エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説

      2019/03/25

CakePHP3で入力された値を入力直後にバリデーションする処理

 
CakePHP3の入力チェックは、データベースに情報を保存する際にエラー処理を行っていますが、入力された値を何かしら加工をして、それから保存する場合など、あらかじめ入力チェックをしておきたい、と思う場面もあるでしょう。
 
そういう場合に、入力直後にバリデーション(入力チェック)を行う処理も用意されていますので、その処理について解説を行います。
 
 

CakePHP3で Bakeしたデフォルトの処理

 
CakePHP3で、リンクの情報を登録する「Links」というテーブルを作成し、Bakeして作成されたデフォルトの処理が下記になります。
 

 
 

CakePHP3で入力直後にバリデーションの処理を追加

 
前項の Bakeで作成されたデフォルトのプログラムに対して、6~10行目、20行目を追加することで、入力の値を受け取った直後にバリデーション処理を実施することができます。
 

 
「newEntity()」で取得する入力値のオブジェクトに対して、受け取った直後にバリデーション(入力チェック)を行う処理を追加しています。
 
 


 

CakePHP3でのバリデーション処理の詳細解説

 
細かく説明しますと、6行目の「newEntity()」の処理で、リクエストデータを設定します。
 

 
 
7行目の「$link_check->errors()」で、バリデーション処理で発生したエラーの情報を取得し、エラーがある場合は、エラー処理を行います。
 

 
これにより、入力エラーがある場合は、入力画面に戻り、画面上部にエラーメッセージを表示することができるようになります。
 
 

Tableファイルにバリデーションルールを追加

 
バリデーションのルールの詳細はまた改めて記事を書く予定ですが、バリデーションのルールを追加する場合は、Tableファイルにバリデーションルールを追加します。
下記の例では 8行目に追加しています。
この場合の「not-url」は、バリデーションのルールの名称ですので、他のルール名称とかぶっていなければ、「aaa」「bbb」などでも問題ありません。
 
※LinksTable.php

 
 

バリデーションで出力されるエラー

 
最後に、「$link_check->errors()」で取得できるエラーについてです。
取得できるエラーは以下のような形となっています。
 
エラーの出力される際にどのエラー処理なのか、その出力される項目名が、前項で解説をしたバリデーションのルールの名称となります。
 

 
 
詳細については、CakePHP3のマニュアルを参照してください。
https://book.cakephp.org/3.0/ja/core-libraries/validation.html#id13
 
 
ちなみに、ほぼ同じ内容ですが、フォームから入力された情報を保存する前にバリデーションをする記事を書きました。こちらもあわせて参考にしてください。
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する

CakePHP3のkeywordsとdescriptionを設定する方法の解説。CakePHP3にはmetaタグを編集するHTMLヘルパーが用意されているためそれを利用すればOK!ポイントはブロック化を有効にすること。

CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説
CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説

CakePHP3で定数や共通で使う変数をまとめて設定し、プログラム内で読み込む方法を、bootstrap.phpに直接記述する方法と定数ファイルを分ける方法の3つの方法で解説。

CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2
CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2

ファイルのアップロード機能の自作サンプルコードとその解説のその2。アップロード機能に関連するファイルの更新や削除の処理や画像、フォルダのパスの指定方法などを含めて解説。

CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説
CakePHP3ログファイルへの出力・$this->log()、独自ログへの出力方法の解説

コントロール、モデルの変数の中身を見るときはログに出力する方法が有効です。$this->log()を利用すると変数だけじゃなく、連想配列、オブジェクトも簡単にログ出力ができます。

CakePHP3のインストールでURL rewriting......のエラーが!その解決方法解説
CakePHP3のインストールでURL rewriting……のエラーが!その解決方法解説

CakePHP3をインストールしたら URL rewriting is not properly configured.のエラーが。原因は.htaccessが有効になっていないこと。httpd.confに設定を追加すればOK。

CakePHP 2.3 デバッグキット(DebugKit)超初心者向けフォロー講座

CakePHP初心者に向けてデバッグキット(DebugKit)のインストール方法、はまりポイントを解説。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その4前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索の解説です。

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。

CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説
CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説

WYSIWYGエディタであるCKEditor4をCDNを利用して簡単にCakePHP3に導入する方法とカスタマイズする方法を解説。CakePHP3にはページごとの振り分けを行うブロック化を利用する。

CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説・3.6以降対応

CakePHP3のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。