エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得

      2017/10/28

DocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得

 

CakePHP3では UrlHelperで取得するように変わった

 
CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1」「CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2」でファイルのアップロード処理を作りましたが、その際、アップロードした画像を表示するための画像のパスの取得方法についても調べましたので解説します。
 
 <img src=”【ここ部分のパス】/upload.jpg”>
 
また、取得方法は、CakePHP2では HtmlHelperを使用していましたが、CakePHP3では UrlHelperを使用するように変更になっていますので、CakePHP2の時の記述方法では動かなくなっています。
 
 

UrlHelperを使ってサイトの URLを取得する方法

 
UrlHelperを使ってフォルダのパス、URLを取得する方法を解説します。
UrlHelperを使うこの方法は、ビューでのみ使用可能です。
 

 
基本形がこの形です。
第 1引数に「”/”」を指定すると、ドキュメントルート(webroot)フォルダのパスが取得できます。
 
第 2引数に「true」を指定すると、URLが取得できます。
 例:http://example.com/
 

 
上記のように引数を指定することで、ドキュメントルート内の「images」フォルダのパスが取得できます。
また、引数内にディレクトリセパレーター「/」も含めると、ディレクトリセパレーターが付いたパスが取得できます。
 
 

 
第 1引数を与えない場合は、表示しているパス、URLを取得することができます。
第 1引数の記述方法は「""」「null」のいずれでも OKです。
 
 


 

Routerクラスを使ってサイトの URLを取得する方法

 
Routerクラスを使ってサイトの URLを取得する方法の解説です。
Routerクラスは、ビュー以外のコントロールやモデルなどで使用できます。
 
 
Routerクラスを使用する際は、まず最初に use句で使用を宣言します。

 

 
パスの取得方法は、上記の通りです。
UrlHelperも「Router::url()」クラスで取得する方法も、最終的には同じメソッドが呼び出されますので、引数の仕様は同じで、第 2引数に「true」を指定すると URLを取得することができます。
 
 

リクエストオブジェクトを利用してパスを取得する方法

 
今回の記事の趣旨とはやや違いますが、リクエストオブジェクトを使ってパスを取得する方法もあります。
リクエストオブジェクトからパスを取得する方法は、ビュー、コントローラーを問わず取得することができます。
 
ただし、取得できるのはリクエストに応じたパスですので、リクエストの URLに関係ないパは取得できませんし、URLも取得できません。
 
 
リクエストの URLが「/subdir/articles/edit/1?page=1」だとすると、それぞれ下記の情報を取得することができます。
 

 
 
この方法を利用して、下記の記述で webroot内にある「images」フォルダへのパスを生成することもできます。
 

 
 
CakePHP3.4.0以降は下記の様に記述するようです。

 
 
リクエストオブジェクトを利用したパス情報の取得方法は、下記のオフィシャルサイトに詳細があります。
https://book.cakephp.org/3.0/ja/controllers/request-response.html#id6
 
 

CakePHP3でのURLやドメイン、フォルダへのパスの取得のまとめ

 
CakePHP3では、URLやドメイン、フォルダへのパスの取得方法が変更になり、UrlHelperを使う方法、Routerクラスを使う方法になりました。
 
画像を表示するためのパスを取得する場合など、ビューの中で使う場合が多いと思いますので、UrlHelperを使う機会の方が多いと思いますが、この方法で取得が可能になります。
 
 
今回の解説は、表示の際に使用するパスの取得ですが、対して、ファイルアップロードの処理やエクセルファイルのダウンロード処理などを構築する際には、フォルダの絶対パスが必要になります。
そのようなフォルダのパスを表す定数についての記事は下記に書いていますので、あわせて参考にしてください。
 
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
CakePHP3の更新画面でUpload Plugin 3.0を使う方法、viewで使う方法解説・その3
CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2
CakePHP3の画像、ファイルアップロードプラグインUpload Plugin 3.0の設置解説・その1
CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法
CakePHP3チュートリアルで日付と時刻のDateTimeでエラーが出たときの対処方法
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法
CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法

CakePHP3の標準設定のタイムゾーンは「UTC(協定世界時)」に設定されている。これを日本標準時に変更する方法(app.php、bootstrap.phpの変更方法)の解説。

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!

CakePHP2の検索Plugin CakeDC/Searchで重複を省くgroup by(distinct)の実装方法
CakePHP2の検索Plugin CakeDC/Searchで重複を省くgroup by(distinct)の実装方法

CakePHP2の検索プラグイン「CakeDC/Search」で、重複レコードを省くgroup by、distinctを使う方法についての解説。設定する場所はpaginatorの条件とするので、find()関数と同じ。

CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説
CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説

入力された値によってバリデーション(入力チェック)の内容を切り替える。その処理をCakePHPで実装する方法を解説。条件ごとに unset関数を使ってバリデーションを削除する、という方法を採る。

CakePHP3でPHPExcelを使ってエクセルファイルを生成、出力する方法

CakePHP3でPHPExcelを利用してエクセルを編集、出力するサンプルソース+解説。PHPExcelのインストール方法の解説からファイル保存とダウンロードの方法なども解説。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その5入力項目に複数項目入力した場合の AND検索、OR検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で複数項目を入力した場合の AND検索、OR検索についての解説です。

CakePHP 2.3 テーブルの項目を演算した結果を条件として抽出する方法

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で演算をする場合の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。分かってしまえば簡単です。

MySQL、CakePHP 2.3で「tinyint(1)」の Boolean型の動作を再確認

MySQL+CakePHPの環境で「tinyint(1)」を利用する際の動作を検証。「tinyint(1)」の Boolean型について CakePHPでは自動処理が実施されていることを確認しました。

CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法
CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法

CakePHPで「CakeDC/Users」などルーティングを行うプラグインを利用するときに、favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngがNotFoundエラーになることがある。その対処方法の解説。

CakePHP 2.3 連携先のテーブルの項目で条件抽出する場合

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で条件抽出する際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。