エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説

      2019/03/25

CakePHP3で入力された値を入力直後にバリデーションする処理

 
CakePHP3の入力チェックは、データベースに情報を保存する際にエラー処理を行っていますが、入力された値を何かしら加工をして、それから保存する場合など、あらかじめ入力チェックをしておきたい、と思う場面もあるでしょう。
 
そういう場合に、入力直後にバリデーション(入力チェック)を行う処理も用意されていますので、その処理について解説を行います。
 
 

CakePHP3で Bakeしたデフォルトの処理

 
CakePHP3で、リンクの情報を登録する「Links」というテーブルを作成し、Bakeして作成されたデフォルトの処理が下記になります。
 

 
 

CakePHP3で入力直後にバリデーションの処理を追加

 
前項の Bakeで作成されたデフォルトのプログラムに対して、6~10行目、20行目を追加することで、入力の値を受け取った直後にバリデーション処理を実施することができます。
 

 
「newEntity()」で取得する入力値のオブジェクトに対して、受け取った直後にバリデーション(入力チェック)を行う処理を追加しています。
 
 


 

CakePHP3でのバリデーション処理の詳細解説

 
細かく説明しますと、6行目の「newEntity()」の処理で、リクエストデータを設定します。
 

 
 
7行目の「$link_check->errors()」で、バリデーション処理で発生したエラーの情報を取得し、エラーがある場合は、エラー処理を行います。
 

 
これにより、入力エラーがある場合は、入力画面に戻り、画面上部にエラーメッセージを表示することができるようになります。
 
 

Tableファイルにバリデーションルールを追加

 
バリデーションのルールの詳細はまた改めて記事を書く予定ですが、バリデーションのルールを追加する場合は、Tableファイルにバリデーションルールを追加します。
下記の例では 8行目に追加しています。
この場合の「not-url」は、バリデーションのルールの名称ですので、他のルール名称とかぶっていなければ、「aaa」「bbb」などでも問題ありません。
 
※LinksTable.php

 
 

バリデーションで出力されるエラー

 
最後に、「$link_check->errors()」で取得できるエラーについてです。
取得できるエラーは以下のような形となっています。
 
エラーの出力される際にどのエラー処理なのか、その出力される項目名が、前項で解説をしたバリデーションのルールの名称となります。
 

 
 
詳細については、CakePHP3のマニュアルを参照してください。
https://book.cakephp.org/3.0/ja/core-libraries/validation.html#id13
 
 
ちなみに、ほぼ同じ内容ですが、フォームから入力された情報を保存する前にバリデーションをする記事を書きました。こちらもあわせて参考にしてください。
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順

CakePHP3で「1対多」の連携を中間テーブルを利用した「多対多」の連携に変更するときの手順のまとめ。中間テーブルの設定やModelの変更などを間違いやすい箇所を指摘しながらの解説。

CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応
CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応

CakePHP3で検索を担うプラグイン「friendsofcake/search」の紹介。基本的な設置方法の紹介のほか、処理の記述方法のバリエーション、エラーの解説など。CakeDC/searchより導入は簡単!

CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2
CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2

ファイルのアップロード機能の自作サンプルコードとその解説のその2。アップロード機能に関連するファイルの更新や削除の処理や画像、フォルダのパスの指定方法などを含めて解説。

CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい
CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい

アソシエーション先のテーブルのカラムをキーにソートをしたデータを取得したい!ときの記述方法を解説。「orderAsc()」ではなく「contain()」の中にSort条件を記述する。

CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法
CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法

CakePHP3のキャッシュファイルのパーミッションエラー Error: SplFileInfo::openFile()が発生した場合の対応方法解説。app.phpにキャッシュファイルのパーミッション設定を行い、既存のファイルは削除。

CakePHP3でレコードを追加、更新(Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介

CakePHP3でレコードを追加、更新(Insert、Update)する記述方法を解説。1件ずつ処理、全件をまとめて処理、条件に該当する複数件のレコードを処理方法をサンプルコードを用いて解説。

CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う

CakePHP3では処理を高速化する手法の一つとしてキャッシュを利用している。しかし、その情報は元の情報を更新しても反映されない場合がある。そんなときはキャッシュを削除する必要がある。

CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説
CakePHP3ログファイルへの出力・$this->log()、独自ログへの出力方法の解説

コントロール、モデルの変数の中身を見るときはログに出力する方法が有効です。$this->log()を利用すると変数だけじゃなく、連想配列、オブジェクトも簡単にログ出力ができます。

CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法
CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法

CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法を解説。複数の方法があるが、getParam()メソッドを使う方法が汎用性があって便利かも。

CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説

CakePHP3で静的なページを設置する場合の方法(webrootとpagesとを活用する方法)を解説。pagesの解説はデフォルトのトップページがどう表示されているかを参考に解説。ルーティングの機能も。