エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法

      2019/06/08

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する「$topic->errors()」と「$topic->hasErrors()」の 2つの方法

 
CakePHP3で、データベースに値を保存する前にバリデーションの結果を取得し、その結果によって処理を振り分けたい、そんな場合の方法について解説します。
 
 

解説のためのサンプルのテーブル

 
例えば、下記のような「トピックス」のテーブルがあったとします。
 

 
 
このテーブルに対して、「bin/cake bake all topics」で bakeして出来上がった「TopicsController.php」の add()アクションが以下になります。
 

 
この処理の中の 5行目の
$topic = $this->Topics->patchEntity($topic, $this->request->getData());
の部分で入力された値に対してバリデーションを行っています。
 
その次の
$this->Topics->save($topic)
の部分ではデータベースへの保存処理を行っています。
 
 
つまり、保存する前にバリデーションの結果を判定したい場合は「$topic = $this->Topics->patchEntity($topic, $this->request->getData());」の結果を取得している「$topic」の中身を見て判定します。
 
 
中身を取得する方法は、下記の 2つがあります。
 

  • $topic->errors();
  • $topic->hasErrors();

 


 

$topic->errors(); で取得する場合

 
$topic->errors();」では、エラーがある場合はエラーメッセージを取得することができます。
 
例えば、
エラーがある場合は、下記の様にエラーがある項目名とエラーメッセージが取得できます。
Array ( [title] => Array ( [title] => 20文字以下にしてください。 )
 
エラーがない場合は、下記の様に空の配列になります。
Array ( )
 
 

$topic->hasErrors(); で取得する場合

 
$topic->hasErrors();」では、エラーの有無だけを取得することができます。
 
例えば
エラーがある場合は、「1(true)」
エラーがない場合は、「null」
を取得することができます。
 
 

バリデーションの判定を行う方法

 
以上のことから、バリデーションの結果の有無だけをチェックして処理を行うのであれば、いずれの場合も同じような記述方法でチェックをすることができます。
 

 
 

テーブルに値を保存する前にバリデーションを行うサンプルプログラム

 
最初に掲示した add()アクションに追記したものが下記になります。
わざわざ書くほどのものでもないですが...
 

 
 
ほぼ同じ内容の記事ですが、自分で過去に書いた記事を見つけることができずにまた書いてしまっていました。
以前書いた記事は、下記にあります。
「newEntity()」でも「patchEntity()」でもバリデーションは行われている、という内容ですね。
CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説
 
 
また、今回の記事では、バリデーションを実行した結果を取得する方法でしたが、データベースに保存する際のエラーを「try + catch 構文」で取得する方法については下記に記事を書いていますので参考にしてください。
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
CakePHP3でCookieを保存、呼び出し、削除の操作・CakePHP3.7対応
CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい
CakePHP3のdatetime型カラムの日時の扱い。秒まで正しく表示する方法
CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法
CakePHP3のHtmlHelperのLink設定のまとめ。mailto、URL、Root/Homeのリンクなども
CakePHP3で「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」などのエラーが出たときの確認するポイント
CakePHP3のfriendsofcake/searchでツリーカテゴリーの子階層も含めて検索する方法
CakePHP3のfriendsofcake/searchでブックマークチュートリアルのタグ検索を実装
CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の様々な検索の仕方の実装方法
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHPを学ぶ際にはオブジェクト指向を学ぼう

CakePHPはオブジェクト指向で書かれていますので、CakePHPを学ぶにはオブジェクト指向も学びましょう。

CakePHP3チュートリアルで日付と時刻のDateTimeでエラーが出たときの対処方法
CakePHP3チュートリアルで日付と時刻のDateTimeでエラーが出たときの対処方法

CakePHP3のブックマークチュートリアルには記載ミスもあり、そのまま動かない個所もある。CakePHP3では namespaceを使うようになったので、classを呼び出すときに¥を追加する必要が!

CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法
CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法

CakePHPで「CakeDC/Users」などルーティングを行うプラグインを利用するときに、favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngがNotFoundエラーになることがある。その対処方法の解説。

CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得
CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得

URLやドメイン、フォルダへのパスの取得は、ビューではUrlHelperを使い、コントローラーではRouterクラスを使います。第2引数の指定でURLを取得することも可能。

CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の様々な検索の仕方の実装方法
CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の様々な検索の仕方の実装方法

CakePHP3で検索をするプラグイン「friendsofcake/search」の検索条件のカスタマイズ方法の解説。検索項目を増やしたり、以上、以下での検索や、チェックボックスによる検索の方法などを解説。

CakePHP 2.3でファイルのアップロード処理を作る

CakePHPでプラグインを使わないファイルアップロード処理を解説します。簡単です。DBにファイルを格納する方法も。

CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説
CakePHP3のメール送信の処理・テンプレート使用・添付ファイル送信も解説

CakePHP3からメールを送信する方法解説。基本的な記述方法を基にして、テンプレートを使う方法、ファイルを添付する方法へと拡張しながら解説。

CakePHP 2.3 コマンドラインからPHPのシェル実行の方法解説

CakePHP 2.3でコマンドラインから CakePHPで記述した処理を実行する方法を解説します。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その5入力項目に複数項目入力した場合の AND検索、OR検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で複数項目を入力した場合の AND検索、OR検索についての解説です。

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!