エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2

      2017/10/28

CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を作る

 
CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1」で CakePHP3でファイルをアップロードする処理を作成しました。
 
ただ、「CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1」で解説した処理では、アップロードはできても、レコードやファイルを更新する処理や、削除をする処理に対応していませんでしたので、実用に耐えうるようにするために、追加で必要な処理を作成しました。
 
今回は、その追加の処理の解説です。
 
 

CakePHP3で画像・ファイルのアップロードするサンプルソースコード

 

edit.ctpの更新

 
入力された情報を更新する入力画面「edit.ctp」を更新します。
 
更新する対象のファイルは、以下になります。
/src/Template/News/edit.ctp
 
追加するソースコードは下記になります。
 

 
追加すると下記ようなイメージになります。
きれいに並べるためには CSSなどの調整をしてください。

 
 
画像を登録した Newsの記事を更新しようとすると、すでに登録されている画像が表示されます。(登録した画像がない場合は表示されません。)
 
そして、画像を更新したい場合は、そのまま新たな画像ファイルを指定して、「submit」を実行します。
画像を削除するだけの場合は「Delete」ボタンをクリックすることで画像の削除だけが行われる、という処理を想定しています。
 
また、実際の更新処理も実行しますので、そのほかの項目を更新している場合は、更新があった項目の更新も実行します。
 
既存登録の画像については「file_before」という名称の hiddenの値として保持して処理を続けています。
 
既存登録画像を表示する際の画像のパスの指定の方法は、「CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得」に記事を書いていまして、Formヘルパーについては「CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ」に記事を書いていますので、そちらも参考にしてください。
 
 


 

NewsController.phpの editアクションの更新

 

NewsController.phpのサンプルソースコード

 
今回の機能拡張のメインの個所になる「NewsController.php」の editアクションの変更部分です。
 
更新する対象のファイルは、以下になります。
/src/Controller/NewsController.php
 
更新するソースコードは下記になります。
 

 
 

NewsController.phpの変更点の解説

 
変更点にはそれぞれコメントを入れていますので、個別に確認していただければわかりかとは思いますが、解説をしていきます。
 
9行目は、アップロードするファイルを保存するフォルダを指定します。
各フォルダのパスの指定の仕方は、「CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数」に記事を書いていますので、そちらを参考にしてください。
 
11行目は、「delete」ボタンがクリックされたか、否かの判定です。
あんまり見かけない処理のような気もしますが、submitボタンにも name、valueを指定することができ、クリックされたボタンがどのボタンなのかを判定することができます。
その処理を利用して、「delete」ボタンがクリックされた場合と、通常の「submit」ボタンがクリックされた場合とで処理を分けています。
 
13行目で、Fileクラスで削除処理対象のファイルを指定して、15行目で削除の実行を行います。
そして、削除実行が正常に処理できたか、否かによって振り分け処理を行っています。
 
Fileクラス、Folderクラスに関しては、下記のページを参考にしてください。
https://book.cakephp.org/3.0/ja/core-libraries/file-folder.html
 
26行目からの処理は、ファイルをアップロードする処理です。
29行目の「file_upload()」関数は、「CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1」で解説した、自作のファイルアップロード処理ですのでそちらの解説を参照してください。
「file_upload()」関数の中身は特に変わりません。
 
31行目は、新しいファイルが送信されてきた場合、既存登録のファイルがあった場合は、それを削除する必要がありますので、その削除処理を実行しています。
ただし、ここでは、削除処理を実行しても削除できなかった場合は、処理を中断させるのではなく、ログファイルにログを出力するだけで、処理を継続する仕様にしています。
処理を中断させる必要がある場合は改修をしてください。
 
52行目は、新しいファイルが送信されなかった場合で、既存登録のファイルがある場合は、既存登録のファイルを削除せずに保存しなおすための処理になります。
 
61行目からの処理は、ファイルを削除する「delete」ボタンがクリックされた場合は、更新の入力画面に戻るためのリダイレクト処理を設定しています。
 
 

NewsController.phpの addアクションは変更なし

 
今回の機能拡張では「NewsController.php」の addアクションは「CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1」で解説した変更箇所から変更する箇所はありません。
 
ですが、改めて addアクションも記載しておきます。
 

 
 

NewsController.phpの deleteアクションの更新

 
更新、登録に続いて、次はレコードの削除となる「NewsController.php」の deleteアクションの変更部分です。
 
更新するソースコードは下記になります。
 

 
ファイルが削除できない場合は、デバッグログに出力する処理だけにしています。
あまり発生しないと思っていることと、ファイルが消せなくてもレコードが消せれば良しとしよう、と判断しているためです。
厳密な処理を行うために処理を止めたい場合は、厳密なエラー処理を記述してください。
 

CakePHP3で画像・ファイルのアップロードする処理のまとめ

 
CakePHP3で画像やファイルのアップロードを行う処理を自作してみました。
 
CakePHP3が、Post送信されたファイルも扱いやすい形で処理してくれますので、その後のファイルのコントロールのスムーズに処理をすることができます。
 
サムネイルファイルを作成する機能などはありませんので、大きなファイルをアップロードすることを想定する場合などは、さらに追加の機能なども必要であろうと思いますが、ファイルのアップロードの処理について理解を深めるには、プラグインを使わずに一度自分で作ってみるのもいいんじゃないかと思います。
 
作成する上での関連記事は以下の通りとなります。
 
CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ
CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数
CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得
CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP4のCSS、JavaScript、画像のブラウザへのキャッシュをコントロールする
CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説
CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説

WYSIWYGエディタであるCKEditor4をCDNを利用して簡単にCakePHP3に導入する方法とカスタマイズする方法を解説。CakePHP3にはページごとの振り分けを行うブロック化を利用する。

CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。

CakePHP3でajaxを利用する処理の実装方法を解説。プルダウンを変更するとデータベースの値を取得し検索結果の内容を変更するというような処理を想定。CakePHP3.6以降の CSRF対策対応済。

CakePHP3のプラグイン「CakeDC/Users」を日本語化・翻訳ファイルもダウンロード可
CakePHP3のプラグイン「CakeDC/Users」を日本語化・翻訳ファイルもダウンロード可

CakePHP3のユーザ管理、ログイン認証プラグインである「CakeDC/Users」のメッセージを日本語にする手順の解説とともに、日本語の翻訳ファイルを提供。ファイルを設置すれば日本語になる!

Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説

CakePHP3で Google Analytics APIからレポートデータを取得する処理の解説。PHPのサンプルソースをCakePHP3で動くように改造。加えて、ディメンションやメトリックスを条件に設定する方法なども。

CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説

CakePHP3でJavaScriptやCSSを編集する基本形から、それらやテンプレート(エレメント)を特定のテンプレートを読み込んだときのみ編集、実行するための方法、ブロック化について解説。

CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法
CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法

CakePHP3でtitleタグ、h1タグのテキストをデフォルトから変更する方法を解説。テンプレートファイルに「$this->assign()」でテキストを指定して「/Layout/defult.ctp」で受け取る。

CakePHP4で定数の設定と呼び出し方法の解説(defineとConfigure)
CakePHP4で定数の設定と呼び出し方法の解説(defineとConfigure)

CakePHP4で定数を設定、使用する方法を解説。定数定義はdefineとConfigureを使用する方法を解説。また、bootstrap.phpに直接記述する方法と別のファイルにする方法を解説。

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。

CakePHP3でテーブルにカラムを追加したときに変更するポイントのまとめ
CakePHP3でテーブルにカラム(項目)を追加したときに変更するポイントのまとめ

CakePHP3でシステム開発をする際、途中でカラムを追加した場合に何を変更すればいいかを確認。カラムを追加する前後で Bakeした結果を比較し、変更になった点をリストアップした。

CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ログイン認証後にリダイレクトする先の設定方法についての解説と実運用するために必要なコツを解説。便利な仕組みも仕様の理解があって初めてうまく使いこなせる。