エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法

      2019/07/28

Tableファイルで INNERが指定してあるアソシエーションのデータを LEFTでの取得を Controller側で指定する方法

 

想定している環境について

 
まず、想定しているテーブルは以下のものです。
 
ユーザ管理、ログイン認証のプラグインである「CakeDC/Users」を使う際に作成するテーブルが「Users」です。
また、ユーザ情報として、ユーザ名や住所、電話番号と言った情報を追加で登録、管理する想定ですが、プラグインで生成される「Users」テーブルには手を付けず、1対1でアソシエーションする「UserDetails」テーブルを作成する仕様を想定しています。
 

 
 
また、この記事の説明は、テーブルのアソシエーションに関連する説明になっています。
そのため、実際に「CakeDC/Users」を利用して動作検証をしようとする場合は、下記の「CakeDC/Users」に関連する記事を確認してください。
 
CakePHP3のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説・3.6以降対応
CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのバリデーションのカスタマイズ方法解説
 
特に、デフォルトだと、UsersTableファイルは「/vendor/cakedc/users/src/Model/Table/UsersTable.php」にあります。
ですが、コアファイルは触らずに、「/src/Model/Table/UsersTabble.php」にファイルを設置し、コアファイルの処理をオーバーライドさせています。
 
 

UsersTabble.phpにアソシエーションの設定をする

 
UserDetailsテーブルを Bakeすると、「/src/Model/Table/UserDetailsTabble.php」の「initialize」には下記のようになっていると思います。
 

 
これだけだと、UserDetails側からアソシエーションの設定を利用して Usersのデータを取得することはできますが、Users側からは UserDetailsのデータを取得することはできません。
 
そのため、Usersの tableファイル「/src/Model/Table/UsersTabble.php」に下記を追記します。

 
「joinType」に「INNER」を指定していますが、指定がない場合はデフォルトとして「LEFT」になります。
 
 
「LEFT」と「INNER」の違いは、Usersに連結させる UserDetailsのテーブルがないときの対応の違いです。
 
「LEFT」の場合は、UserDetailsの部分を NULLが入っているものとして取得します。
「INNER」の場合は、UserDetailsにレコードがある Usesのみ取得します。
 
 


 
 

Usersから contain句を利用してレコードを取得

 
上記のように Tableファイルの設定をしている場合、Usersテーブルから値を取得する場合は、コントローラーには下記のように記述します。
 

 
Tableファイルには INNERでアソシエーションしていますので、UserDetailsにレコードがない場合は、Usersのレコードも取得されません。
 
 
ユーザ情報を一覧表示するようなシステムの場合、必要となるのは、UserDetailsテーブルに情報が登録されているレコードですので、INNERでアソシエーションされている方がいいでしょう。
 
 
ですが、管理画面でユーザ情報を管理する場合は、UsersDetailsにレコードがない Usersのレコードも取得する必要があります。
 
そのため、管理画面では INNERでアソシエーションするのではなく、LEFTでアソシエーションした情報を取得する必要があります。
 
どうやって INNERと LEFTを切り替えればいいのでしょうか?
 
前振りが長くなりましたが、ここが今回の記事のポイントです。
 
 

Controllerで「leftJoinWith()」「innerJoinWith()」を指定する

 
結論は、下記のように「leftJoinWith()」句を使います。
 

 
上記の通り「leftJoinWith()」句を使うことで、UsersTableでは「INNER」が指定してあっても「LEFT」でデータを取得してくることができるようになります。
 
 
ここで紹介した方法と逆に、UsersTableの方で「LEFT」を指定し、レコードを取得する際に「innerJoinWith()」を使う、という方法もあります。
 

 
また、そもそも、UsersTableの方で「LEFT」を指定し、「where()」句で「user_id is not null」で「UserDetails」のレコードがないものを省く方法もあります。
 
 
「leftJoinWith()」「innerJoinWith()」や「is not null」でレコードを取得する場合は、いずれの場合においても、UsersTabble.php に hasOneなどのアソシエーションの設定がないとエラーになります。
 
 

Tableファイルではなく Controllerファイルでアソシエーションの設定を行う方法

 
基本的には Tableファイルでアソシエーションの設定を行うものですが、Tableファイルにアソシエーションの設定がなくても、Controllerファイルでテーブルの連携の設定を行うこともできます。
 

 
ここでの注意点は、テーブル名は Modelで管理しているテーブル名(UserDetails)ではなく、実テーブル名である「user_details」を使う点です。
 
 
詳細は、下記の Cookbookを参照してください。
 
CakePHP3 Cookbook クリエービルダー
https://book.cakephp.org/3.0/ja/orm/query-builder.html#join
 
 

CakePHP3では Tableでアソシエーションを指定するべきもの?

 
ちなみに、この記述方法は、CakePHP3では望ましい書き方ではないのではないか、という感じがします。
 
CakePHP2の頃までは「Recursive」「ContainableBehavior」を使ってアソシエーションのテーブルのデータをコントロールしていたようですが、CakePHP3では「Recursive」「ContainableBehavior」は削除されています。
https://book.cakephp.org/3.0/ja/appendices/orm-migration.html#recursive-containablebehavior
 
CakePHP3では、アソシエーションしたどのテーブルのデータを取得するかは、「contain」で指定するようになりました、というお話ですが、Tableファイルにアソシエーションを設定し、contain句を使って必要なデータを指定すれば、余計なデータを取得して処理が重くなるということも防げるのではないか、と思います。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2
CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2

CakePHP3でファイル、画像をアップロードするプラグイン、upload plugin 3を導入する手順を解説した記事。3部作のその2でバリデーションなどの実用的なカスタマイズ方法を解説。

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法を詳細解説。CakePHP3のインストールはComposerを使うため設定もほぼ自動で完了。データベースの接続情報を記載すればアプリ開発のベースが整う。

CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説

CakePHP3でパンくずの指定方法の解説。2つのヘルパーがあるが簡単なHTMLヘルパーを使った方法を、実際の状況に合わせて3つのパターン(エレメント化、ブロック化)にして解説。

CakePHP 2.3でファイルのアップロード処理を作る

CakePHPでプラグインを使わないファイルアップロード処理を解説します。簡単です。DBにファイルを格納する方法も。

CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ユーザ新規登録の流れを紹介しつつテンプレートファイルがどこにあるか、設定情報ファイルがどこにあるか、を説明しつつカスタマイズの方法を解説します。

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法

CakePHP3でデータベースに値を保存する前にバリデーションを行い、その結果によって処理を振り分ける方法について解説。「$topic->errors()」と「$topic->hasErrors()」の2つの方法がある。

CakePHP3でcomposerを利用してライブラリ・プラグインをインストールする方法

CakePHP3でcomposerを使ってパッケージ(ライブラリ、プラグイン)をインストールする方法の解説。PHPを使うのはCakePHP3が初めてというような方への使い方から解説。

cakephp3 カスタムバリデーションを簡易的に実装する方法
cakephp3 カスタムバリデーションを簡易的に実装する方法

CakePHP3の独自のバリデーションをテーブルクラス内に簡単に記述する方法を解説。他のテーブルクラスでは使えないが、記述する量は少なく実装できるため、他で使わない処理を書くのには便利。

CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法
CakePHP3で /Layout/defult.ctpにある titleタグ、h1タグを編集する方法

CakePHP3でtitleタグ、h1タグのテキストをデフォルトから変更する方法を解説。テンプレートファイルに「$this->assign()」でテキストを指定して「/Layout/defult.ctp」で受け取る。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その1設置方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの設置方法と基本的な検索処理の解説です。