エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP4 のコマンドプログラムからコンポーネントを読み込む方法解説

      2024/06/21

CakePHP4 のコマンドプログラムからコンポーネントを読み込む

 
今回は「CakePHP4でコマンドプログラムを作成する」の全 4回のうちの 2回目で、「コマンドプログラムからコンポーネントを呼び出す方法」について解説します。
 

 
 

共通関数のコンポーネントについて

 
プログラムを作成する中で、他の「コントローラー(Controller)」でも使用する共通処理は、「コンポーネント(Component)」として別ファイルにまとめて管理をします。
(「モデル(Model)」の場合は「ビヘイビア(Behavior)」で、「ビュー(View)」の場合は「ヘルパー(Helper)」ですね。)
 
コマンドプログラムからは、「コントローラー(Controller)」用に作成されたものも含めて、「コンポーネント(Component)」の処理を呼び出して利用することができるようになっています。
 
 
今回の記事では、そのコンポーネントを呼び出して、コマンド内で利用する方法について解説します。
 
 

コマンドから共通関数のコンポーネントを読み込む処理

 
コンポーネントを読み込む処理を追記したコマンドプログラムが下記となります。
 

 
 

利用するコンポーネントを use句で指定

 
まず初めに、「use句」を記述する箇所に 11~12行目の 2行を追記します。
11行目は固定の文字列ですが、12行目は使用するコンポーネントの名称に書き換えてください。
上記では「CommonComponent.php」と言うコンポーネントを呼び出す想定の記述になっています。
 
 

コンポーネントをオブジェクトとして取得

 
続けて、コンポーネントをオブジェクトとして取得する「39行目」か「57行目」のいずれかを記述します。
 
コンポーネントだけを呼び出すのであれば 57行目の記述方法の方が簡単かと思います。
 
ただ、個人的には「initialize()」に、そのコマンド(コントローラー)内で使用するコンポーネントだけではなく、モデルの読み込みもまとめて記述する方法が好きですので、34~40行目の「initialize()」に記述する方法をオススメしたいですね。
 
 

 
 

コンポーネントを作成

 
コンポーネントは下記コマンドでコンポーネントのテンプレートファイルを生成することができます。
 

 
 
これに対して、先のコマンドから利用する「getSample()」関数を追記すると下記のようになります。
 

 
 

コマンドプログラムからコンポーネントを読み込む方法のまとめ

 
基本的に、コントローラーからとコマンドからと、コンポーネントを読み込む方法はあまり違いはありません。
ただ、少し記述の仕方が違うことと、use句で使用するコンポーネントを指定する点が違うなどしていますので、少し確認が必要かと思います。
 
 

CakePHP4の関連記事

CakePHP4でロギングスコープやログレベルを使用してログを出し分ける方法を解説
CakePHP2、CakePHP3、CakePHP4、CakePHP5のバージョンを調べる 2つの方法
Windows上のXAMPP環境のCakePHPのコマンド実行時に環境変数を指定する方法
CakePHP4で複数の引数(パラメータ)を付与してコマンドを実行する方法
CakePHP4 のコマンドプログラムからコンポーネントを読み込む方法解説
CakePHP4 でコマンドプログラム(シェルプログラム)を作成する方法解説
Windows環境の XAMPPを利用して CakePHPの開発する際の注意点
CakePHP4の規約外のカラムをキーにアソシエーション(テーブル連結)する方法
CakePHPで Auto Incrementを外すと Duplicate entry '0' for keyのエラーが出るかも
CakePHPのFlashエラーは出るが入力項目ごとのメッセージが出ないエラーの原因
 
その他の「CakePHP4」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法
CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法

CakePHP3のキャッシュファイルのパーミッションエラー Error: SplFileInfo::openFile()が発生した場合の対応方法解説。app.phpにキャッシュファイルのパーミッション設定を行い、既存のファイルは削除。

CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応
CakePHP3の検索プラグイン「friendsofcake/search」の設置方法・CakePHP3.6対応

CakePHP3で検索を担うプラグイン「friendsofcake/search」の紹介。基本的な設置方法の紹介のほか、処理の記述方法のバリエーション、エラーの解説など。CakeDC/searchより導入は簡単!

CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ユーザ新規登録の流れを紹介しつつテンプレートファイルがどこにあるか、設定情報ファイルがどこにあるか、を説明しつつカスタマイズの方法を解説します。

CakePHP3のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
CakePHP3のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)

CakePHP3の英語のメッセージを日本語化(多言語化)する手順を解説。オリジナルのメッセージを作成する方法やプログラムで文言を追加する場合の対応なども解説。

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。

CakePHP4のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ユーザ新規登録の流れを紹介しつつ、テンプレートファイル、設定情報ファイルの場所とそれらをカスタマイズする方法を説明します。

CakePHP 2.3で確認画面付きのお問い合わせフォームの作り方

CakePHPで確認画面付きのお問い合わせフォーム、メールフォームの作り方をサンプルを提示しながら解説。

VirtualBoxにCakePHP3を設置。必要なCentOS、Apache、PHP、MySQL、Composerをインストールし設定する。
VirtualBoxにCakePHP3を設置。必要なCentOS、Apache、PHP、MySQL、Composerをインストールし設定する

VirtualBoxにCentOS、Apache、MySQL、PHPをインストールするところから初めてCakePHP3の開発環境を構築する手順を詳細解説。この記事1つで全ての設定が完了する。

CakePHP4の定数定義ファイルを環境変数によって本番と開発を振り分ける方法解説
CakePHP4の定数定義ファイルを環境変数によって本番と開発を振り分ける方法解説

CakePHP4で開発環境と本番環境とで違う設定ファイルを読み込ませて環境ごとに定数を切り替える方法を解説。Apacheのhttpd.confに環境変数を設定しそれを読み込み判別する。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その7queryを使って 日付の範囲検索

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で queryを使って日付の範囲検索の方法です。