エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説

      2019/02/24

CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う

 

CakePHP3で静的ページの作成には 2つの方法がある

 
CakePHP3で静的なページを作成したい場合は 2つの方法があります。
 

  • /webroot フォルダを活用する
  • /src/Controller/PagesController.php を活用する

 
この記事では、上記の 2つの方法について解説します。
 
 

/webroot フォルダを活用する

 
まず、/webroot フォルダを活用する方法です。
 
/webroot フォルダを活用する方法はシンプルです。
 
/webroot フォルダは、ドキュメントルートの場所になっていて、ブラウザでアクセスできる領域になっています。
そのため、静的なファイルをこの場所に入れれば、ブラウザでアクセスすることができます。
 
通常は、画像ファイルや CSSファイル、JavaScriptファイルなどを設置する場所として活用されます。
 
同様に、静的な HTMLファイルを設置すればそのままブラウザでアクセスすることができます。
 
例えば、デフォルトでは下記のファイルが入っています。
/webroot/img/cake.power.gif
 
これにアクセスする場合の URLは下記のようになります。
http://example.com/img/cake.power.gif
 
ファイルを置くだけでアクセスできますので、非常に簡単です。
 


 

/src/Controller/PagesController.php を活用する

 
/webroot フォルダを活用する方法は、シンプルで分かりやすい方法です。
 
ですが、静的なページといえども HTMLファイルとして設置するのではなく、CakePHPの中に組み込みたい、と思う場合もあるでしょう。
 
例えば、CakePHPのテンプレート機能を活用して、ヘッダーやフッターなどを共通で使用するパーツ化している場合などは、まさに CakePHPに組み込みたいと思う場面でしょう。
 
そんなときは、/src/Controller/PagesController.php を活用します。
 
 
デフォルトの PagesController.php ファイルは「display」というアクションしか入っていないシンプルなファイルです。
 
ですが、このアクションでは、受け取った URLに基づいてテンプレートファイルを取得し画面を表示する、という機能を持っています。
 
これによって、静的なページは下記の URLのように表示する事ができるようになっています。
http://example.com/pages/******
 
 

デフォルトのトップページを参考にした解説

 
CakePHPをインストールして最初に表示されるデフォルトのトップページもこの pagesを利用して表示されています。
 
トップページですので
http://example.com/
という URLで表示されますが、pagesを使って
http://example.com/pages/home
という URLでアクセスしても同様のページを表示することができます。
 
また、このデフォルトのトップページのテンプレートファイルは「/src/Template/Pages/home.ctp」です。
 
 
同様に、「/src/Template/」フォルダの中に「****.ctp」というファイルを作成し、
http://example.com/pages/****
という URLでアクセスすると、設置した「****.ctp」ファイルの内容が表示されます。
 
 

ルーティング機能を使って URLとプログラム実体とを関連付ける

 
また、「http://example.com/」という URLでアクセスした際、「http://example.com/pages/home」のページを表示させるようにする設定は「ルーティング」設定と呼ばれるものです。
 
CakePHP3・Cookbook・ルーティング
https://book.cakephp.org/3.0/ja/development/routing.html
 
この記事では詳細な解説はしませんので、上記のオフィシャルサイトなどを確認してほしいのですが、ルーティングの設定は「/config/routes.php」ファイルで行います。
 
デフォルトの設定では下記の記述があると思いますが、これが、ドキュメントルート「/」にアクセスがあった場合は「http://example.com/pages/home」のページを表示する、という設定をしているものになります。
 

 
これによって、ドキュメントルートのページが表示される、ということになっています。
 
 

pagesに関する追加の解説

 
前項のデフォルトのトップページを参考に解説したように、pages機能を利用して、静的なページを表示することができるようになります。
 
ですが、pages機能を利用してアクセスする場合は
http://example.com/pages/****
という URLになってしまいます。
 
ですが、これを
http://example.com/****
という URLでアクセスしたい場合もあるかと思いますが、その時は、先に解説したように、ルーティング機能を使って、URLとそれで利用するプログラムとを関連付けて望んでいる URLを設定することができるようになります。
 
 
今回は「静的なページを作るためのページとして pagesを利用する」という趣旨で記事を書いています。
ですが、pagesの利用は静的ページ専用というわけではありません。
 
正確には、データベースに接続せず、Controllerや Modelでの処理が必要がないページを表示する場合に使うのが pages、という感じのものです。
 
そのため、完全に静的なページだけではなく、テンプレートファイル側に記載するだけで済むような簡単な処理であれば pages機能を用いたページを作成するといいでしょう。
 
 
最後になってしまいましたが、ルーティングの設定は、基本的にはファイルの記載を変更すればすぐに反映されますが、環境によってはキャッシュされる場合もあるようです。
ルーティングの設定をしたけども、思ったような動きにならない、というときはキャッシュをクリアしてみるといいのではないか、と思います。
下記の記事を参考にしてください。
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
CakePHP3、CakePHP4のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP4のCSS、JavaScript、画像のブラウザへのキャッシュをコントロールする
CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順

CakePHP3で「1対多」の連携を中間テーブルを利用した「多対多」の連携に変更するときの手順のまとめ。中間テーブルの設定やModelの変更などを間違いやすい箇所を指摘しながらの解説。

cakephp3 カスタムバリデーションを簡易的に実装する方法
cakephp3 カスタムバリデーションを簡易的に実装する方法

CakePHP3の独自のバリデーションをテーブルクラス内に簡単に記述する方法を解説。他のテーブルクラスでは使えないが、記述する量は少なく実装できるため、他で使わない処理を書くのには便利。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その6ORDER、sortソートの機能

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で order、ソートについての解説です。

CakePHP3ログファイルの出力方法・$this->log()の解説
CakePHP3ログファイルへの出力・$this->log()、独自ログへの出力方法の解説

コントロール、モデルの変数の中身を見るときはログに出力する方法が有効です。$this->log()を利用すると変数だけじゃなく、連想配列、オブジェクトも簡単にログ出力ができます。

CakePHP4のCSS、JavaScript、画像のブラウザへのキャッシュをコントロールする
CakePHP4のCSS、JavaScript、画像のブラウザへのキャッシュをコントロールする

CakePHP4、CakePHP3でブラウザにキャッシュさせる設定の解説。CSS、JavaScript、画像をブラウザにキャッシュさせるのか、定期的にリロードする設定にするのかの設定が可能。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その3入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法を解説。

CakePHP 2.3 デバッグキット(DebugKit)超初心者向けフォロー講座

CakePHP初心者に向けてデバッグキット(DebugKit)のインストール方法、はまりポイントを解説。

CakePHP3のfriendsofcake/searchでツリーカテゴリーの子階層も含めて検索する方法
CakePHP3のfriendsofcake/searchでツリーカテゴリーの子階層も含めて検索する方法

CakePHP3のツリービヘイビアを使ったツリーカテゴリーの子階層も含めての検索を検索プラグイン「friendsofcake/search」を使って実現する方法を解説しました。

Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説

CakePHP3で Google Analytics APIからレポートデータを取得する処理の解説。PHPのサンプルソースをCakePHP3で動くように改造。加えて、ディメンションやメトリックスを条件に設定する方法なども。

CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法

CakePHP3に付属しているデバッグのためのツール、デバッグキットを強制的に有効化、無効化する方法を解説。初期設定では開発環境としてありそうなドメインの場合のみ有効になるように設定されている。