エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP4で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法

      2023/12/28

CakePHP4で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法

 
CakePHP4で、現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得したい場合があるかと思います。
 
例えば、「CakePHP4で公開側と管理側のデザインテンプレートを分ける方法・setLayout()」で記事を書きましたが、ユーザ管理システムを構築する中で、特定のコントローラーの特定のアクションのページは、ユーザ認証をしていないユーザでもページを表示する、という設定をしたいときに、処理しているコントローラー名を取得する必要がでてきます。
 
そんな時の処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法を解説します。
 
ちなみに、CakePHP3用の記事は「CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法」に書いていますが、CakePHP4になり使えない記述方法もあるようですので、改めて、CakePHP4用の記事としてまとめました。
 
 

CakePHP4で現在のコントローラーを取得する方法

 
下記の記述方法で、現在のコントローラーの値を取得することができます。
 

 
 

CakePHP4で現在のアクションを取得する方法

 
下記の記述方法で、現在のアクションの値を取得することができます。
 

 
 

CakePHP4 では getParam()メソッドを使う

 
コントローラー名、アクション名を取得する方法は、CakePHP3ではなんでこんなにいっぱいあるの?というくらいいろいろありましたが、CakePHP4では「getParam()メソッド」を使うように改められています。
 
コントローラー名は「$this->name;」でも取得可能ですが、同じような記述でアクション名を取得する方法がないため、この記述方法を使う場面は少ないかと思います。
 
 
また、「getParam()」メソッドは、コントローラー名やアクション名の取得だけではなく、下記の様にしてプラグイン名やプレフィックスの値を取得することもできますので、覚えておくと役に立ちそうな気がします。
 

 
3番目のパラメーターの取得に関しては、
http://example.com/controller/action/aaa/bbb/ccc
のような URLの場合、
Array ( [0] => aaa [1] => bbb [2] => ccc )
として取得できます。
 
 
4番目の GETパラメーターの取得に関しては、
http://example.com/controller/action/aaa/bbb/ccc?xxx=000&yyy=111&zzz=222
のような URLの場合、
Array ( [xxx] => 000 [yyy] => 111 [zzz] => 222 )
として取得できます。
 
 

getAttribute(‘params’) でコントローラー名やアクション名などをまとめて取得

 
前項で「getParam()」を使用するとコントローラー名やアクション名などを取得できると説明しましたが、それらをまとめて取得する方法も用意されています。
 
それが「getAttribute(‘params’)」です。
 
下記の記述形式で使用します。

 
 
取得結果は以下のようになります。

 
「getAttribute(‘params’)」は、コントローラー名やアクション名をまとめて取得できますので、あらかじめまとめて取得しておき、使用するときに「$getAttributeArray["controller"]の形式でその都度取り出す、といった使い方をしたいときに便利でしょう。
 
 

参考サイトは CakePHP4の Cookbook

 
最後になりましたが、ここで解説をした内容は下記のオフィシャルの Cookbookを参考にしています。
 
リクエストとレスポンスオブジェクト
https://book.cakephp.org/4/ja/controllers/request-response.html
 
 

CakePHP4の関連記事

CakePHPのFlashエラーは出るが入力項目ごとのメッセージが出ないエラーの原因
CakePHP4のフラッシュメッセージの表示場所、デザインを変更する方法を解説
CakePHPで同一テーブル内の値を比較する条件でレコードを取得する方法
国際化と地域化の翻訳機能「__()」を使って定数に変数を埋め込む方法
CakePHP4で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
CakePHP4で公開側と管理側のデザインテンプレートを分ける方法・setLayout()
CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションエラーをmodelのにマージする方法
 
その他の「CakePHP4」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
CakePHP3のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)

CakePHP3の英語のメッセージを日本語化(多言語化)する手順を解説。オリジナルのメッセージを作成する方法やプログラムで文言を追加する場合の対応なども解説。

CakePHP3にデザインテンプレートBootstrapを導入する方法・friendsofcake/bootstrap-ui使用
CakePHP3にデザインテンプレートBootstrapを導入する方法・friendsofcake/bootstrap-ui使用

CakePHP3にプラグイン「friendsofcake/bootstrap-ui」、デザインテンプレート「Bootstrap」を設置する手順を解説。Bootstrapの簡単な使い方やデフォルトのデザインとの混在方法なども解説。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その4前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索の解説です。

CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説

CakePHP3にjQuery UIのDatePickerを実装する手順を説明。併せて、デイトピッカーを設置に関連するCakePHP3の解説と、テーマを変更したり、表記を変更するカスタマイズする方法なども紹介。

CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ

CakePHP3になりフォームヘルパーの使い方も大きく変わりましたので、使い方をまとめました。基本的な使い方からプラスアルファの便利な使い方まで紹介。

CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。Usersのカスタマイズとして入力項目のバリデーションの変更を、プラグインのファイルは触らずオーバーライドにより実装する方法を解説する。

CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説
CakePHP3ログファイルへの出力・$this->log()、独自ログへの出力方法の解説

コントロール、モデルの変数の中身を見るときはログに出力する方法が有効です。$this->log()を利用すると変数だけじゃなく、連想配列、オブジェクトも簡単にログ出力ができます。

CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ログイン認証後にリダイレクトする先の設定方法についての解説と実運用するために必要なコツを解説。便利な仕組みも仕様の理解があって初めてうまく使いこなせる。

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法

CakePHP3でデータベースに値を保存する前にバリデーションを行い、その結果によって処理を振り分ける方法について解説。「$topic->errors()」と「$topic->hasErrors()」の2つの方法がある。

CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」
CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」

CakePHPでQRコードを生成するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」の紹介。GDライブラリのインストールも必要ないHelperとして提供されているため、ファイルを設置すればすぐに使用可能。