後にバリデーション(入力チェック)を行う処理も用意されていますので、その処理について解説を行います。
 
 

CakePHP3で Bakeしたデフォルトの処理

 
CakePHP3で、リンクの情報を登録する「Links」というテーブルを作成し、Bakeして作成されたデフォルトの処理が下記になります。
 

 
 

CakePHP3で入力直後にバリデーションの処理を追加

 
前項の Bakeで作成されたデフォルトのプログラムに対して、6~10行目、20行目を追加することで、入力の値を受け取った直後にバリデーション処理を実施することができます。
 

 
「newEntity()」で取得する入力値のオブジェクトに対して、受け取った直後にバリデーション(入力チェック)を行う処理を追加しています。
 
 


 

CakePHP3でのバリデーション処理の詳細解説

 
細かく説明しますと、6行目の「newEntity()」の処理で、リクエストデータを設定します。
 

 
 
7行目の「$link_check->errors()」で、バリデーション処理で発生したエラーの情報を取得し、エラーがある場合は、エラー処理を行います。
 

 
これにより、入力エラーがある場合は、入力画面に戻り、画面上部にエラーメッセージを表示することができるようになります。
 
 

Tableファイルにバリデーションルールを追加

 
バリデーションのルールの詳細はまた改めて記事を書く予定ですが、バリデーションのルールを追加する場合は、Tableファイルにバリデーションルールを追加します。
下記の例では 8行目に追加しています。
この場合の「not-url」は、バリデーションのルールの名称ですので、他のルール名称とかぶっていなければ、「aaa」「bbb」などでも問題ありません。
 
※LinksTable.php

 
 

バリデーションで出力されるエラー

 
最後に、「$link_check->errors()」で取得できるエラーについてです。
取得できるエラーは以下のような形となっています。
 
エラーの出力される際にどのエラー処理なのか、その出力される項目名が、前項で解説をしたバリデーションのルールの名称となります。
 

 
 
詳細については、CakePHP3のマニュアルを参照してください。
https://book.cakephp.org/3.0/ja/core-libraries/validation.html#id13
 
 
ちなみに、ほぼ同じ内容ですが、フォームから入力された情報を保存する前にバリデーションをする記事を書きました。こちらもあわせて参考にしてください。
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
CakePHP3でCookieを保存、呼び出し、削除の操作・CakePHP3.7対応
CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい
CakePHP3のdatetime型カラムの日時の扱い。秒まで正しく表示する方法
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説
CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説

CakePHP3で定数や共通で使う変数をまとめて設定し、プログラム内で読み込む方法を、bootstrap.phpに直接記述する方法と定数ファイルを分ける方法の3つの方法で解説。

CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存する方法(hasOne、hasMany、belongsTo)

CakePHP3で関連データをまとめて保存する方法。hasOne、hasMany、belongsTo等の関連データはassociatedを追加することでまとめて保存することができます。

CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2
CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2

CakePHP3でファイル、画像をアップロードするプラグイン、upload plugin 3を導入する手順を解説した記事。3部作のその2でバリデーションなどの実用的なカスタマイズ方法を解説。

CakePHP 2.3 テーブルの項目を演算した結果を条件として抽出する方法

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で演算をする場合の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。分かってしまえば簡単です。

CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法
CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法

CakePHP3のキャッシュファイルのパーミッションエラー Error: SplFileInfo::openFile()が発生した場合の対応方法解説。app.phpにキャッシュファイルのパーミッション設定を行い、既存のファイルは削除。

CakePHP3の更新画面でUpload Plugin 3.0を使う方法、viewで使う方法解説・その3
CakePHP3の更新画面でUpload Plugin 3.0を使う方法、viewで使う方法解説・その3

CakePHP3でファイル、画像をアップロードするプラグイン、upload plugin 3を導入する手順を解説した記事。3部作のその3で記事を更新する際のファイルの取り回しなどについてを解説。

CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説
CakePHP3ログファイルへの出力・$this->log()、独自ログへの出力方法の解説

コントロール、モデルの変数の中身を見るときはログに出力する方法が有効です。$this->log()を利用すると変数だけじゃなく、連想配列、オブジェクトも簡単にログ出力ができます。

CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応
CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応

CakePHP3で検索を担うプラグイン「friendsofcake/search」の紹介。基本的な設置方法の紹介のほか、処理の記述方法のバリエーション、エラーの解説など。CakeDC/searchより導入は簡単!

CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説

CakePHP3でJavaScriptやCSSを編集する基本形から、それらやテンプレート(エレメント)を特定のテンプレートを読み込んだときのみ編集、実行するための方法、ブロック化について解説。

CakePHP3のCakeDC/Users、Authでログインなしでもアクセスを許可する設定
CakePHP3のCakeDC/Users、Authでログインなしでもアクセスを許可する設定

CakePHP3の Authコンポーネントや CakeDC/Usersプラグインなどを利用したユーザ管理・認証システムにおいて、ログインしていなくても見ることができるページの設定方法を解説。