エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法

      2019/06/08

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する「$topic->errors()」と「$topic->hasErrors()」の 2つの方法

 
CakePHP3で、データベースに値を保存する前にバリデーションの結果を取得し、その結果によって処理を振り分けたい、そんな場合の方法について解説します。
 
 

解説のためのサンプルのテーブル

 
例えば、下記のような「トピックス」のテーブルがあったとします。
 

 
 
このテーブルに対して、「bin/cake bake all topics」で bakeして出来上がった「TopicsController.php」の add()アクションが以下になります。
 

 
この処理の中の 5行目の
$topic = $this->Topics->patchEntity($topic, $this->request->getData());
の部分で入力された値に対してバリデーションを行っています。
 
その次の
$this->Topics->save($topic)
の部分ではデータベースへの保存処理を行っています。
 
 
つまり、保存する前にバリデーションの結果を判定したい場合は「$topic = $this->Topics->patchEntity($topic, $this->request->getData());」の結果を取得している「$topic」の中身を見て判定します。
 
 
中身を取得する方法は、下記の 2つがあります。
 

  • $topic->errors();
  • $topic->hasErrors();

 


 

$topic->errors(); で取得する場合

 
$topic->errors();」では、エラーがある場合はエラーメッセージを取得することができます。
 
例えば、
エラーがある場合は、下記の様にエラーがある項目名とエラーメッセージが取得できます。
Array ( [title] => Array ( [title] => 20文字以下にしてください。 )
 
エラーがない場合は、下記の様に空の配列になります。
Array ( )
 
 

$topic->hasErrors(); で取得する場合

 
$topic->hasErrors();」では、エラーの有無だけを取得することができます。
 
例えば
エラーがある場合は、「1(true)」
エラーがない場合は、「null」
を取得することができます。
 
 

バリデーションの判定を行う方法

 
以上のことから、バリデーションの結果の有無だけをチェックして処理を行うのであれば、いずれの場合も同じような記述方法でチェックをすることができます。
 

 
 

テーブルに値を保存する前にバリデーションを行うサンプルプログラム

 
最初に掲示した add()アクションに追記したものが下記になります。
わざわざ書くほどのものでもないですが...
 

 
 
ほぼ同じ内容の記事ですが、自分で過去に書いた記事を見つけることができずにまた書いてしまっていました。
以前書いた記事は、下記にあります。
「newEntity()」でも「patchEntity()」でもバリデーションは行われている、という内容ですね。
CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説
 
 
また、今回の記事では、バリデーションを実行した結果を取得する方法でしたが、データベースに保存する際のエラーを「try + catch 構文」で取得する方法については下記に記事を書いていますので参考にしてください。
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3でkeywords、DescriptionをHTMLヘルパーを使って設定する
CakePHP3で環境変数を設定して本番環境と開発環境を分けて処理をする場合
CakePHP3でCookieを保存、呼び出し、削除の操作・CakePHP3.7対応
CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい
CakePHP3のdatetime型カラムの日時の扱い。秒まで正しく表示する方法
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3 コマンドラインからPHPのシェル実行の方法解説

CakePHP 2.3でコマンドラインから CakePHPで記述した処理を実行する方法を解説します。

CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い
CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い

CakePHP3のシェルスクリプトを作成し、コマンドラインから実行する方法を解説。複数単語をつなげる場合の対応方法がCakePHP2より制限が厳しくなったのでCakePHP3の命名規則の確認が必要だ。

CakePHP3のfriendsofcake/searchでブックマークチュートリアルのタグ検索を実装
CakePHP3のfriendsofcake/searchでブックマークチュートリアルのタグ検索を実装

CakePHP3のCookbookにあるブックマークチュートリアル。ここで紹介されているタグで検索する処理を検索プラグイン「friendsofcake/search」で実現する方法を解説しました。

CakePHP2の検索Plugin CakeDC/Searchで重複を省くgroup by(distinct)の実装方法
CakePHP2の検索Plugin CakeDC/Searchで重複を省くgroup by(distinct)の実装方法

CakePHP2の検索プラグイン「CakeDC/Search」で、重複レコードを省くgroup by、distinctを使う方法についての解説。設定する場所はpaginatorの条件とするので、find()関数と同じ。

CakePHP 2.3 テーブルの項目を演算した結果を条件として抽出する方法

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で演算をする場合の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。分かってしまえば簡単です。

CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」
CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」

CakePHPでQRコードを生成するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」の紹介。GDライブラリのインストールも必要ないHelperとして提供されているため、ファイルを設置すればすぐに使用可能。

CakePHP3でテーブルにカラムを追加したときに変更するポイントのまとめ
CakePHP3でテーブルにカラム(項目)を追加したときに変更するポイントのまとめ

CakePHP3でシステム開発をする際、途中でカラムを追加した場合に何を変更すればいいかを確認。カラムを追加する前後で Bakeした結果を比較し、変更になった点をリストアップした。

CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う
CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う

CakePHP3で生の SQL文を実行する方法を解説。クリエビルダーを使う場合は TableRegistryを利用するが、SQLを実行する場合は ConnectionManagerを使う。プリペアードステートメントの使用方法も解説。

CakePHP3で「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」などのエラーが出たときの確認するポイント
CakePHP3で「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」などのエラーが出たときの確認するポイント

CakePHP3の開発で発生する「SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation」「SQLSTATE[42S22]: Column not found」のエラーには特有の原因もあるため、その説明と対処方法の解説。

CakePHP 2.3 連携先のテーブルの項目で条件抽出する場合

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で条件抽出する際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。