エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

      2017/03/12

ビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換

 

オブジェクトを連想配列に変換する解説の前提

 
テーブルから取得したレコード情報(オブジェクト)を、コントローラーからビューに送ります。
その送ったオブジェクトを、ビュー内で連想配列として扱う方法について解説します。
 
 
CakePHP3で他のテーブルのマスタテーブルからセレクトボックス(プルダウンリスト)を作る」の記事で利用したユーザテーブルと権限マスタテーブルを利用しています。
というか、「CakePHP3で他のテーブルのマスタテーブルからセレクトボックス(プルダウンリスト)を作る」の記事のあれこれ試す中で確認した内容になります。
 
やりたいことは、「UsersController.php」で取得した「権限マスタテーブル」のオブジェクトを、コントローラーからビューに送信し、ビュー側で「権限マスタ」にある「権限名(master_roles.name)」を、Usersの一覧表の「権限名」のところに編集する方法です。
 
そのため、ビューで受けとたオブジェクトを連想配列に変換する方法を必要としました。
 
 

コントローラーからビューに送る処理

 
CakePHP3で他のテーブルのマスタテーブルからセレクトボックス(プルダウンリスト)を作る」のテーブル情報を見ながら確認してほしいのですが、下記の様に「UsersController.php」で権限マスタの情報を取得し、21行目の setで「$masterRoles」変数としてビューに渡しています。
 

 
 

ビューで受け取り foreach文で処理

 
ビュー側で受け取ったオブジェクトは、下記のようなに foreach文でグルグル回しながら値を取得していくことができます。
 

 
ここまでは特に問題がありません。
 
 


 

問題点:オブジェクトのままでは個別の値が取得できない!

 
ですが、受け取った情報は「権限マスタ」ですので、foreach文でグルグル回しながら使うことはほぼなく、下記のように「0」の位置を指定して値を取得したいわけです。
 

 
ですが、コントローラーからビューに送られる値は、オブジェクトのため、こういう形式で受け取ることができないのです。
 
なので、いろいろ試してみました。
 

 
上記の記述方法ではいずれも「Error: Cannot use object of type Cake\ORM\ResultSet as array」というエラーになるのです。
 
最後の「((array)$masterRoles)[0]->name;」という記述方法は、オブジェクトがネストしていなければ有効なようですが、テーブル情報として送られてくるオブジェクトはネストしていますので、うまく機能しません。
 
 

解決方法:オブジェクトを連想配列にするには toArray()を使う!

 
前置きが長くなりましたが、ようやく解決方法です。
 
ビューで受け取ったオブジェクトを連想配列に変換する方法です。
連想配列に変換できればいつものように連想配列の位置を指定して値を取得できるようになります。
 
下記の様にコントローラーから受け取ったオブジェクト「$masterRoles」を「toArray()」メソッドを使うことで連想配列に変換することができます。
 

 
連想配列に変換できれば、あとは普通の連想配列ですので、0番目のレコードを取得する場合は「$masterRolesArray[0]」と指定することで取得できるようになります。
 
ちなみに、「$masterRolesArray[0]」で取得した中身はまたオブジェクトなので、「name」を取得する場合は「$masterRolesArray[0]->name」となります。
 
 
オフィシャルサイトでは下記の「データのロードに Finder を使う」の中に書いてありました。
https://book.cakephp.org/3.0/ja/orm/retrieving-data-and-resultsets.html#finder
 
 

オブジェクトを連想配列に変換する方法のあとがき

 
この「toArray()」メソッドを知る前は、一度 foreach文でグルグル回して連想配列に置き換えるという処理をしていました。
 
 
今回は、Usersコントローラーから $masterRolesという他のテーブルの情報を読み込んだときの話ですが、マスタ情報を読み込んだときだけの話ではありません。
「http://example.com/Users」で見ることができる一覧ページでは、下記の様に「$users」を foreach文でグルグル回して一覧表を生成する処理があります。
 

 
この Usersのページでも、一覧表を作るというのではなく、「『$users』のオブジェクトから 2件目のレコードの『username』を取得する」という場合も同じように「toArray()」メソッドを使うと連想配列になりますので、下記のような形で値の取得ができるようになります。
 

 
 
まぁ、「toArray()」メソッドを記述するだけで連想配列になるとはいえ、オブジェクトの 2個目の値を使いたい、っていうような要望はよくあると思うので、わざわざ連想配列に変換しなくても利用できる方法があってもよさそうな気がするんですが...
他に方法はないんですかね?
 
ちなみに、下記のサイトを見る感じでは、PHP自体には「toArray()」メソッドはなさそうですね。
http://qiita.com/ymm1x/items/f197ddd327356b1e9088

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のcontroller内でテンプレート、レイアウトを変更する際の指定方法

CakePHP3でテンプレートファイルやレイアウトファイルをデフォルトのものから別のものに変更したい場合の指定方法を解説。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その6ORDER、sortソートの機能

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で order、ソートについての解説です。

CakePHP 2.3 デバッグキット(DebugKit)超初心者向けフォロー講座

CakePHP初心者に向けてデバッグキット(DebugKit)のインストール方法、はまりポイントを解説。

CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ

CakePHP3になりフォームヘルパーの使い方も大きく変わりましたので、使い方をまとめました。基本的な使い方からプラスアルファの便利な使い方まで紹介。

CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説
CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説

CakePHP3でバリデーションの実行を保存する時から入力情報を受け取るときに変更する処理の解説。CakePHP3ではnewEntity()の処理でバリデートするため1行追加で対応可能。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その3入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法を解説。

CakePHP3でPHPExcelを使ってエクセルファイルを生成、出力する方法

CakePHP3でPHPExcelを利用してエクセルを編集、出力するサンプルソース+解説。PHPExcelのインストール方法の解説からファイル保存とダウンロードの方法なども解説。

CakePHP 2.3で PDFを作成する方法を調査「mpdf」「TCPDF」「FPDF」

CakePHPで PDFを編集、出力するには「mpdf」「TCPDF」「FPDF」といったプラグインがあり、使い勝手を比較検討しました。TCPDFが一番良さそうでした。

CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応

CakePHP3のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。

CakePHPを学ぶ際にはオブジェクト指向を学ぼう

CakePHPはオブジェクト指向で書かれていますので、CakePHPを学ぶにはオブジェクト指向も学びましょう。