エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説

      2019/09/28

CakePHP3でページごとに必要となる処理や変数などを編集する処理

 
前回の記事「CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定」では、あらかじめ用意されている HTMLヘルパーを利用して OGPを設定しました。
 
HTMLヘルパーは便利なのでこれを利用しない理由はありませんので、実際に実装する場合は HTMLヘルパーを利用する方法を使用してください。
ですが、今回の記事は、同じことを「fetch()」「assign()」を利用して実装することもできます、という実験的な内容の記事になります。
 
 
この方法は下記の記事で書いている「fetch()」「assign()」を利用する方法です。
CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法
 
この仕組は、下記の記事に書いている、JavaScriptや CSSを使用するページごとに指定する方法などにも活用することができます。
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
 
いずれの処理も、レイアウトファイルに変数を指定しておき、各ページのテンプレートファイル側でそのレイアウトファイルの変数に埋め込む変数の値を指定する、という仕組みです。
 
 

CakePHP3で OGPを設定する具体的な設定方法

 
それでは、以下はサンプルソースを利用した具体的な設定方法を解説していきます。
 
 

レイアウトファイル default.ctpを編集

 
まず最初は、レイアウトファイル「default.ctp」を編集します。
 
パス付きのファイルは以下になります。
/src/Template/Layout/default.ctp
 

 
17行目の「$this->fetch('ogp')」を追記します。
追記した箇所に OGPのタグが編集されます。
 
 

各ページのテンプレートファイル view.ctpを編集

 
各テンプレート側では、OGPのタグとそのタグに編集する変数を指定します。
 
パス付きのファイル名は以下になります。
/src/Template/Topics/view.ctp
 
 
「fetch(‘ogp’)」で指定した箇所に編集する値は、「assign(“ogp”, “値”)」という形式で指定します。
ここではサンプルとして、URLだけを変数で指定しています。
 

 
 
ただ、上記の方法ではやや見にくいため、下記のように「assign」を使わず「start」~「end」で指定する方法もあります。
 

 
これで、ページごとの OGPを設定することができます。
 
 
ちなみに、サンプルソース中に出てくる「Topics」は、「お知らせ情報」が入っているテーブルで、テーブルレイアウトは「CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法」の記事にあるような内容を想定してください。
 
 

OGPの部分をエレメントとして別ファイルにする方法

 
先に解説した内容でも OGPとして機能はしますが、いくつものテンプレートに同じ内容を記述する必要があり、メンテナンス性が高くありませんので、OGPの部分はエレメント(パーツ)として別ファイルとして管理したほうが便利でしょう。
 
 

OGPのタグをエレメントファイル ogpElement.ctpとして編集

 
まず最初に、OGPとして記述する内容をエレメントとして取り出します。
 
生成するファイルのパス付きファイル名は以下になります。
/src/Template/Element/ogpElement.ctp
 
そこに下記の内容を記述します。
 

 
ここでは「og:title」「og:url」「og:description」を変数としていますが、実際に設定する場合は「og:type」「og:image」も変数として指定する必要があります。
 
 

テンプレートファイル view.ctpの変更

 
そして、各ページのテンプレート側は下記のように修正します。
 
パス付きのファイル名は以下になります。
/src/Template/Topics/view.ctp
 

 
先程作成したエレメントファイルを「$this->element()」で読み込みます。
 
1つ目のパラメーターが、エレメントのファイル名になります。
2つ目のパラメーターが、エレメントに渡す変数を指定箇所になります。配列で指定できますので、必要に応じていくつでも指定することができます。
 
 

サイト全体に共通する処理をページごとに切り替える処理

 
今回は、サイト全体に共通して指定をする必要はあるものの、ページごとにそれぞれ違うテキストを切り替えて編集していく必要がある metaタグの一種である OGPを指定する方法を解説しました。
 
 
同じような考え方をする仕組みとして、下記の記事で書いている titleタグ、h1タグの値を指定する方法や、使用する JavaScriptや CSSをページごとに設定する方法、パンくずを指定する方法、metaタグの「keywords」「description」を指定する方法などにも活用することができます。
CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
 
 
これらは、レイアウトファイルに変数を指定しておき、そこに編集する値を各ページ用のテンプレートファイルで指定する、という仕組みです。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
CakePHP3でCookieを保存、呼び出し、削除の操作・CakePHP3.7対応
CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい
CakePHP3のdatetime型カラムの日時の扱い。秒まで正しく表示する方法
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」
CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」

CakePHPでQRコードを生成するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」の紹介。GDライブラリのインストールも必要ないHelperとして提供されているため、ファイルを設置すればすぐに使用可能。

Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説

CakePHP3で Google Analytics APIからレポートデータを取得する処理の解説。PHPのサンプルソースをCakePHP3で動くように改造。加えて、ディメンションやメトリックスを条件に設定する方法なども。

CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。

CakePHP3でajaxを利用する処理の実装方法を解説。プルダウンを変更するとデータベースの値を取得し検索結果の内容を変更するというような処理を想定。CakePHP3.6以降の CSRF対策対応済。

CakePHP3のCakeDC/Users、Authでログインなしでもアクセスを許可する設定
CakePHP3のCakeDC/Users、Authでログインなしでもアクセスを許可する設定

CakePHP3の Authコンポーネントや CakeDC/Usersプラグインなどを利用したユーザ管理・認証システムにおいて、ログインしていなくても見ることができるページの設定方法を解説。

CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説・3.6以降対応

CakePHP3のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。

CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法
CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法

CakePHP3でテーブルのアソシエーションしたデータの取得をコントローラー側でINNERかLEFTを指定する方法を解説。TableファイルにINNERで指定していてもController側で変更ができる。

CakePHP3のプラグイン「CakeDC/Users」を日本語化・翻訳ファイルもダウンロード可
CakePHP3のプラグイン「CakeDC/Users」を日本語化・翻訳ファイルもダウンロード可

CakePHP3のユーザ管理、ログイン認証プラグインである「CakeDC/Users」のメッセージを日本語にする手順の解説とともに、日本語の翻訳ファイルを提供。ファイルを設置すれば日本語になる!

CakePHPを学ぶ際にはオブジェクト指向を学ぼう

CakePHPはオブジェクト指向で書かれていますので、CakePHPを学ぶにはオブジェクト指向も学びましょう。

CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う

CakePHP3では処理を高速化する手法の一つとしてキャッシュを利用している。しかし、その情報は元の情報を更新しても反映されない場合がある。そんなときはキャッシュを削除する必要がある。

CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合

CakePHP3で開発環境と本番環境とで違う設定ファイルを読み込ませて環境ごとに定数を切り替える方法を解説。Apacheのhttpd.confに環境変数を設定し、それを読み込み判別する。