エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説

      2017/12/09

CakePHP3に「jQuery UI DatePicker」を実装

 

CakePHP3に「jQuery UI DatePicker」を実装する手順解説の前置き

 
日付を入力する項目に、カレンダーから日付を選択して日付を入力するインターフェイスを提供する「デイトピッカー」。
 
これを CakePHP3の入力画面に実装したい!ということで、その手順を解説します。
 
ちなみに、この記事では「jQuery UI DatePicker」を実装します。
 
 
実装するテーブルは「Topics」、
項目名は「topics_date」です。
 
「Topics」という「お知らせ」を入力する CMSの日付を入力する項目に、デイトピッカーを導入する、という想定です。
 
【Before】
01_CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
 
【After】
02_CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
 
 
jQuery UIの DatePickerは、以下のページにあります。
 http://jqueryui.com/datepicker/
 
 

CakePHP3に「jQuery UI DatePicker」を実装する手順

 

1.add.ctp、edit.ctpに DatePickerの処理を記述

 
まず最初に、DatePickerに関連する処理を記述します。
 
記述する対象ファイルは、以下です。
 /src/Template/Topics/add.ctp
 /src/Template/Topics/edit.ctp
 
下記のソースコードを追記します。
追記する箇所は、ファイルのどこでも OKですが、個人的には分かりやすさを優先して、ファイルの先頭に追記しています。
 

 
 
また、実際にデイトピッカーを導入する項目である「topics_date」に、「ID」を設定します。
 

 
加えて、入力形式を「text」にして、ラベルを「日付」にする設定を加えています。
 
CakePHP3の FormHelperに関しては「CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ」に記事を書いていますので、あわせて参照してください。
 
 

2.default.ctpに jQueryを読み込む設定を記述

 
続けて、default.ctpに jQueryを読み込む設定を記述します。
 
記述する対象ファイルは、以下です。
 /src/Template/Layout/default.ctp
 
下記のソースコードを追記します。
追記する場所は、「<head>~</head>」の間です。
 

 
とはいえ、この記述は、CakePHP3のデフォルトテンプレートにはあらかじめ記述されていますので、すでに記述されている場合は「default.ctp」を変更する必要はありません。
 
 
これだけで、デイトピッカーを導入することができます!
controllerなどを修正する必要はありません。
 
 
詳細な解説をしていませんが、上記のサンプルの通りの処理を書くことで、JavaScriptはブロック化の処理によって、指定のページだけで読み込まれて実行されるようになります。
ブロック化の処理についての解説は「CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説」に記載しましたので、あわせてご確認ください。
 
 

jQuery UIのライブラリ、および、DatePickerのスクリプトを default.ctpに直接読み込む場合

 
前項の説明は、「add.ctp」「edit.ctp」にブロック化したスクリプトを記述し、それを「default.ctp」で読み込む、という処理になっています。
 
ですが、ほとんどのページで「DatePicker」を使うため、直接「default.ctp」に書きたい、という場合は、「default.ctp」に下記の処理を追記します。
 

 
「,[‘block’ => true])」の部分がなくなっていますが、それ以外は同じになります。
 
 

CakePHP3に実装した「jQuery UI DatePicker」のカスタマイズ、および、詳細解説

 
「jQuery UI DatePicker」の導入そのものは、上記に書いた箇所を追記することで実装することは可能です。
 
ただ、もう少し便利に使うため、理解を深めるために、カスタマイズの方法と実装方法の詳細解説を行います。
 
 

jQueryをダウンロードして利用する

 
先にも書いていた下記のサンプルソースは、「jquery.com」にある jQueryのライブラリをそのまま利用することを想定しています。
 
記述する対象ファイルは、以下です。
 /src/Template/Topics/add.ctp
 /src/Template/Topics/edit.ctp
 

 
 
ですが、jQueryのライブラリをダウンロードしてサーバ内に設置したい場合は、下記の様に記述します。
 

 
ダウンロードした jQueryのライブラリは「/webroot/js」の中に入れます。
 
 
もし、「/webroot/js」とは違う場所に入れたい場合は、下記の様にパスも含めて記述します。
 

 
 
HtmlHelperの詳細は、下記のオフィシャルサイトを参照してください。
https://book.cakephp.org/3.0/ja/views/helpers/html.html#javascript
 
 
ちなみに、HtmlHelperを利用する理由は、環境が変わった時にも柔軟に対応できるようにするためです。
そのため、「まずは動作させたい」という場合などは、下記の様に直接記述する方法でも問題ありません。
 

 
 

デイトピッカーのテーマ(カラー)を変更する

 
デイトピッカーだけではありませんが、jQuery UIにはあらかじめテーマが用意されています。
 
先に紹介した、下記のサンプルソースは「base」というテーマを使用しています。
下記の URL内にある「base」がテーマの指定です。
 
記述する対象ファイルは、以下です。
 /src/Template/Topics/add.ctp
 /src/Template/Topics/edit.ctp
 

 
 
これをサイトのデザインにあったものに変更したい場合は、下記の jQueryのテーマのページからテーマの名前を確認します。
http://jqueryui.com/themeroller/
 
03_CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
 
このテーマのリストの中から「UI lightness」を選択する場合は、大文字を小文字にして、スペースを「-(ハイフン)」でつないだ「ui-lightness」を指定します。
 

 
 
「Roll Your Own」を利用すれば、より自由なデザインを実装することも可能です。
 
 

jQuery UI DatePickerのカレンダーの表示を日本語化する

 
jQuery UI DatePickerのカレンダーの表示は、デフォルトでは英語表記です。
これは、前項のテーマを変更しても変わりません。
 
というわけで、カレンダーを日本語化する方法の解説です。
 
まず、下記のサイト(公式の GitHubリポジトリ)から日本語化ファイル「datepicker-ja.js」をダウンロードします。
https://github.com/jquery/jquery-ui/blob/master/ui/i18n/datepicker-ja.js
 
画面の「Raw」のリンクを右クリックして、ファイルに保存すれば OKです。
 
ダウンロードしたファイルは「/webroot/js」の中に入れます。
 
そして、ファイルを呼び出す処理を記述します。
 
記述する対象ファイルは、以下です。
 /src/Template/Topics/add.ctp
 /src/Template/Topics/edit.ctp
 
下記のソースコードを追記します。
 

 
これで、下記の様に日本語になります。
04_CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
 
 

選択した日付の表記を「2017/12/24」に変更する

 
jQuery UI DatePickerで、カレンダーを選択した場合のデフォルトの表記は「12/24/2017」のようになっています。
 
これを日本で一般的な表記である「2017/12/24」「2017-12-24」の表記にするには、下記の様に記述します。
 
記述する対象ファイルは、以下です。
 /src/Template/Topics/add.ctp
 /src/Template/Topics/edit.ctp
 

 
最初のサンプルとは 3~5行目が変更されています。
上記では「2017/12/24」の表記になりますが、他の表記を希望する場合は 4行目の記述の部分を変更してみてください。
 
 
ちなみに、前の項目の日本語化スクリプトを利用している場合は、日本語化処理の中で「2017/12/24」の表記になりますので、このカスタマイズは必要なくなります。
 
 

更新画面で表示される日付の表記「2017/12/24」に変更する

 
カレンダーを選択した際に表示される表記を変更する方法は、前項で説明したとおりです。
 
ですが、それだけでは更新画面で画面を表示した際に表示される表記は「12/24/17」のようになっています。
 
これを「2017/12/24」のように変更する方法です。
 
下記の 2つの方法は、デイトピッカーとは関係なく、また、無理やり感がある方法ですので、もっとスマートな方法もあるように感じます。
もしくは、JavaScriptで置換する方法も採れるであろうと思います。
 
記述する対象ファイルは、以下です。
 /src/Template/Topics/edit.ctp
 

 

 
CakePHP3で日付項目のフォーマットを指定する方法は、下記に解説がしてあります。
https://book.cakephp.org/3.0/ja/core-libraries/time.html#id3
 
 

その他の、jQuery UI DatePickerのカスタマイズ方法

 
その他の、jQuery UI DatePickerのカスタマイズ方法、例えば、

  • 表示するカレンダーを当月分だけではなく、2カ月、3カ月と増やす方法
  • 選択できる日付を制限する方法
  • 年、月の選択をプルダウンで選択できるようにする方法

など、より望んでいるインターフェイスに変更する方法は、下記にまとめましたので、あわせて参考にしてください。
jQuery UI DatePickerの導入の方法。および、カスタマイズ方法の解説
jQuery UI DatePickerに時間を入力できる機能を追加する方法解説
 
 

CakePHP3のブロック化を利用した WYSIWYGエディタの導入方法

 
入力フォームに導入する仕組みとして、デイトピッカーと同じくらいの頻度で導入することがある WYSIWYGエディタについても記事を書いています。
CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説
 
ここで解説をしたブロック化の仕組みを利用した導入方法の解説です。
 
また、WYSIWYGエディタとしては、CKEditor4、CKEditor5を利用して解説をしています。
そもそもの CKEditor4、CKEditor5の導入方法、カスタマイズの方法については下記の記事を参考にしてください。
WYSIWYGエディタのCKEditor 4を設置、カスタマイズ、日本語化の方法を解説
WYSIWYGエディタのCKEditor 5を設置、カスタマイズ、日本語化の方法を解説
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
CakePHP3の更新画面でUpload Plugin 3.0を使う方法、viewで使う方法解説・その3
CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2
CakePHP3の画像、ファイルアップロードプラグインUpload Plugin 3.0の設置解説・その1
CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法
CakePHP3チュートリアルで日付と時刻のDateTimeでエラーが出たときの対処方法
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でcomposerを利用してライブラリ・プラグインをインストールする方法

CakePHP3でcomposerを使ってパッケージ(ライブラリ、プラグイン)をインストールする方法の解説。PHPを使うのはCakePHP3が初めてというような方への使い方から解説。

CakePHP 2.3 テーブルの項目を演算した結果を条件として抽出する方法

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で演算をする場合の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。分かってしまえば簡単です。

CakePHP 2.3 コマンドラインからPHPのシェル実行の方法解説

CakePHP 2.3でコマンドラインから CakePHPで記述した処理を実行する方法を解説します。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その7queryを使って 日付の範囲検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で queryを使って日付の範囲検索の方法です。

CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説

CakePHP3でJavaScriptやCSSを編集する基本形から、それらやテンプレート(エレメント)を特定のテンプレートを読み込んだときのみ編集、実行するための方法、ブロック化について解説。

CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応

CakePHP3のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。

CakePHP 2.3で PDFを作成する方法を調査「mpdf」「TCPDF」「FPDF」

CakePHPで PDFを編集、出力するには「mpdf」「TCPDF」「FPDF」といったプラグインがあり、使い勝手を比較検討しました。TCPDFが一番良さそうでした。

CakePHP3のインストールでURL rewriting......のエラーが!その解決方法解説
CakePHP3のインストールでURL rewriting……のエラーが!その解決方法解説

CakePHP3をインストールしたら URL rewriting is not properly configured.のエラーが。原因は.htaccessが有効になっていないこと。httpd.confに設定を追加すればOK。

CakePHP 2.3 主キー(ID)以外のキーで更新方法 updateAll

主キー(ID)以外のカラムをキーとして更新する方法、updateAllの使い方をサンプルを用いて解説します。

CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存する方法(hasOne、hasMany、belongsTo)

CakePHP3で関連データをまとめて保存する方法。hasOne、hasMany、belongsTo等の関連データはassociatedを追加することでまとめて保存することができます。