エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説

   

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法

 

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法の解説

 
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法の解説です。
 
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする場合は、下記の様にバージョンを指定してインストールを行います。
 

 
 

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする必要がある場面

 
CakePHP3で会員管理システムの開発を行う機会がありました。
 
その際、CakePHP3で会員管理システムと言えば、CakeDCが提供するプラグイン「CakeDC/Usersプラグイン」がありますので、この「CakeDC/Usersプラグイン」を使って会員管理システムを構築しようと思いました。
 
ですが、「CakeDC/Usersプラグイン」は CakeDCが作っているとはいえ、CakePHP3のバージョンアップと同時にバージョンアップはしていきませんので、CakePHP3の最新版をインストールした場合は、「CakeDC/Usersプラグイン」が使えない、という状況になることが多々あります。
 
その場合、「CakeDC/Usersプラグイン」が最新バージョンに対応するまで待つという方法もありますが、一般的には「CakeDC/Usersプラグイン」が対応している CakePHP3のバージョンに合わせてインストールをする、という選択をするでしょう。
 
そんなわけで、CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法が必要になったわけです。
 
 
その他にも、本番で稼働しているサイトの開発環境を構築するため、本番と同じバージョンの CakePHP3をインストールする、という場合などにも必要になってくるでしょう。
 
 

CakePHP3のインストール手順

 
最初に CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法を解説しましたが、CakePHP3をインストールする方法について、改めて書いておきます。
 
CakePHP3公式サイト インストール
https://book.cakephp.org/3.0/ja/installation.html
 
 

Composerのインストール

 
CakePHP3は、Composerを使ってインストールを行います。
そのため、Composerをインストールする必要があります。
 
Composerは、PHPのパッケージ管理システムで、ライブラリなどのパッケージをインストールする際に、コマンド一つで関連するパッケージも含めてインストールしてくれるシステムです。
 
 
Composerをインストールする方法については、下記のサイトなどが参考になるかと思います。
https://weblabo.oscasierra.net/php-composer-windows-install/
https://qiita.com/ozawan/items/caf6e7ddec7c6b31f01e
 
 

CakePHP3を Composerを使ってインストール

 
前項でインストールした Composerを使って、CakePHP3をインストールします。
 
インストールする際に使用するコマンドは、最初に解説した下記になります。
 

 
「[my_app_name]」は、作成するサイトのフォルダ名になります。
コマンドを実行したフォルダの中に「[my_app_name]」のフォルダ名でフォルダが作成され、その中に CakePHP3がインストールされます。
 
実行中に、下記の質問をされますので、通所は「Y」を入力しておきましょう。
 

 
 
インストールには数分程度かかりますが、待つだけでインストールが完了します。
 
 

動作確認

 
インストールが完了したら動作確認を行います。
 
不具合がある場合や、違うバージョンをインストールし直す場合などで、インストールした CakePHP3を削除したい場合は、フォルダごと削除すれば OKです。
 
 

データベースの接続

 
Composerを使ってインストールするようになりましたので、CakePHP3を使うために必要なのセットアップの大半は自動化されて、ほぼ何もせずに利用することができます。
 
一つだけ対応する必要がありますが、それはデータベースへの接続情報の設定です。
 
 
データベースの設定情報は、
 /config/app.php
にあります。
 
この「app.php」の 220行目辺りからがデータベースの設定情報です。
下記の情報などを設定しましょう。
 

 
ちなみに、ポート番号の指定は、「port」に値を指定せずに、下記の様に「host」に指定してしまうことも可能です。
 

 
 

CakePHP3のシステム要件

 
最後に CakePHP3を利用するためのシステム要件も記載しておきます。
 

  • HTTP サーバー。例: Apache。mod_rewrite が推奨されますが、必須ではありません。
  • PHP 5.6.0 以上(PHP 7.1 も含む)
  • mbstring PHP 拡張
  • intl PHP 拡張
  • simplexml PHP 拡張

 
公式サイトにも書いてありますが、Webサーバは Apacheだけでなく、nginxや lighttpd、Microsoft IISでも動作します。
また、XAMPPでも動作します。
 
 
データベースは必須ではありませんが、使う場合は下記の条件を満たすものが求められます。
 

  • MySQL(5.1.10 以上)
  • PostgreSQL
  • Microsoft SQL Server(2008 以上)
  • SQLite 3

 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3のCakeDC/Usersでログインユーザの所有レコードのみ更新、削除する権限管理の設定方法
CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法
CakePHP3にデザインテンプレートBootstrapを導入する方法・friendsofcake/bootstrap-ui使用
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2
CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2

ファイルのアップロード機能の自作サンプルコードとその解説のその2。アップロード機能に関連するファイルの更新や削除の処理や画像、フォルダのパスの指定方法などを含めて解説。

CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法

CakePHP3に付属しているデバッグのためのツール、デバッグキットを強制的に有効化、無効化する方法を解説。初期設定では開発環境としてありそうなドメインの場合のみ有効になるように設定されている。

CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説
CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説

CakePHP3からメールを送信する方法解説。基本的な記述方法を基にして、テンプレートを使う方法、ファイルを添付する方法へと拡張しながら解説。

CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説
CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説

入力された値によってバリデーション(入力チェック)の内容を切り替える。その処理をCakePHPで実装する方法を解説。条件ごとに unset関数を使ってバリデーションを削除する、という方法を採る。

CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。Usersのカスタマイズとして入力項目のバリデーションの変更を、プラグインのファイルは触らずオーバーライドにより実装する方法を解説する。

CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説

CakePHP3で静的なページを設置する場合の方法(webrootとpagesとを活用する方法)を解説。pagesの解説はデフォルトのトップページがどう表示されているかを参考に解説。ルーティングの機能も。

CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説

CakePHP3でデータ保存処理のログを取得する方法。save()では true、falseの戻り値しか取得できないが、saveOrFail()と try…catch文を使いエラーログ、エンティティを取得し、不具合の解析を行う。

CakePHP3のインストールでURL rewriting......のエラーが!その解決方法解説
CakePHP3のインストールでURL rewriting……のエラーが!その解決方法解説

CakePHP3をインストールしたら URL rewriting is not properly configured.のエラーが。原因は.htaccessが有効になっていないこと。httpd.confに設定を追加すればOK。

CakePHP 2.3 Model、Controllerの見たい変数の中身をログ出力

CakePHPの Modelや Controllerの変数の中身をログとして出力して見る方法を提供します。

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法

CakePHP3でデータベースに値を保存する前にバリデーションを行い、その結果によって処理を振り分ける方法について解説。「$topic->errors()」と「$topic->hasErrors()」の2つの方法がある。