エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Windows環境の XAMPPを利用して CakePHPの開発する際の注意点

      2024/06/21

Windowsは大文字小文字を区別しないのでWebシステムの開発の際は注意が必要

 
Windowsは、昔からアルファベットの大文字と小文字を区別しません。
(実は、Windowsはすべて大文字として管理しています。)
 
そのため、Windows上に構築した XAMPPで Webシステムを開発する際は、大文字と小文字の違いをしっかり意識して構築しないと、いざ、Linuxベースの Webサーバに移動させたときにエラーが出て動かない、ということが発生します。
 
「Windows環境の XAMPPを利用して CakePHPの開発する際の注意点」と書きましたが、XAMPPが悪いのではなく、CakePHPが悪いわけでもなく、Windowsの大文字小文字問題と言えます。
 
 

XAMPP環境で CakePHP4を利用したシステム開発を行う際の注意点

 
Windowsベースに XAMPP環境を構築して、CakePHP4を利用したシステム開発をする際の、具体的に注意すべき点について事例を挙げて解説していきます。
 
 

CakePHP4「/templates/plugin」フォルダの「p」は小文字が正解

 
CakePHP4のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説」の記事で書いていますが、プラグインで利用するテンプレートファイルを「templates」に設置する際、「plugin」フォルダの「p」は小文字が正解です。
 
ココが大文字の「Plugin」となっている場合は、Linuxベースの Webサーバに乗せると、エラーが発生したり、動いているように見えてもプラグインの処理が実行されない不具合が発生します。(Windowsベースの XAMPP環境ではエラーなく動作します。)
 
 
ここで紛らわしいのは、CakePHP3の時の「Plugin」の「P」は大文字だからです。
 
さらに、CakePHP3の時のテンプレートファイルの置き場所は「/src/Template/」で、「Template」の「T」も大文字が正解なのです。
 
CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説」も確認してください。
 
 
ちなみに、CakePHP3の「Template」は単数形ですが、CakePHP4の「templates」は複数形、といった違いがあり、CakePHP3の記事を参照しながらプログラムを組むと、リリースの時に思わぬ不具合に遭遇することになるで注意が必要です。
 
 

Helperを「CommonHelper.php」として作った場合の「C」は大文字

 
例えば、テンプレートで使用する共通処理を「/src/View/Helper/CommonHelper.php」として作成したとします。
 
この場合、「CommonHelper.php」の中にある「sample」というアクションを呼び出す場合は下記のようなコードになります。
 
$this->Common->sample("名前",$name);
 
この際、「Common」の「C」は大文字にする必要があるのですが、「c」が小文字の場合は
Helper class commonHelper could not be found. in /home/...
というエラーメッセージが表示されます。
(Windowsベースの XAMPP環境ではエラーなく動作します。)
 
 
これは、「/src/Controller/Component/CommonComponent.php」にコンポーネントを作成した場合も同じで、
$this->Common->sample($name);
のようになり、「C」は大文字にする必要があります。
 
Helperやコンポーネントの呼び出しの Class名はそもそも大文字から始まりますので、これを間違えることは少ないとは思いますが、Windowsベースの XAMPP環境ではエラーなく動作するため、注意が必要です。
 
 

WindowsベースのXAMPP環境は大文字小文字の違いを注意して開発をするべし

 
Windowsベースの XAMPP環境は、ローカルでプログラムを構築する際はすごく気軽に利用できる環境です。
 
そのため、個人でシステムを開発する際は有効な環境になりえますが、ここで紹介したように、大文字小文字の区別は少し甘い処理のため、より厳密な Linuxベースの Webサーバに移動させたときに不具合が発生する可能性がある、ということを頭の片隅に入れて開発をする必要があると思いますね。
 
 

CakePHP4の関連記事

CakePHP4でロギングスコープやログレベルを使用してログを出し分ける方法を解説
CakePHP2、CakePHP3、CakePHP4、CakePHP5のバージョンを調べる 2つの方法
Windows上のXAMPP環境のCakePHPのコマンド実行時に環境変数を指定する方法
CakePHP4で複数の引数(パラメータ)を付与してコマンドを実行する方法
CakePHP4 のコマンドプログラムからコンポーネントを読み込む方法解説
CakePHP4 でコマンドプログラム(シェルプログラム)を作成する方法解説
Windows環境の XAMPPを利用して CakePHPの開発する際の注意点
CakePHP4の規約外のカラムをキーにアソシエーション(テーブル連結)する方法
CakePHPで Auto Incrementを外すと Duplicate entry '0' for keyのエラーが出るかも
CakePHPのFlashエラーは出るが入力項目ごとのメッセージが出ないエラーの原因
 
その他の「CakePHP4」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説
CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説

入力された値によってバリデーション(入力チェック)の内容を切り替える。その処理をCakePHPで実装する方法を解説。条件ごとに unset関数を使ってバリデーションを削除する、という方法を採る。

CakePHP3のプラグイン「CakeDC/Users」を日本語化・翻訳ファイルもダウンロード可
CakePHP3のプラグイン「CakeDC/Users」を日本語化・翻訳ファイルもダウンロード可

CakePHP3のユーザ管理、ログイン認証プラグインである「CakeDC/Users」のメッセージを日本語にする手順の解説とともに、日本語の翻訳ファイルを提供。ファイルを設置すれば日本語になる!

CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。

CakePHP3でajaxを利用する処理の実装方法を解説。プルダウンを変更するとデータベースの値を取得し検索結果の内容を変更するというような処理を想定。CakePHP3.6以降の CSRF対策対応済。

URL短縮サービス「TTTオンライン(https://ttt.onl)」公開
URL短縮サービス「TTTオンライン(https://ttt.onl)」公開

URL短縮サービス「TTTオンライン(https://ttt.onl)」を公開。メールやSNSでは使いにくい長いURLを短いURLに変換するサービス。QRコードも。Google URL Shortenerが2019年3月にサービス終了。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その1設置方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの設置方法と基本的な検索処理の解説です。

CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定

CakePHP3でOGPを設定する方法を解説。metaタグを編集するHTMLヘルパーを利用してOGPのタグを編集する。また、エレメントとして分割することでメンテナンス性も向上させる。

CakePHP4でロギングスコープやログレベルを使用してログを出し分ける方法を解説
CakePHP4でロギングスコープやログレベルを使用してログを出し分ける方法を解説

CakePHPのログ出力方法の解説。app.phpにログ設定をし、スコープやレベルを指定してログ出力を振り分ける方法、CakePHP4で配列出力にはvar_exportが必要なことなどを解説。

CakePHP 2.3で PDFを作成する方法を調査「mpdf」「TCPDF」「FPDF」

CakePHPで PDFを編集、出力するには「mpdf」「TCPDF」「FPDF」といったプラグインがあり、使い勝手を比較検討しました。TCPDFが一番良さそうでした。

CakePHP 2.3 主キー(ID)以外のキーで更新方法 updateAll

主キー(ID)以外のカラムをキーとして更新する方法、updateAllの使い方をサンプルを用いて解説します。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その3入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法を解説。