エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3、CakePHP4のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説

      2022/03/31

CakePHP3、CakePHP4のバージョンを指定してインストールする方法

 

CakePHP3、CakePHP4のバージョンを指定してインストールする方法の解説

 
CakePHP3、CakePHP4のバージョンを指定してインストールする方法の解説です。
 
CakePHP3、CakePHP4のバージョンを指定してインストールする場合は、下記の様にバージョンを指定してインストールを行います。
(この記事は、CakePHP3の記事として書きましたが、CakePHP4でも同様に動作することを確認しました。「CakePHP3」を「CakePHP4」と読み替えていただいて問題ありません。)
 

 
 

CakePHP3、CakePHP4のバージョンを指定してインストールする必要がある場面

 
CakePHP3で会員管理システムの開発を行う機会がありました。
 
その際、CakePHP3で会員管理システムと言えば、CakeDCが提供するプラグイン「CakeDC/Usersプラグイン」がありますので、この「CakeDC/Usersプラグイン」を使って会員管理システムを構築しようと思いました。
 
ですが、「CakeDC/Usersプラグイン」は CakeDCが作っているとはいえ、CakePHP3のバージョンアップと同時にバージョンアップはしていきませんので、CakePHP3の最新版をインストールした場合は、「CakeDC/Usersプラグイン」が使えない、という状況になることが多々あります。
 
その場合、「CakeDC/Usersプラグイン」が最新バージョンに対応するまで待つという方法もありますが、一般的には「CakeDC/Usersプラグイン」が対応している CakePHP3のバージョンに合わせてインストールをする、という選択をするでしょう。
 
そんなわけで、CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法が必要になったわけです。
 
 
その他にも、本番で稼働しているサイトの開発環境を構築するため、本番と同じバージョンの CakePHP3をインストールする、という場合などにも必要になってくるでしょう。
 
 

CakePHP3、CakePHP4のインストール手順

 
最初に CakePHP3、CakePHP4のバージョンを指定してインストールする方法を解説しましたが、CakePHP3、CakePHP4をインストールする方法について、改めて書いておきます。
 
CakePHP3公式サイト インストール
https://book.cakephp.org/3.0/ja/installation.html
 
CakePHP3公式サイト インストール
https://book.cakephp.org/4/ja/installation.html
 

Composerのインストール

 
CakePHP3、CakePHP4は、Composerを使ってインストールを行います。
そのため、Composerをインストールする必要があります。
 
Composerは、PHPのパッケージ管理システムで、ライブラリなどのパッケージをインストールする際に、コマンド一つで関連するパッケージも含めてインストールしてくれるシステムです。
 
 
Composerをインストールする方法については、下記のサイトなどが参考になるかと思います。
https://weblabo.oscasierra.net/php-composer-windows-install/
https://qiita.com/ozawan/items/caf6e7ddec7c6b31f01e
 
 

CakePHP3、CakePHP4を Composerを使ってインストール

 
前項でインストールした Composerを使って、CakePHP3、CakePHP4をインストールします。
 
インストールする際に使用するコマンドは、最初に解説した下記になります。
 

 
「[my_app_name]」は、作成するサイトのフォルダ名になります。
コマンドを実行したフォルダの中に「[my_app_name]」のフォルダ名でフォルダが作成され、その中に CakePHP3がインストールされます。
 
実行中に、下記の質問をされますので、通所は「Y」を入力しておきましょう。
 

 
 
インストールには数分程度かかりますが、待つだけでインストールが完了します。
 
 

動作確認

 
インストールが完了したら動作確認を行います。
 
不具合がある場合や、違うバージョンをインストールし直す場合などで、インストールした CakePHP3、CakePHP4を削除したい場合は、フォルダごと削除すれば OKです。
 
 

データベースの接続

 
Composerを使ってインストールするようになりましたので、CakePHP3、CakePHP4を使うために必要なのセットアップの大半は自動化されて、ほぼ何もせずに利用することができます。
 
一つだけ対応する必要がありますが、それはデータベースへの接続情報の設定です。
 
 
CakePHP3系のデータベースの設定情報は、
 /config/app.php
にあります。
この「app.php」の 220行目辺りからがデータベースの設定情報です。
 
CakePHP4系のデータベースの設定情報は、
 /config/app_local.php
にあります。
この「app_local.php」の 37行目辺りからがデータベースの設定情報です。
 
 
設定する内容は下記の情報で、設定する情報は CakePHP3でも CakePHP4でも違いはありません。
 

 
ちなみに、ポート番号の指定は、「port」に値を指定せずに、下記の様に「host」に指定してしまうことも可能です。
 

 
 

CakePHP3のシステム要件

 
最後に CakePHP3を利用するためのシステム要件も記載しておきます。
 

  • HTTP サーバー。例: Apache。mod_rewrite が推奨されますが、必須ではありません。
  • PHP 5.6.0 以上(PHP 7.1 も含む)
  • mbstring PHP 拡張
  • intl PHP 拡張
  • simplexml PHP 拡張

 
公式サイトにも書いてありますが、Webサーバは Apacheだけでなく、nginxや lighttpd、Microsoft IISでも動作します。
また、XAMPPでも動作します。
 
 
データベースは必須ではありませんが、使う場合は下記の条件を満たすものが求められます。
 

  • MySQL(5.1.10 以上)
  • PostgreSQL
  • Microsoft SQL Server(2008 以上)
  • SQLite 3

 
 

CakePHP4のシステム要件

 
最後に CakePHP4を利用するためのシステム要件も記載しておきます。
 

  • HTTP サーバー。例: Apache。mod_rewrite が推奨されますが、必須ではありません。
  • PHP 7.2 以上(PHP 8.1 も含む)
  • mbstring PHP 拡張
  • intl PHP 拡張
  • simplexml PHP 拡張
  • PDO PHP 拡張

 
公式サイトにも書いてありますが、Webサーバは Apacheだけでなく、nginxや lighttpd、Microsoft IISでも動作します。
また、XAMPPでも動作します。
 
 
データベースは必須ではありませんが、使う場合は下記の条件を満たすものが求められます。
 

  • MySQL(5.6 以上)
  • MariaDB(5.6 以上)
  • PostgreSQL(9.4 以上)
  • Microsoft SQL Server(2012 以上)
  • SQLite 3

 
「組み込みのドライバーは全て PDO を必要とします。」と言うことですので、「PDO PHP拡張モジュール」をインストールする必要があるようです。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP4のCSS、JavaScript、画像のブラウザへのキャッシュをコントロールする
CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
CakePHP4で公開側と管理側のデザインテンプレートを分ける方法・setLayout()
CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションエラーをmodelのにマージする方法
CakePHP4で「app_local.php」「.env」を利用して環境ごとの定数を振り分ける方法
CakePHP4の定数定義ファイルを環境変数によって本番と開発を振り分ける方法解説
CakePHP4で定数の設定と呼び出し方法の解説(defineとConfigure)
CakePHP4のCakeDC/Usersのログイン時のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説
CakePHP4のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説
 
その他の「CakePHP4」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x ,

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3にデザインテンプレートBootstrapを導入する方法・friendsofcake/bootstrap-ui使用
CakePHP3にデザインテンプレートBootstrapを導入する方法・friendsofcake/bootstrap-ui使用

CakePHP3にプラグイン「friendsofcake/bootstrap-ui」、デザインテンプレート「Bootstrap」を設置する手順を解説。Bootstrapの簡単な使い方やデフォルトのデザインとの混在方法なども解説。

VirtualBoxにCakePHP3を設置。必要なCentOS、Apache、PHP、MySQL、Composerをインストールし設定する。
VirtualBoxにCakePHP3を設置。必要なCentOS、Apache、PHP、MySQL、Composerをインストールし設定する

VirtualBoxにCentOS、Apache、MySQL、PHPをインストールするところから初めてCakePHP3の開発環境を構築する手順を詳細解説。この記事1つで全ての設定が完了する。

CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説
CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説

CakePHP3からメールを送信する方法解説。基本的な記述方法を基にして、テンプレートを使う方法、ファイルを添付する方法へと拡張しながら解説。

CakePHP4で「app_local.php」「.env」を利用して環境ごとの定数を振り分ける方法
CakePHP4で「app_local.php」「.env」を利用して環境ごとの定数を振り分ける方法

CakePHP4で.env、app_local.phpに定数を定義してそれを呼び出す方法の解説。Gitでは管理せず本番環境と開発環境とで異なる定数を定義するためそれを利用する方法。

CakePHP4のCSS、JavaScript、画像のブラウザへのキャッシュをコントロールする
CakePHP4のCSS、JavaScript、画像のブラウザへのキャッシュをコントロールする

CakePHP4、CakePHP3でブラウザにキャッシュさせる設定の解説。CSS、JavaScript、画像をブラウザにキャッシュさせるのか、定期的にリロードする設定にするのかの設定が可能。

CakePHP3でテーブルにカラムを追加したときに変更するポイントのまとめ
CakePHP3でテーブルにカラム(項目)を追加したときに変更するポイントのまとめ

CakePHP3でシステム開発をする際、途中でカラムを追加した場合に何を変更すればいいかを確認。カラムを追加する前後で Bakeした結果を比較し、変更になった点をリストアップした。

CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法

CakePHP3に付属しているデバッグのためのツール、デバッグキットを強制的に有効化、無効化する方法を解説。初期設定では開発環境としてありそうなドメインの場合のみ有効になるように設定されている。

CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説

CakePHP3でCSVファイルをアップロードしレコードを追加、更新する処理の作成方法の解説。モデルとは直接関連しないフォームからCSVファイルをアップロードするため汎用的に使用可能。

CakePHP4のCakeDC/Usersのログイン時のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説
CakePHP4のCakeDC/Usersのログイン時のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説

CakeDC謹製UsersプラグインのCakePHP4版の紹介。ログイン認証後にリダイレクトする先の設定方法についての解説と実運用するために必要なコツを解説。便利な仕組みも仕様の理解があって初めてうまく使いこなせる。

CakePHP3のプラグイン「CakeDC/Users」を日本語化・翻訳ファイルもダウンロード可
CakePHP3のプラグイン「CakeDC/Users」を日本語化・翻訳ファイルもダウンロード可

CakePHP3のユーザ管理、ログイン認証プラグインである「CakeDC/Users」のメッセージを日本語にする手順の解説とともに、日本語の翻訳ファイルを提供。ファイルを設置すれば日本語になる!