エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でcomposerを利用してライブラリ・プラグインをインストールする方法

      2018/08/12

CakePHP3でcomposerを利用する方法

 

CakePHP3でcomposerコマンドを実行

 
ライブラリやプラグインをインストールする場合は、「composer require」コマンドを実行します。
 
CakePHP3では、各アプリごとに CakePHP3をインストールする際にも composerを使いますので、composerはインストールされているものとして話を進めます。
 
 

composerコマンド・ライブラリ名が分かっている場合

 
例えば、「CakePHP3でPHPExcelを使ってエクセルファイルを生成、出力する方法」で紹介していますが、PHPからエクセルファイルを出力するプラグインをインストールする際は、下記のような形になります。
 

 
コマンドを実行すると、自動的にプラグインのファイルを取得しに行き、インストールしてくれます。
環境によっては、インストールが始まるまで 1分程度なんのレスポンスもない場合もありますが、きちんとインストールの処理は実行されていますので、そのまま待ちましょう。
 

 

 
上記の画面は、ローカルの Windows状に構築した XAMPP環境で実行しています。
 
 

composerコマンド・ライブラリ名があやふやな場合

 
プラグインをインストールする際に、正確なライブラリ名、プラグイン名が分からない場合もあるかと思います。
そのような場合は、ライブラリ名、プラグイン名の一部を入力すると、関連するライブラリのリストを表示してくれますので、その中から選択してインストールする方法もあります。
 
まずは、「composer require」だけを入力します。
 
そうすると「Search for a package:」と表示されますので、ライブラリ名の一部を入力します。
 
その結果、入力したライブラリ名にマッチしたパッケージのリストを表示してくれますので、インストールしたいものの番号を入力すれば OKです。
 
下記の場合は、「php-simple-html-dom-parser」を指定し、「3」を指定しています。
その後は待つだけです。
 

 
 


 

CakePHP3でcomposerコマンドを実行すると作成・更新されるファイル

 
composerコマンドを実行すると、指定したパッケージをインストールしてくれるだけではなく、CakePHP3で利用するために必要なファイルの更新も行ってくれます。
 
具体的には、ルートフォルダにある「/composer.json」「/composer.lock」ファイルが更新されます。
 
「/composer.json」には、「require」の値として、インストールしたパッケージの情報が追加されます。

 
また、「/composer.lock」には、ファイルのパスやバージョン、権限などの設定情報が追加されます。追加される情報はかなり多いので、ここでは割愛します。
 
 
もちろん、インストールしたパッケージ(ライブラリ、プラグイン)も所定の場所である「/vendor」フォルダの中に設置されています。
 
 
composerコマンドでは、これらの処理をまとめて行います。
「/composer.lock」に追加される情報は、アナログ的な対応で設定することは限りなく面倒なので、CakePHP3では、ライブラリやプラグインのインストールは、composerコマンドを使うものだということを理解しておきましょう。
 
 

CakePHP3で composerを使わずにプラグインやライブラリをインストールして使用するする方法

 
ここで記事を書いていますが、CakePHP3でプラグインを利用する場合は、基本的には Composerを利用してインストールをします。
ですが、Composer用のインストーラーが用意されていないプラグインもあります。
そんな場合は、ファイルをダウンロードしてきて、Vendorにファイルを設置して、という手順を踏みますが、手動でプラグインをインストールする方法は下記に記事を書いていますので、こちらを参考にしてください。
CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い
CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!

CakePHP 2.3 Model、Controllerの見たい変数の中身をログ出力

CakePHPの Modelや Controllerの変数の中身をログとして出力して見る方法を提供します。

CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説

CakePHP3で静的なページを設置する場合の方法(webrootとpagesとを活用する方法)を解説。pagesの解説はデフォルトのトップページがどう表示されているかを参考に解説。ルーティングの機能も。

CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法
CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法

CakePHP3で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法を解説。複数の方法があるが、getParam()メソッドを使う方法が汎用性があって便利かも。

CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法
CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法

CakePHP3のキャッシュファイルのパーミッションエラー Error: SplFileInfo::openFile()が発生した場合の対応方法解説。app.phpにキャッシュファイルのパーミッション設定を行い、既存のファイルは削除。

Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説

CakePHP3で Google Analytics APIからレポートデータを取得する処理の解説。PHPのサンプルソースをCakePHP3で動くように改造。加えて、ディメンションやメトリックスを条件に設定する方法なども。

CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説
CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説

コントロール、モデルの変数の中身を見るときはログに出力する方法が有効です。$this->log()を利用すると変数だけじゃなく、連想配列、オブジェクトも簡単にログ出力ができます。

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法を詳細解説。CakePHP3のインストールはComposerを使うため設定もほぼ自動で完了。データベースの接続情報を記載すればアプリ開発のベースが整う。

CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法
CakePHPで favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngが could not be foundのエラーが出るときの対処方法

CakePHPで「CakeDC/Users」などルーティングを行うプラグインを利用するときに、favicon.icoやapple-touch-icon-144-precomposed.pngがNotFoundエラーになることがある。その対処方法の解説。

CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説
CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説

WYSIWYGエディタであるCKEditor4をCDNを利用して簡単にCakePHP3に導入する方法とカスタマイズする方法を解説。CakePHP3にはページごとの振り分けを行うブロック化を利用する。