エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でPHPExcelを使ってエクセルファイルを生成、出力する方法

      2017/03/27

CakePHP3でPHPExcelを使ってエクセルファイルを生成、出力

 

PHPExcelをインストール

 
composerコマンドを使って PHPExcelをインストールします。
 

 
composerコマンドの使い方については、「CakePHP3でcomposerを利用してライブラリ・プラグインをインストールする方法」を参照してください。
 
composerコマンドを実行すると、「phpoffice/phpexcel」のパッケージがインストールされるだけではなく、CakePHP3で利用するために必要なファイルの更新も行ってくれます。
 
具体的には、ルートフォルダにある「/composer.json」「/composer.lock」ファイルが更新されます。
 
「/composer.json」には、「require」の値として、インストールしたパッケージの情報が追加されます。

 
また、「/composer.lock」には、ファイルのパスやバージョン、権限などの設定情報が追加されます。追加される情報はかなり多いので、ここでは割愛します。
 
 


 

CakePHP3でPHPExcelでエクセルファイルを読み込み、値を編集し、保存する処理のサンプル

 

CakePHP3でPHPExcelのプラグインを利用するために use句を記述

 
まず初めに、PHPExcelを利用するコントローラーに下記の「use句」を追記します。

 
設定にもよりますが、「/vendor/cakephp-plugins.php」や「/config/bootstrap.php」にプラグインをロードする処理を記述する必要はありません。
 
 

CakePHP3でPHPExcelを利用しエクセルファイルを出力する処理サンプル

 
ゼロからエクセルファイルを生成し、罫線を引いたり、セルの色を変更したり、という方法もありますが、より簡単な方法として、ここではあらかじめ作成したテンプレートファイルに、値を編集していく、という方法を解説します。
 
そのサンプルプログラムが以下になります。
 

 
それぞれコメントを書いているので分かるかと思いますが、最初に、テンプレートとして取得するファイル名などを指定します。
 
テンプレートのファイルは「$driPath」に編集していますが、「realpath(TMP) . "/excel/";」としています。
 
realpath(TMP)」は、「/tmp」に当たります。
「/tmp」の中に「excel」というフォルダを作って、その中にテンプレートとなるエクセルファイルを設置します。
 
ファイルの保存先のフォルダのパスについては、下記の記事を参考にしてください。
CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数
CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得
 
 

2007形式(.xlsx形式)と 2003以前の形式(.xls形式)の切り替え

 
$reader = PHPExcel_IOFactory::createReader('Excel2007');」の「Excel2007」は、エクセルの 2007形式(.xlsx形式)で保存する指定です。
 
エクセルの 2003以前の形式(.xls形式)で保存する場合は、「Excel2007」の部分を「Excel5」に置き換えます。
 
 

ファイルを保存せずにダウンロードさせる方法

 
上記のサンプルは、所定のフォルダにエクセルファイルを保存する処理になっています。
ファイルを保存せずに、ダウンロードする場合は、「保存」の処理 3行を下記のものに差し替えます。
 

 
上記の処理の

でも動作します。
ただ、ブラウザによっては、自動的にブラウザで開こうとしてしまうことがありますので、「application/octet-stream」の方がお勧めです。
 
また、ダウンロード処理の場合は、最後の行の「exit();」が必要です。
この「exit();」がないと「読み取れなかった内容を修復または削除することにより、ファイルを開くことができました。」「ファイルレベルの検証と修復が完了しました。このブックの一部が修復されたか、破棄された可能性があります。」と表示されてしまいますので、忘れないようにしましょう。
 

 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3 主キー(ID)以外のキーで更新方法 updateAll

主キー(ID)以外のカラムをキーとして更新する方法、updateAllの使い方をサンプルを用いて解説します。

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。

CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2
CakePHP3で画像・ファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その2

ファイルのアップロード機能の自作サンプルコードとその解説のその2。アップロード機能に関連するファイルの更新や削除の処理や画像、フォルダのパスの指定方法などを含めて解説。

CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合

ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させるための考え方とサンプルソースを用いての説明を行っています。

CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ

CakePHP3になりフォームヘルパーの使い方も大きく変わりましたので、使い方をまとめました。基本的な使い方からプラスアルファの便利な使い方まで紹介。

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説
CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説

CakePHP3でバリデーションの実行を保存する時から入力情報を受け取るときに変更する処理の解説。CakePHP3ではnewEntity()の処理でバリデートするため1行追加で対応可能。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で動的に表示件数を変える方法です。

MySQL、CakePHP 2.3で「tinyint(1)」の Boolean型の動作を再確認

MySQL+CakePHPの環境で「tinyint(1)」を利用する際の動作を検証。「tinyint(1)」の Boolean型について CakePHPでは自動処理が実施されていることを確認しました。

CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法
CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法

CakePHP3の標準設定のタイムゾーンは「UTC(協定世界時)」に設定されている。これを日本標準時に変更する方法(app.php、bootstrap.phpの変更方法)の解説。