エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ

      2019/03/26

CakeDC/Usersでログアウトやリンク、reCAPTCHAを実装

 
CakePHP3のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説・3.6以降対応」の記事で、CakePHP3で CakeDC/Usersを使ってログイン認証機能を実装する手順を解説しました。
また「CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説」の記事では、ユーザ登録の流れをベースにテンプレートのカスタマイズの解説をしました。
 
今回の記事では、「CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説」の記事では解説しきれていなかった、UserHelperを活用したテンプレートのカスタマイズ方法を解説します。
 
 

CakeDC/Usersの UserHelperを使用

 
UserHelperを使うには、AppView.phpにヘルパーをロードする設定を行います。
 
設定を行う対象ファイルは以下になります。
 /src/view/AppView.php
 
AppView.phpに下記の 5~6行目のコードを追記します。

 
この記述は、CakeDC/Usersの関連ページで UsersHelperを使う場合にはなくても問題ありません。
ですが、CakeDC/Users以外のページで UsersHelperを使う場合には必要になります。
 
 

Logout link

 
ログアウトのリンクを編集する場合は、下記のコードを追加します。
ログアウトのリンクは、このリンクをクリックするとログアウト処理が実行されるリンクで、アプリケーションのどこにでも追加可能です。

 
CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ
 

RBAC link

 
リンク先のページにアクセス権があるかどうかをチェックして、権限があればリンクを設定するリンク設定です。

 
RBAC linkは、CakePHPの 3.2.1の以前、以降で推奨されている記述の方法が変更になっています。
CakePHP3.2.1 以降では、UserHelper::link() は推奨されていませんので、AuthLinkHelper::link() を使いましょう。
 
※下記の GitHubのドキュメントでは、まだ CakePHP3.2.1以降で推奨設定が変更になったことの記載がありません。
 https://github.com/CakeDC/users/blob/3.1.5/Docs/Documentation/UserHelper.md
 
 

Welcome and profile link

 
このリンクを書くと「Welcome, ユーザ名」のメッセージとともに、プロフィールページ(http://example.com/users/users/profile)へのリンクが設定されます。
 

 
 


 

CakeDC/Usersで reCAPTCHAを使う方法

 

CakeDC/Usersにあらかじめ設定されている reCAPTCHA

 
CakeDC/Usersでは、あらかじめ、ユーザ登録時とログイン時に reCAPTCHAが使えるように設定されています。
 
ユーザ新規登録画面
 http://example.com/users/users/register
 
ログイン画面
 http://example.com/login
 
CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ
 
 

reCAPTCHAの設定手順1・/config/users.phpを編集

 
reCAPTCHAを有効にするには、「/config/users.php」に下記の内容を追記します。
 

 
上記の reCAPTCHAの設定情報は、CakeDC/Usersの標準設定情報が保存されている「/vendor/cakedc/users/config/users.php」にもありますので、そちらを変更しても動作します。
 
ですが、通常は標準設定情報は変更せず、「/config/users.php」にファイルを作成し、こちらに変更した設定情報を追加していく方法を採ります。
「/config/users.php」ファイルがない場合は新規作成をし、すでにある場合は 6~17行目を追記してください。
 
また、「/config/users.php」を有効にするには「bootstrap.php」に追記が必要です。
 
編集するファイルは下記になります。
/config/bootstrap.php
 
下記の 1行目の記述を追加します。

 
詳しくは「CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説」を参照してください。
 
 

reCAPTCHAの設定手順2・users.phpの編集内容の解説

 
「key」「secret」の値は、サイトごとに固有の値を設定します。
Googleの reCAPTCHAの登録ページからサイトを登録して、そのサイト用の値を取得してください。
取得の方法は「Google reCAPTCHAのSite key、Secret keyの取得方法・20170408バージョン」に記載しましたので参照してください。
 
また、「registration」「login」は、それぞれ、ユーザ新規登録時の画面、ログイン画面での reCAPTCHAを使用するか、使用しないかを設定する項目です。
trueにすると使用する設定になり、falseは使用しません。
 
ちなみに、「key」「secret」を nullのまま「registration」「login」を trueにすると、「reCaptcha is not configured! Please configure Users.reCaptcha.key」というエラー画面になります。
CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ
 
間違った「key」「secret」を設定すると「サイト所有者のエラー:サイトキーが無効です」のエラー画面になります。
CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ
 
登録したドメインと違うドメインの場合は「localhost は、このサイトキーでサポートされているドメインのリストに含まれていません。」というエラーになります。
CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ
 
 

reCAPTCHAの設定手順3・google/recaptchaのインストール方法の解説

 
手順2までを終わらせると、reCAPTCHAの画像が表示されるようになります。
最後に reCAPTCHAを動作させるために必要なプラグインをインストールします。
 
SSHで接続し、CakePHP3をインストールしているルートフォルダに移動して、下記のコマンドを実行し「google/recaptcha」をインストールします。
 

 
 

CakeDC/Usersでの reCAPTCHAの基本形

 
ユーザの新規登録時や、ログイン時に reCAPTCHAを利用する場合は、Site key、Secret keyを指定するだけで利用できるようになっています。
 
ですが、それ以外のテンプレートで使用したい場合は、下記の 2つのコマンドを追加することで利用することもできます。
 

 
詳しい使い方は、新規登録画面、ログイン画面の処理を参考にするといいでしょう。
 
 

CakePHP3のCakeDC/Usersの関連記事

 
CakePHP3の CakeDC/Usersを使うために、基本となるインストールの方法から入力画面のテンプレートのカスタマイズや、リダイレクトの設定など、CakeDC/Usersに関する記事を下記に書いています。
あわせて参考にしてみてください。
 CakePHP3のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説・3.6以降対応
 CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説
 CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説
 Google reCAPTCHAのSite key、Secret keyの取得方法・20170408バージョン
 CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説

CakePHP3でパンくずの指定方法の解説。2つのヘルパーがあるが簡単なHTMLヘルパーを使った方法を、実際の状況に合わせて3つのパターン(エレメント化、ブロック化)にして解説。

CakePHP3でテーブルにカラムを追加したときに変更するポイントのまとめ
CakePHP3でテーブルにカラム(項目)を追加したときに変更するポイントのまとめ

CakePHP3でシステム開発をする際、途中でカラムを追加した場合に何を変更すればいいかを確認。カラムを追加する前後で Bakeした結果を比較し、変更になった点をリストアップした。

CakePHP3のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
CakePHP3のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)

CakePHP3の英語のメッセージを日本語化(多言語化)する手順を解説。オリジナルのメッセージを作成する方法やプログラムで文言を追加する場合の対応なども解説。

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説

CakePHP3でJavaScriptやCSSを編集する基本形から、それらやテンプレート(エレメント)を特定のテンプレートを読み込んだときのみ編集、実行するための方法、ブロック化について解説。

CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ログイン認証後にリダイレクトする先の設定方法についての解説と実運用するために必要なコツを解説。便利な仕組みも仕様の理解があって初めてうまく使いこなせる。

CakePHP3の画像、ファイルアップロードプラグインUpload Plugin 3.0の設置解説・その1
CakePHP3の画像、ファイルアップロードプラグインUpload Plugin 3.0の設置解説・その1

CakePHP3でファイル、画像をアップロードするプラグイン、upload plugin 3を導入する手順を解説した記事。3部作のその1で基本的な導入方法の解説で読みながら簡単に導入が可能。

CakePHP3のCakeDC/Usersでログインユーザの所有レコードのみ更新、削除する権限管理の設定方法
CakePHP3のCakeDC/Usersでログインユーザの所有レコードのみ更新、削除する権限管理の設定方法

CakePHP3のユーザ管理、ログイン認証プラグイン「CakeDC/Users」の権限管理を行う方法やアクセスできるコントローラー、アクションを設定、所有権を持つレコードのみ更新できる設定方法を解説。

CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説

CakePHP3で静的なページを設置する場合の方法(webrootとpagesとを活用する方法)を解説。pagesの解説はデフォルトのトップページがどう表示されているかを参考に解説。ルーティングの機能も。

CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得
CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得

URLやドメイン、フォルダへのパスの取得は、ビューではUrlHelperを使い、コントローラーではRouterクラスを使います。第2引数の指定でURLを取得することも可能。